★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争56 > 899.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
なーんでわざわざ革マルだけ上げてるわけー
http://www.asyura2.com/0406/war56/msg/899.html
投稿者 スパルタコス 日時 2004 年 6 月 19 日 14:58:34:mom5b2vMCpk96
 

(回答先: 「オウムの次はZ」日本最大のテロ集団が「そこ」にいるのをあなたは知らない! 投稿者 なぜだろう?どうしてだろう? 日時 2004 年 6 月 18 日 22:28:15)

>「オウムの次はZ」日本最大のテロ集団が「そこ」にいるのをあなたは知らない!
私がこの本の構想を思い立ったのはここ1〜2年の間に、公安関係者のあいだで囁かれているある言葉を、何度となく耳にしたからだった。その言葉にはある種の確信がこもってさえいた。オウムの次に暴発する可能性を秘めた偏狭な思想集団があるとすれば、それは革マル以外ありえない、ということだ。
http://www.getsuyou.com/books/
>革命勢力各派には、共通して、自派の革命理論、戦術方針こそが唯一正しく(革命唯一党)、他派は革命を妨げ、混乱させる有害な勢力(反革命勢力)であるとする考えがあります。内ゲバは、このような考えに根ざす党派闘争が暴力抗争の形態をとったものと言えます。
革マル派においても、昭和30年代後半から他党派との間で内ゲバを繰り広げ、多数の死傷者を出しています。内ゲバ等を行うための非公然部門が組織されており、これまでにも、「特別行動隊(特行)」という名称が使用された経緯があります。同派による特異な内ゲバ事件として、中核派書記長・本多延嘉殺人事件(50年3月14日発生)、革労協書記長・笠原正義殺人事件(52年2月11日発生)が挙げられます。
>両事件は、ともに対立する中核派及び革労協の最高幹部をねらったものであり、両派に致命的な打撃を与えています。しかも、その犯行手口は、複数の者で襲撃し、相手の頭を斧や鉄パイプ等でめった打ちして確実に命をねらうという残忍極まりないものでした。
革命勢力各派では、外でこうした残忍な内ゲバ事件やゲリラ事件を引き起こす一方、内では鉄の規律と言われる程厳しい統制が行われています。 革マル派においても、中央方針(黒田方針)に反発したり、批判的な言動を行う活動家に対して、厳しい粛清が行われるという事件も発生しています。
http://www.npa.go.jp/keibi3/it3.htm

おかしいぞおかしいぞー。ここ数年でこの手の事件を犯しているのはほとんど解放派内部の内ゲバじゃーん。なーんでそれを言わない訳?だったら、なんで革マル以外にあり得ないんだよ。中核はどうなんよ。奴等も数年前に小西さんら数人に暴行する事件起こしてるじゃんか。赤軍はもう事件を起こす余裕はないだろうが??えこひいきだ。えこひいきだ。わーいわーいわっしょいわっしょい
まあ、目糞鼻糞の反論は受け付けないと言われれば仕方ないけど・・

 次へ  前へ

戦争56掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。