★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争58 > 122.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
エルサレムポスト:国際的ホロコースト否定論禁止法成立
http://www.asyura2.com/0406/war58/msg/122.html
投稿者 木村愛二 日時 2004 年 8 月 04 日 11:30:29:CjMHiEP28ibKM
 

エルサレムポスト:国際的ホロコースト否定論禁止法成立

このイスラエル紙の記事の存在は、私が直接訪問したことのあるアメリカの歴史見直し研究所からもたらされた。

1994年の末、この研究所の事務所は、シオニストに襲撃され、焼き討ちされていた。

私は、電話で、転居先の場所を確認して、やっと辿り着いた。大きな倉庫の内装を変えただけの秘密基地だった。確認できない者は、中に入れない仕掛けになっていた。

焼き討ちされた事務所を尋ねて、こりゃあ参った。電話番号は知っていたから、仕方なく、近所の食堂に入って、電話を借りたら、店の主が、「私は日本人です」。混血で、英語しかしゃべれないが、これで助かった。

アメリカでも、ホロコースト見直し、実際否定論者は、少数で、圧迫されている。

恐ろしいことになったぞよ。かつての大日本帝国が、天皇の神性を否定する者を罰した不敬罪を、世界中に適用する法律を作ったようなことである。

http://www.jpost.com/servlet/Satellite?pagename=JPost/JPArticle/ShowFull&cid=1090294696522&p=1006688055060
JPost.com News World News Global...
Jul. 20, 2004 23:43
Global Holocaust-deniers bill passed in Knesset
By NINA GILBERT

Legislation that would make Holocaust-denial committed overseas an offense under Israeli legal jurisdiction was approved unanimously in first reading by the Knesset on Tuesday.

The passage of the measure would enable Israel to demand the extradition of Holocaust-deniers for prosecution.

The bill was drafted by MK Aryeh Eldad (National Union) as a move against former Palestinian Authority prime minister Mahmoud Abbas (Abu Mazen) for his doctoral dissertation 20 years ago in which he estimated that the Nazis killed less than a million Jews.

It is likely to serve as a deterrence against Holocaust-deniers visiting Israel, although the possibility of countries consenting to extradition on the offense is unlikely.

The legislation expands the territorial jurisdiction of the Israeli law against Holocaust-denying outside of it borders.

 次へ  前へ

戦争58掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。