★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争59 > 1023.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ブッシュ大統領が、オハイオ州で、昨日、日本について語った演説の内容
http://www.asyura2.com/0406/war59/msg/1023.html
投稿者 転載バガボン 日時 2004 年 9 月 11 日 16:00:30:viYzkQtBs8gp6
 

Sasayama's Weblog http://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=78 より転載

日本のニュースでは、「米国産牛肉に市場を再び開放するよう、日本を説得する」と演説したとの報道がされているが、この演説の場において限りは、実際には、下記のとおり、『重要な問題について、小泉首相と話し合う。』とだけ演説している。
以下は、その概約です。

http://www.whitehouse.gov/news/releases/2004/09/20040907-6.html 参照

「私は、自由の変容力というものを信じている。
アメリカの力を賢明に利用することは、自由を前進させる。私は、国民に、次の事実を申し上げたい。
私は、日本の小泉首相と、良好な関係を得てきた。
彼はいいやつだ。エルビスプレスリーが好きな男だ。(笑い)
私たちは、協議しており、重要な事項について、話し合いを持っている。
興味深いことには、歴史の進展の中でのはるか以前に、日本は、われわれにとって、不倶戴天の敵であったということである。
私の父は、日本人と戦ってきた。
皆さん方のお父さんやおじいさんも、ご主人も、日本人と戦ってきた。
第二次世界大戦で、アメリカが日本に勝利して後、前の大統領であるハリートルーマンも、多くのアメリカ人も、『もし、日本が自由な社会になったなら、世界は、もっとよくなる。』と考えた。
そのときは、アメリカの中でも、そのことについて懐疑的なかたも多かった。
どうしてか、皆さん、わかるでしよう?
彼らは、敵だったからだ。
しかし、彼らは、そして、トルーマンは、「自由は、敵を変容することができる。」と、信じていた。
われわれアメリカ人が、日本が民主国家になるのを助けたがために、私は、今、かつての敵国の首相と、テーブルをともにしているのだ。
そして、かつての敵国と、平和について話し、朝鮮半島の和平について話し、イラクの平和維持について、そして、飢餓への援助問題や、疾病を救う問題について、話しているのだ。
アメリカと日本のトップが、よりよい世界を作り上げるための方策について話しながら、同盟国として、そして友人として、同じテーブルについているのだ。」

 次へ  前へ

戦争59掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。