★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争60 > 493.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「9-11 In Plane Site」日本語全訳
http://www.asyura2.com/0406/war60/msg/493.html
投稿者 外野 日時 2004 年 9 月 25 日 23:50:24:XZP4hFjFHTtWY
 


9-11 In Plane Site 日本語版公式サイト
http://www.wa3w.com/911/index.html

------------------------------------------------

「9-11 In Plane Site」日本語全訳
http://www.wa3w.com/911/text.html

ビデオの中で上げられている疑問点のひとつが解決しました。
(二つのタワーが崩壊する以前に下から煙が上っている”という疑問。タワーの一つが崩壊して起こった煙でした。)
疑問が解決するごとに報告していきます。すべての謎が解き明かされることを心から願っています。

Transcript for 911 In Plane Site

Please be advised that the information you are about to view is
overwhelmingly significant.ハ We offer no conclusions but simply present
the evidence and let you, the viewing audience, draw your own
conclusions.ハ It is vital that we also mention that the footage you are
about to view comes from many of the largest news agencies in the
United States who covered in the events which unfolded on September 11,
2001.
これからお見せする情報は大変重要なものです。私たちは結論を出しませんが、証拠だけをお見せして、あとは観た方の判断にゆだねます。これからご覧いただく映像は2001年9月11日に起こった出来事を報道した米国の大手テレビ局のものであることをお断りしておきます。

Efforts were made to contact these news agencies and obtain releases
for a footage to which we draw attention.ハ However, most of all
attempts were unsuccessful as we were informed that no licenses would
be granted.ハ Our initial reaction was to pause and rethink our position
on releasing this documentary.ハ But after careful thought we could not
let this information be kept from the American people and indeed from
the global community, as it affects both national security ended global
security respectively.
これらの映像の使用許可を得るため私たちはテレビ局と交渉しました。しかし、ほとんどの場合その使用許可を得ることができませんでした。それでこのドキュメンタリーの公開を一時躊躇しましたが、慎重に熟慮した結果、アメリカだけでなく世界の安全保障のためにも、この情報をアメリカ国民と世界中の人々に隠してはおけないと考えました。

Chapter 1
第1章
Itユs been said that all truth passes through three stages. The first stage being denial, the second stage being violent opposition, and the third stage being widespread acceptance as common knowledge. Well, as you view this documentary, keep in mind that people watching will probably fall into one of those three categories.ハ One group of people will absolutely deny that what they seeing could possibly be true.ハ The second group of people will be violently opposed to this kind of information being released, and they'll do everything that they can to discredit the messenger rather than pay attention to the message.ハ And yet, there'll probably be third group of people that will sit back in
their easy chair and say. メ I'm not surprised, I knew it all along.モ
すべての真実は3段階を経る、といわれます。最初は否定、次は激しい反対、3つめは常識としての広い認知。このドキュメンタリーを観る人々は、この3つの内のどれかにあてはまるでしょう。ある人はこんなことが起こるはずがないと言って全面否定するでしょう。2番目の人はこのような情報がもたらされることに激しく反発し、内容そのもにはなんの注意も向けずに、製作者の信用を落とすためになんでもするでしょう。しかし、それでも3番目には、ゆったりと椅子に座って、「驚きません、前からそう思っていました」という人もいるでしょう。

With this in mind, let's begin by playing a little word association.
I'll say about word and you think of the first word that comes to mind.

Conspiracyノノ メTheoryモ is what most people think of.ハ We've all been conditioned to associate the word メtheoryモ with the word conspiracy because after all, no conspiracies could possibly be true, they're all just theories aren't they?ハ Well, in the phrase メconspiracy theoryモユ there are two words. The first word, conspiracy, the second word it is the active word, メtheoryモ.ハ By definition a theory is a supposition, and the idea, a concept, a hypothesis.ハ

このことを念頭において、ちょっと言葉の連想ゲームをしましょう。私がある言葉を言い、皆さんがそれから連想する言葉を思い浮かべてください。「陰謀」・・・「説」とたいていの人が連想しますね。私たちはみな、「陰謀」という言葉から「説」という言葉を連想するよう慣らされています。それはつまり「陰謀」はみな本当であるはずがなく、すべて「説」に違いないと思いこんでいるからですね。「陰謀説」は2つの言葉でできています。最初に「陰謀」、二つ目が能動態語の「説」。「説」の定義は、推測、アイデア、概念、仮定です。

Let me give you an example: メIn theory if I purchased a raffle ticket I could win a prize.モ Now as long as I don't purchase a raffle tickets my win is theoretical.ハ But once you purchase a raffle ticket the win is no longer a theory, it
becomes a possibility.ハ And the more raffle tickets you purchase, the more possible and the eventually probable though win becomes.

例をあげましょう。「もし宝くじを買った ら、賞金が当たるかもしれない」。宝くじを買わないかぎり、賞金を当てることは仮説です。しかし、いちど宝くじを買えば当たることは仮説ではなくなり、 可能性になります。そしてもっと宝くじを買えば、それだけ可能性が大きくなり、ついには当たることが確実になってきます。

Such is the case with a conspiracy theory.ハ As long as there is no evidence, it is a conspiracy theory.ハ But once you have a piece of evidence, no matter how flimsy a tent circumstantial it may be, it becomes a possibility.ハ And the more evidence that is gathered, the more possible and eventually probable the conspiracy is.

陰謀説とはそういうものです。証拠がなにもなければ、それは陰謀説。しかし一つでも証拠があれば、それがいかにちっぽけで状況的なものであっても、それは可能性になります。そして証拠がさらに集まればより可能性は大きくなり、ついには陰謀の確立が高まります。

You'll be looking at evidence in this documentary and it will be up to you to decide if this is a conspiracy theory, or indeed, a conspiracy.

このドキュメンタリーの証拠を観て、これが陰謀説なのか、あるいは本当の陰謀なの
か、ご自分で判断してください。

George Bush: メLet us never tolerate outrageous conspiracy theories concerning the attacks of September 11.ハ Malicious lies that attempt to shift the blame away from the terrorists themselves, away from the guilty.モ
ジョージ・ブッシュ
「9・11攻撃のとんでもない陰謀説を決して許してはいけない。
テロリストたち、その罪人たちから非難の目を逸らそうと言う悪質なうそだ」

On September 11, 2001, four events occurred within an hour and it 15 minutes of one another.ハ The first event occurred at 8:45 eastern standard time when American Airlines flight 11 hit the north tower of World Trade Center.ハ And then 18 minutes later at 9:03 eastern time, United Airlines flight 175 slammed into the south tower of the World Trade Center.ハ And then at 943, it was reported that American Airlines
flight 77 had hit the Pentagon.ハ And then, finally at 10 o'clock Eastern Time, United Airlines flight 93 crashed in Shanksville Pennsylvania.

2001年9月11日、1時間15分の間に4つの事件が次々と起こりました。最初は東部標準時間8時45分、アメリカン航空11便が世界貿易センターのノースタワーに衝突。それから18分後の東部時間9時3分、ユナイテッド航空175便が世界貿易センターのサウスタワーに激突。さらに9時43分、アメリカン航空77便がペンタゴンに衝突したとの報道があり、そして最後に、東部時間10時、ユナイテッド航空93便がペンシルバニア州シャンクスビルに墜落しました。

Now unless this is one incredible coincidence, is it not safe to assume that all four of these events are inescapably married to one another? And it is it not also safe to assume that if you find one person involved or party involved with one of these events, they are probably involved with all of them?ハ Well, following this train of thought,
since there was no credible claim of responsibility, is it not safe to assume that those involved or those parties involved or agencies or groups that were involved in the events of 911 would do anything that they can to obfuscate, distract, distort, or cover up any information that might lead to their discovery?ハ

さて、これが信じられないような偶然でないかぎり、これら4つの事件はすべて関連しあっていると考えて間違いはないでしょう。さらに、これらの事件にひとつでも関わっている人間あるいはグループを発見したら、彼らはこのすべての事件に関係していると言っても間違いはないと思います。このように考えると、信用できる犯行声明もないので、911に関係している者たち・グループ・組織は、彼らの存在を明らかにするような情報をできる限り混乱させもみ消そうとするだろうことは間違いないと思います。

And if that's true, is it not also safe to assume that if you find somebody, a group, an agency, a party that is involved in the obfuscation, distraction, distortion, or cover up of any information involved in any of the events of 911, does it not indicate possible involvement and even guilty in the events of 911?
Keep this in mind as we look at the video evidence of September 11.

もしそうならば、911事件に関連するどのような情報を撹乱させ、もみ消そうとする人間・グループ・組織を発見したら、それは911事件との関わりとさらには犯人である可能性を示すと言っていいでしょう。このことを念頭において、911の証拠ビデオを観てください。

Chapter 2
第2章
Witness: メI mean it was like a cruise missile with wings that went right there and slammed into the Pentagonノ. a huge explosion, a ball of fire, smoke started billowing out.モ

(目撃者)「翼のついた巡航ミサイルのようだったよ。ちょうどあっちに飛んでいってペンタゴンに激突したんだ。大きな爆発があって火の玉になり、煙が流れて行った」

Shortly after September 11, as what usually happened is many conspiracy theories began to emerge as to what really happened on September 11 of 2001.ハ And it because many of these theories were not grounded with any evidence, we didn't really pay too much attention to them.ハ However, in February of 2002, my attention was drawn to the following web site and titled メHunt the Boeing, cast your perceptions.モ

9月11日からまもなく、よくあるように、911に実際なにが起きたのかについて多くの陰謀説が現れはじめました。これらの陰謀説の多くはなんの事実証拠にも根ざしていないので、私たちは本気にすることはありませんでした。しかし2002年2月、私はあるホームページに引き付けられました。それは「ボーイングを捜せ、しっかり見ろ」というタイトルでした。

Now the original web site was completely in French, and was released by the French, and drew some very serious questions as to what had really happened at the Pentagon.ハ I mean after all, we had all seen the being hole that was created by the 757 that had slammed into the Pentagon at 9:43 on September 11.ハ But, some of the photographs that were shown on this website raised very serious questions as to whether or not that's exactly what had happened.ハ Some of these photographs showed a
smaller hole and in some cases showed that there was no way that a 757 could have created this damage.ハ So, we began our own investigation and that started by taking a look at some of the magazines that we all saw at the supermarket checkout stands shortly after the events of September 11.

オリジナルのサイトはフランス人が発表したもので、すべてフランス語で書かれていましたが、ペンタゴンで実際なにがあったのか重要な問題提起をしていました。私たちはみな、9月11日の9時43分にペンタゴンに激突した757機が開けたという大きな穴をすでに見ました。しかし、このサイトにある写真は、それが本当に起きたことなのか、という深刻な疑問を投げかけていました。そこにはもっと小さな穴の写真があり、757機だったならこんな被害で済んでいたはずがないと思わせる画像もありました。それで私たちは自分たちで調査を始めることにし、まず9月11日からまもなくしてスーパーのレジに並んだ雑誌をチェックしました。

As I began pouring through the photographs I had one goal in mind and that was to prove the French wrong with their web site hunt the Boeing. ハハ After all, there must have been some photographic evidence that showed that a 757 had hit the Pentagon.ハ But as we went through all these photographs we could find no pictures whatsoever showing a tail, a nose, a fuselage, wings, engine, wheels, luggage, seats, nothing. There were no photographs showing any recognizable wreckage from a

数ある雑誌の写真を眺め始めたとき、私にはある目的がありました。それは「ボーイングを捜せ」のサイトを作ったフランス人が間違っていることを証明することでした。つまり、757機がペンタゴンに衝突したことを示す写真がいくつかあるに違いないと思ったのです。ところが、すべての写真を調べても、尾翼部や機首、胴体、主翼,エンジン、車輪、荷物、座席などが写っている写真が1枚もないのです。757機の残骸と思われるものの写真はまったくありません。

Furthermore, when you look at the size of the hole at the Pentagon, it was approximately 65 feet across, and the height of the Pentagon is approximately 73 feet.
From wingtip to wingtip a 757 is 124 feet 10 inches.ハ From nose to tail, a 757 is 155 feet and 3 inches in length, and the height is 44 feet and 6 inches.ハ However, when you look at the hole at the Pentagon, you'll find that it's only approximately 65 feet across.ハ How does all plane of those dimensions fit into a whole only 65 feet across?

さらに、ペンタゴンに開いた穴のサイズを見ると、横幅が約65フィート(19.5メートル)でペンタゴンの高さは約73フィート(22メートル)です。757機の両翼の端から端の幅は124フィート10インチ(37.5メートル)。機首から尾翼の全長は155フィート3インチ(46.6メートル)で高さは44フィート6インチ(13.3メートル)です。しかし、ペンタゴンの穴を見ると、その幅は約65フィート(19.5メートル)しかありません。これだけの大きさのものが、どうしてたった幅65フィートの痕跡しか残さないのでしょうか。

ハUpon further inspection we found that the damage at the Pentagon was completely and totally inconsistent with the damage of the planes that had hit the world trade Center.ハ I mean after all, the planes that hit the trade Center created a fire so intense that it fatigued the steel and collapsed the buildings, or so that's what we were told.ハ And yet, when you look at the left side of the Pentagon, you'll know that there is very little, if any, smoke damage or heat damage at all.ハ On the third floor itユs very plain to see a file cabinet with a computer monitor.ハ Neither of them are damaged.ハ On the second floor you can see a wooden desk.ハ It hasn't burned. And on the first floor, a very
curious sight indeed! A wooden stool with a book that is laying and open!ハ The pages aren't even singed.

さらに詳しく調 べると、ペンタゴンの被害は世界貿易センターに衝突した機体による被害とはまったく違うことに気づきました。つまり、貿易センターに衝突した飛行機が引き起こした火があまりにもすごかったので、鉄骨が溶解しビルを崩壊させた、と私たちは聞かされていました。ところがペンタゴンの左側を見ると、そこには煙や熱による被害などほとんど見られません。3階を見ると、コンピュータが載っているファイルキャビネット(引き出し)がはっきり見えます。どちらも損傷していません。2階には木製の机があります。それも燃えていません。1階には奇妙な光景が写っています。木製のスツールに本がのっていて、それが開いているのですが、ページが焦げてもいないのです。

Now each of the planes involved in the September 11 attacks had embarked upon transatlantic flights, which means that they had a majority of their fuel left over when they hit their respective targets.ハ That means that approximately 8600 remaining gallons of fuel would have been ignited when the 757 that had hit the Pentagon.ハ Again,
we look at the photographic and ask ourselves is the smoke and heat damage consistent with that amount of fuel being ignited?

さて、9・11攻撃に使われた飛行機はそれぞれ大西洋横断フライトとして飛び立っていました。それは目標に衝突したときに燃料がほとんど残っていたことを意味します。つまり、757機がペンタゴンに突っ込んだとき、残りの約8、600ガロン(3万2700リッター)の燃料が発火したことになります。そこでもう一度写真を観てみましょう。それほどの燃料が燃焼したら煙と熱による被害はこんなものでしょうか?

ハMs. Therese Angger a certified environmental specialist and a member of the Environmental Assessors Association, sent us the following letter after a brief conversation we had on the telephone. She had said to us that the amount of fuel that would had been left in the aircraft that had hit the Pentagon would basically have reduced that section of the Pentagon to rubble and will have burned for days, and that 8600 gallons of fuel had a BTU rate of 86 million.ハ She also stated that looking at the total weight of this aircraft in conjunction with its velocity, the Pentagon should have been reduced to the thickness of a pancake.

公認環境スペシャリストで環境評価協会会員のテレサ・アニエールさんは、電話での短いやりとりの後、次のような手紙を下さいました。彼女によれば、ペンタゴンに衝突した飛行機に残っていた燃料をもってすれば、ペンタゴンの1画を根本的に粉々に破壊し、その火は数日間燃え続けるだろう、そしてその8、600ガロンの燃料は8600万BTU(発熱量の単位)に相当する、というのです。また、これだけの重さの機体と飛行機の速度を合わせて考えると、ペンタゴンはパンケーキのようにぺちゃんこになっていただろう、とも言いました。

Also, the fuel spill of 8600 gallons would have posed a very large soil removal and disposal project, since the contaminated soil would be considered モhazardous wasteモ under title for 40 of the code of federal regulations.ハ Also, looking at the total heat value output of the JP eight jet fuel at 86 million BTUs, the temperature of the fire at the Pentagon after ignition would have been in excess of 3000。F.ハ You could expect this size of an involvement to last for days, and would be visible for miles.

また、8600ガロンもの燃料流出は非常に広範囲の土壌除去と清掃作業を必要としたはずです。それは連邦規制法規約40によってこのような汚染土壌は「有害廃棄物」とみなされるからです。また、8つのジェット推進用燃料タンクからの8600万BTUの排出総熱量を考えると、ペンタゴンでの燃焼温度は華氏3000度(摂氏1600度)以上になったと思われます。このような規模では火は少なくても数日燃え続け、何マイルも離れたところからも見えたはずだ、と彼女は書いています。

Another interesting question that is raised, is in the photographs of the collapsed area at the Pentagon, if you'll note the upper floors and roof area, it appears that that area has simply collapsed and it does not show any impact damage from the tail section that was over 43 feet in height.ハ How could a 757 slam into the Pentagon and not have an
impact area where that tail section would had hit the upper floors?

崩壊したペンタゴンの写真を見て出てくるもうひとつの疑問ですが、上層階と屋上のあたりが単純に崩壊しただけのように見え、高さが43フィートもある尾翼の衝突による損傷はなにも見られないことです。757機がペンタゴンに激突したなら、尾翼がぶつかっていたはずの上層階に何の痕跡もないのは、どうしてでしょうか?

Shortly after these questions were raised it and the topic was open for discussion on our radio show, The Power Hour, these five frames were released from a security camera at the Pentagon.ハ The only problem is that the release of these five photographs seems to raise more questions than they answered.ハ

このような疑問が持ち上がり、この話題が私たちのラジオ番組「ザ・パワー・アワー」で公に討論されてからまもなく、ペンタゴンの監視カメラからのこれらの5つの写真が発表されました。ただ困ったことに、これらの5つの写真は問題を解明するどころか、さらに疑問を深めてしまったのです。

First of all, why was the date incorrect in the lower left corner of the screen?ハ Second of all, it really didn't show that there was a 757 that had hit the Pentagon. And thirdly, many people ask メIs this the only security camera that was on at the Pentagon?モ

The Pentagon!ハ This is the nerve center for theUnited States military, supposedly the most secure building in the country!ハ And this is the only video footage that was available of the most heinous attack ever recorded at the Pentagon?ハ Where were all the other security cameras aimed?ハ What about the security cameras that were on in the hallways of the Pentagon?ハ Every inch of the Pentagon is under video surveillance!ハ Where are those video cameras?

第一に、画面の左下にある日付けが間違っているのはどうしてでしょう?第二に、ペンタゴンに衝突したはずの757機がどこにも写っていないのです。そして最後に、多くのひとが疑問に思ったのは、「これがペンタゴンにあった唯一の監視カメラなの?」ということ。そうペンタゴンです。こここそアメリカ合衆国の軍事中枢センターであり国内でもっとも安全管理されているはずの建物です。そのペンタゴンにかつてない恐ろしい攻撃があったのにそのビデオ映像がこれだけ?ほかの監視カメラはみなどこを写していたのでしょうか。ペンタゴンの廊下に配備されていた監視カメラは?ペンタゴンはネズミの入る隙間もなくビデオ監視されているはずです。それはどこにあるのでしょう?

We also had a report about a gas station whose video camera was pointed in the exact direction where the 757 would have hit the Pentagon. Shortly after the event, it was reported that federal officials showed up at that gas station and confiscated that footage.

あるガソリンスタンドのビデオカメラが、ちょうど757機がペンタゴンに衝突したといわれるあたりを向いていたという報道がありました。しかし事件後まもなくこのガソリンスタンドに連邦政府の役人がきて、そのビデオテープを没収したと報告されています。

In addition to all the magazines that hit the newsstands and supermarket checkouts, there was a flurry of book releases that hit the local bookstores and in some cases, the book section of your local grocery store.ハ One book is メAmerica Attackedモ which was released by University Press of California, and was edited by Sarah Jess, Gabriel Beck and R. Joseph.ハ In reference to the attack at the Pentagon, on page 194 it states メThe jet had plowed a crater 100 feet wide that ripped away the walls of all five stories of the building, collapsing the outer most rings which encircle Pentagon.

新聞の売店やスーパーのレジに並んだ雑誌類に加えて、いっせいに本が出版され地域 の本屋やスーパーの本コーナーに並びました。その一つがサラ・ジェス、ガブリエル・ベック、R・ジョセフ編集、カリフォルニアのユニバーシティ出版の「アメリカ攻撃さる」です。その本は、ペンタゴンの攻撃について、194ページにこう書いています。

「ジェット機は幅100フィート(30m)のクレーターを掘り、建物の5階すべての壁を破壊し、ペンタゴンをぐるりと回る環状ビルの外側部分を崩壊させた」

In this picture, we ask do you see a crater 100 feet wide?ハ Or 50 feet wide?ハ How about in this picture?ハ Or this picture?ハ It doesn't appear that there was any crater at all!ハ They went on to say that it had ripped a way the walls of the five stories of the tilting collapsing the outer most rings which encircle the Pentagon.ハ Now there should be no question that the outer rings of the Pentagon had indeed collapsed. Weユve seen pictures from one angle, from another angle and America has seen these pictures.ハ We all assumed that this was the damage that was caused by the 757 hitting the Pentagon.ハ

この写真を見てください。どこに幅100フィート(30メートル)のクレーターが見えますか?では50フィート(15メートル)では?この写真では?そんなクレーターなどありませんね。さらにこの本は、建物の5階分の壁をはがし、ペンタゴンの一番外側の環状ビルを崩壊させたと言っています。さて、ペンタゴンの外側部分が崩壊したことについて、異論はないでしょう。私たちはすでに、いくつかの角度からのこの映像を観ています。アメリカ国民はこの写真を観ているのです。私たちはみな、これはペンタゴンに衝突した757機による破壊だと思いました。

But, shortly after the release of the article メFrom Deception to Revelationモ, we were sent some photographs that were taken apparently right after the event and before the outer walls had collapsed.ハ When examining these photographs, we can clearly see that the area in question had not yet collapsed.ハ In fact, there is very little evidence of a whole big enough to accommodate a 757.ハ The whole that we do see is approximately 14 to 16 feet across.ハQuestion.ハ How does a 757 fit into a 16 foot hole and leave no damage or wreckage on the outside of the Pentagon?ハ These are questions that deserve serious scrutiny.

ところが「欺瞞から真実へ」の記事(注:デイヴがウェッブ上で書いた記事)がでてからまもなく、明らかに衝突直後、外側の壁が崩壊する前に撮られた写真が送られてきました。これらを調べてみると、問題の部分が崩れていないことがはっきり見てとれました。実際に757機が入り込めるほどの大きな穴があったという証拠は、ほとんど無いに等しいのです。ここに見える穴は幅約14から16フィート(4.2~4.8メートル)です。ここで質問です。どうしたら757機が16フィートの穴に入り、ペンタゴンの外に何の損害も与えず、残骸も残さないことが可能なのでしょう。これらは厳しく調査されるべき疑問です。

Let's take a look at some of the photographs that were taken before the outer wall of the Pentagon collapsed. In this first photograph we can see the firefighters pulling the hoses away from the fire truck.ハ In the foreground we can see wire spools that were left on the front lawn of the Pentagon.

ペンタゴンの外側の壁が崩壊する前に撮られた写真を見てみましょう。最初の写真では消防士たちが消防車からホースを引っ張っています。前庭にはペンタゴンの芝生に残された電線コイルが見えます。

After all, this section of the Pentagon was under renovation.ハ We'll use these wire spools as reference points.ハ Also, to the right of those wire spools and on the face of the Pentagon, we can see that some concrete facing has broken away.ハ Weユll also use this as a reference point as we examine these photographs.ハ Now, to the left of that area where the facing has broken off, we can clearly see that the Pentagon has not yet collapsed.ハ There are some flaming areas, and that area appears to be the only section where there is a hole approximately 14 to 16 feet.ハ

つまりペンタゴンのこの部分は改装中だったのです。この電線コイルを目印にしましょう。また、電線コイルの右側にペンタゴンの外壁のコンクリートが破損しているのが見えます。これも目印にして写真を検証していきましょう。さて、外壁が破損している部分の左側ではペンタゴンはまだ崩壊していないのがはっきり分かります。炎上している部分があり、約14から16フィートの穴があるのはそこだけのようです。

Question:ハ How does a 757 fit into a 16 foot hole and leave no wreckage on the front of the building?ハ We can also see that the roof of the building does show fatigue, but has not yet collapsed.

では質問。「どうやったら757型機が建物の前に残骸をなにも残さず、たった16フィートの穴に収まることができるのでしょうか?」
建物の屋根は損傷していますがまだ崩れ落ちていないのが分かります。

In this photograph an astonished onlooker sees exactly what weユre seeing. The Pentagon had not yet collapsed, and again there is no sign of ハany wreckage whatsoever, no tail, no fuselage, no wings, no wheels, ハno engines, no seats, no luggage, nothing on the outside of the Pentagon. The Pentagon roofline is clearly visible and again it is
under fatigue but it had not yet collapsed

この写真では、私たちが見ているものとまったく同じものを見て、驚いている見物人が写っています。ペンタゴンはまだ崩壊していません。そしてここにも尾翼、胴体、翼、車輪、エンジン、座席、荷物などの機体の残骸がペンタゴンの前にありません。ペンタゴンの屋根がはっきり見えます。痛んでいますが、崩れていません。

As we examine this next photograph letユs take a good close look at the lower left corner, youユll see engine 331 from the Metropolitan Washington Airport Authority, and we contacted the fire chief from this engine company. Chief Plower agreed to come on our radio show along with two of his firefighters, but one hour before airtime they cancelled. We were told that the two firefighters had been placed on indefinite leave.

次のこの写真を検証しますが、左下の隅に注意してください。首都ワシントン航空局から来た消防車331号が見えます。それで私たちはこの消防隊の隊長と連絡を取りました。ブラウワー隊長は消防隊員二人と一緒に私たちのラジオ番組に出てくれることになったのですが、放送の1時間前に出演をキャンセルしてきました。その二人の隊員は無期限に雇用停止になったと聞かされました。

Well when you look at this photograph you can see that fire retardant foam is being sprayed on the front of the pentagon, and again, the area in question had not yet collapsed. And you can see, right in the center of the photograph, a big area where some of the concrete facing has broken away and it appears that this is the only major hole in the front of the Pentagon. Again, is this hole big enough to accommodate a 757? And where is the wreckage?

さて、この写真ではペンタゴンの前に消化剤がまかれているのが見えます。ここでも問題の箇所は崩壊していません。そして写真の中央に外側のコンクリートが大きく破壊されているのが見えます。これがペンタゴンの外壁で唯一の大きな穴のようです。もう一度聞きますが、この穴は757型機が入り込めるほど大きいでしょうか?機体の残骸はどこにありますか?

In this photograph we again see engine 331, and fire-retardant foam being sprayed on the front of the Pentagon. Note clearly in the center of the photograph we see the upper floors of the pentagon, again yet to collapse. But, also notice that there does not appear to be any damage to these upper floors. Question: If the height of a Boeing 757 was 44 feet 6 inches there should have been some point of impact in these upper floors and yet when we look at these pictures there doesn't appear to be any impact whatsoever in the area where the tail should have hit. And again, there is no wreckage visible on the front of the lawn.

この写真でも消防車331号とペンタゴン前面に消化剤がまかれているのが見えます。写真中央に、ペンタゴンの上の階がまだ崩れていないことが、はっきりとわかります。質問です。ボーイング757型機の高さが44フィート6インチであれば、この上層階に何らかの衝突した跡があるはずです。ところがこれらの写真を見ると、尾翼が激突したとされる部分には、何の衝突跡も見当たらないのです。そして、前の芝生にも残骸がまったくありません。

Now while these photographs were being taken, videographers from
several different networks were on the scene to capture the firefighters in action as they battled the blazes at the front of the pentagon.

さて、これらの写真が撮影されている間、いくつかのテレビ局のカメラマンが到着し、現場で消防隊がペンタゴン前面の火災と闘っているところを撮影しています。

FOX TV News reporter: Jim Angle is joining us now from Washington. Uh, Jim, what can you tell us about that fire outside the Pentagon? (No response) Jim Angle are you with us?

FOXテレビニュースキャスター:ジム・アングルがワシントンからの中継です。ジム、ペンタゴンの外の火災の状況はどうですか?
(反応なし)
ジム・アングル、聞こえますか?

Jim Angle: Uh, I can tell you first that the roads around the White House, the streets around the White House, were blocked seconds ago. Uh, members of the uniformed division of the Secret Service ran out to intersections and started diverting traffic. There are emergency vehicles on almost every block around the White House. The road south of the White House has also been blocked. And as you know, the White House is being evacuated. Federal employees are standing on the street corners in and around the White House having left the building for fear of another attack.

ジム・アングル:ええ、まずほんのちょと前にホワイトハウス周囲の道路が封鎖されました。あー、制服を着たシークレットサービスが交差点に直行して、交通を遮断し始めました。ホワイトハウス周囲のほとんどの道路は、緊急車両で固められています。ホワイトハウスの南側の道路も封鎖されています。ご存知のように、ホワイトハウスの職員は退避しました。攻撃される恐れから空になったホワイトハウスの周辺では連邦政府職員が通りの角に立って警戒しています。

ハ As you come into Washington from Virginia, about 2 miles from the pentagon, you can see the smoke billowing up from the building. Huge clouds of smoke. So much so, that uh, commuters coming into town have pulled over to the side of a busy freeway, what is ordinarily a busy freeway, and are sitting, watching in amazement as the symbol of United States Defense establishment uh, goes up in smoke. So there is an amazement all over Washington. Uh, people are not sure what to think.

バージニア州からワシントンに入ってくると、ペンタゴンから約2マイルのところですが、建物から煙が上がっているのが見えます。巨大な煙です。あまりにすごいので、首都に向かう通勤者が混んでいる高速道路のそばに車を止めて、ええ、いつもは混んでいるのですが、そのまま座席に座って、アメリカの国防権威のシンボルが煙に包まれているのを、驚きの目で見つめています。ワシントンは驚きでいっぱいです。人々はどう考えたらいいのかわかりません。

Youユve got a lot of Federal employees standing around in this area watching as the streets are blocked off and emergency vehicles rush to and fro. Weユre not sure uh, what they are up to, but clearly there is concern about the safety of the (voice fades out).

この辺りでは連邦職員が大勢外に立って、道路が封鎖され、緊急車両が行き来するさまを見ています。今どのような状況かははっきりわかりませんが・・・。安全について不安があることはあきらかで・・。

Host: What could have caused this type of damage? What couldユve caused a 14-16 foot hole, and pierced three of the rings of the Pentagon? Keep in mind that each ring of the Pent has an outer and inner wall. Each wall approx 18 inches thick of steel reinforced concrete. That means that each ring consisted of 36 inches, or 3 feet, of steel reinforced
concrete for a total of approximately 9 feet of steel reinforced concrete. Question: could a 757 have pierced 9 feet of steel reinforced concrete and left a 14-16 foot hole and no wreckage? If not, what could have created that type of damage?

ホスト:何がこのような損傷を起こすことができるのでしょうか。何がペンタゴンに14〜16フィート(4.2~4.8メートル)の穴を開け、三重の環状の建物を貫通できるでしょう。ペンタゴンの環状ビルにはそれぞれ外壁と内壁があることを覚えておいてください。ひとつの壁の厚さは18インチ(45センチ)の鉄筋コンクリートでできています。つまり、ひとつの環状ビルの壁が36インチ、あるいは3フィート(90センチ)あるので、全部で9フィート(2.7メートル)の厚さになります。質問。ボーイング757型機が9フィート(2.7メートル)の鉄筋コンクリートを貫通して、何も残骸を残さずに、14〜16フィートの穴を開けるなどということができるでしょうか。もしそうでなければ、どのようなものが、このような破壊を起こすことができるでしょう?

On our radio program, メThe Power Hourモ, we have a lot of veterans and military experts that listen in, and many have called up and agreed that it could not have been a 757 that created that damage, but in fact had to be something else all together. What could have caused that damage? Some call it a bunker buster, or a missile.

私たちのラジオ番組「パワーアワー」を、多くの退役軍人や軍事専門家が聴いていて、みなさんが電話をかけてきて「このような損傷は757型機にできるはずがない。実際、何かまったく別のものに違いない」といっています。何がこのような損傷を起こすことができるでしょう。バンカーバスターかミサイルだ、という人もいます。

Now as this controversy percolated through the year 2002, in January of 2003 the entire issue was resurrected when the American Society of Civil Engineers released a report entitled メThe Pentagon Building Performance Reportモ. The announcement was made on CNN and they showed an animated video that illustrated how the 757 slammed into the Pentagon and took out 50 support columns. When we again look at these photographs, I ask, do you see support columns that have been destroyed? Which support columns were destroyed? How could it possibly be that the American Society of Civil Engineers could release such a report when the photographs clearly show that the entire report is in question?

さてこの問題が2002年を通じて広がると、翌2003年1月に米国土木工学学会が「ペンタゴンビル仕様報告書」を出して、この問題が再燃しました。この報告書はCNNで発表され、アニメーションを使って757型機がどのようにペンタゴンに衝突し、50本もの支柱をなぎ倒したかを説明しました。では、もう一度、これらの写真を見ると、どうでしょう。破壊された支柱などありますか?どの支柱が壊れていたでしょうか。写真を見れば、この報告書全体が疑わしいことは明らかであるのにもかかわらず、米国土木工学学会はどうしてそのような報告書を提出できるのでしょうか。

(Cut to still clips of Bush)
Bush: メThere's an old saying in Tennessee ム I know it's in Texas, probably in Tennessee ム that says, fool me once, shame on ム shame on you. And fool me onceム you can't get fooled againモ

ブッシュ大統領:テネシーには古いことわざがあります。テキサスにもあるけど、多分テネシーだと思うんだ。こういうんだよ。「一度は騙せるけど、二度は騙されないぞ、恥知らず」ってね。

Host: You know there are those that see these pictures and hear this information for the first time and they inevitably ask the questionハ メWell, if the plane didn't hit the Pentagon where did it go?モ The answer is メI don't know where it went.モ For all I know it could be sitting in 200 feet of water in the Atlantic ocean, but then again I didn't say that flight 77 hit the Pentagon that was NBC and CBS and ABC and CNN and FOX and all the other news agencies. The question should be, メif flight 77 hit the pentagon then where is it?モ And lets keep in mind that if we do find someone, a group, or an agency, that is involved in the obfuscation, distraction, distortion, or cover-up of any information about any of the events of Sept 11th does that not indicate possible involvement, and even guilt, in the events of Sept 11th?

ホスト:この写真や情報に初めて接する人は、異口同音に訊ねます。「その飛行機がペンタゴンに衝突したのではなかったら、どこに行ったの?」その答えは、「私は知りません」。大西洋の水中200フィートに沈んでいるかも知れません。でも、77便がペンタゴンに衝突したと言ったのは、私ではありません。そう言ったのは、NBCやCBS、ABCやCNN、FOXやその他のニュース局や報道各社です。ですから、「もし77便がペンタゴンに衝突したのなら、それはどこにあるのですか」と質問すべきです。そして忘れてはならないことは、もし9月11日事件に関する情報について、それを捻じ曲げたり、隠そうとしたりする誰か、グループ、組織がいたら、その人たちは9・11に何らかの形で関与しているか、あるいは実行犯である可能性があるのです。

Now letユs move on to what happened in New York City on the morning of Sept 11th.

では、9月11日の朝にニューヨークで起こった事件に移りましょう。

Chapter 3: "Bombs In The WTC"
DVD3章:WTCの"爆弾

[scenes of planes crashing into towers; President Bush at Florida school;ハ onlookers; towers falling; towers smoking]
[タワーに激突している飛行機の場面;フロリダ学校でのブッシュ大統領;見物人;落ちているタワー;煙を出しているタワー]

HOST DAVE VONKLEIST: These are just a few of the images that are indelibly etched in the minds of every man and woman on the face of this planet that happened to be near a television set on the morning of September 11th of 2001. Most of us will never forget where we were or what we were doing on that day.

デイブ・ヴォンクライスト:これらは、2002年9月11日の朝、たまたまテレビのそばにいた世界中の人々の頭の中に刻み込まれたいくつかの映像です。私たちのほとんどはこの日、どこにいて、何をしていたかを決して忘れることはありません。

Now, right after September 11th, many conspiracy theories began to arise to try to explain how and why the towers came down. Well, this is no different than any other major event in history, from the assassination of John F. Kennedy to his brother Robert Kennedy, and from the assassinations of Martin Luther King and John Lennon to the explosion in Oklahoma City that destroyed the Murrah building in 1995 and the downing of TWA flight 800. All of these were followed by conspiracy theories to try to explain these events.

さて、9月11日の直後から、どのように、そしてなぜあのタワーが崩壊したのかを説明するために、多くの陰謀説が持ちあがりました。まあこれは、歴史の上で、ジョン・F.・ケネデイ、彼の兄弟のロバート・ケネディ、マーチン・ルーサー・キング、ジョン・レノンの暗殺や、1995年オクラホマシティのムラー・ビル爆破、TWA800便の墜落の時にも陰謀説がささやかれたのと何ら変りありません。このような事件の後には、それを説明するために、陰謀説がささやかれるものです。

Well, on September 11th, there was a lot of discussion about explosions that went on around the building and in the building. Some of these reports were televised, but only once. Let's take a look at some of these reports and review what had happened on September 11th.

9月11日のビル周辺やビル内部でおきた爆発については多くの議論がありました。その報道のいくつかはテレビ放映されました。しかし一度だけでした。これらの報道のいくつかを見て9月11日に起きたことを再検討しましょう。

[scene of tower smoking, onlookers screaming]
[タワーの煙、叫んでいる見物人の現場]

VOICE OF WOMAN ONLOOKER: That was not an American airline. That was not an American airline.

女性見物人の声: あれはアメリカン航空じゃなかったわ。アメリカン航空ではなかったわよ。


[Fox News footage of tower smoldering]
[くすぶっているタワーのフォックス・ニュース場面]

VOICE OF FOX NEWS ANCHOR: ....Marc Birnbach, a Fox employee, is on the phone with us. Marc witnessed this, from what we understand. Marc, were you close enough to be able to see any markings on the airplane?

ニュースキャスター: フォックステレビの従業員、マーク・バーンバックと、電話が今つながっています。マークは、これを目撃していたとのことです。マーク、あなたは飛行機のマークが見えるほど、近くにいましたか。

MARC BIRNBACH: Uh, hi gentlemen, how are you doing? Yeah, there was um, definitely a blue logo. It was like a circular logo on the front of the plane, yeah, definitely towards the front. It definitely did not look like a commercial plane. I didnユt see any windows on the sides and uh definitely very low. And um, Iユm completely panicked. Iユm completely freaking out. I can't believe what I just saw.

マーク・バーンバック: あー、あの、みなさん、こんにちは。あぁ、そうですね。確かに、青い色のロゴ(マーク)がありました。まるい形のロゴのようで、飛行機の前のほうにありました。えぇ、確かに、前のほうです。決して民間の航空機のようには見えませんでした。側面に窓は全くなかったし、それに、うーん、とっても低く飛んでいたし。それで、その、私は、完全にパニックです。本当にひどく興奮しています。たった今この目で見たことが、自分でも信じられません。

NEWSCASTER: Well, we are all shaken by this. We are watching the video now back live, but the upper floors of the World Trade Center in Manhattan, in flames now after apparently two large airplanes, weユre talking about jetliners here, slammed into the sides right around 9:00 this morning.

ニュースキャスター: えぇ、私たちもみんな震えています。今ビデオを巻き戻して映して見ているところです。マンハッタンの世界貿易センターの上層階が、明らかに二機の大きな飛行機の衝突の後、炎に包まれていますが・・・。今お話しているように、複数の飛行機が今朝ちょうど9:00頃に、ビルの側面に激突しました。

Marc, if what you say is true those could be cargo planes or something like that. You said you didn't see any windows in the side?

マーク、あなたの言ったことが事実だとすれば、貨物機か何かだったのかもしれませんね。側面に、窓は全く見えなかった、と言いましたが?

MB: I didnユt see any windows in the sides. I saw the plane flying low. I was probably like a block away from the subway in Brooklyn and that plane came down very low. And again, it was not a normal flight that Iユve ever seen at an airport. It was a plane that had a blue logo on the front and it just did not look like it belonged in this area. I mean, that's not an accident.

マーク・バーンバック: 飛行機の側面には、窓は全く見えなかったです。私は、飛行機が低く飛んでいくのを見ました。私は、ブルックリンの地下鉄から出て、1ブロックのところにいたと思います。そして、あの飛行機がとても低いところを飛んでいったのです。空港で見るような普通の飛行機ではありませんでした。前部に青いロゴ(マーク)のある飛行機で、このあたりの飛行機のようには見えなかったですね。つまりその、あれは事故ではありません。

[same scene of tower smoking, onlookers screaming]
[煙に包まれるタワー、叫んでいる見物人の同じ場面]

VOICE OF WOMAN ONLOOKER: That was not an American airline.
女性見物人の声:あれはアメリカン航空じゃなかったわ。

[montage of news reporters and news footage]
[ニュース報道記者とニュース場面のモンタージュ写真]

CNN VOICEOVER (WOMAN): The entire top of the building just blew up....
CNNナレーション(女性):建物の上層部全体が、たった今吹き飛ばされました。

AARON BROWN, CNN NEWS ANCHOR: It's the second explosion....
アーロン・ブラウン、CNNニュースキャスター:それは2回目の爆発です....

VOICEOVER, AARON BROWN, CNN: ...and another explosion....
ナレーション、アーロン・ブラウン、CNN:...そして、もうひとつの爆発....

[CNN footage of Pentagon and towers]
[米国防総省とタワーのCNN場面]

VOICEOVER, AARON BROWN, CNN: We have a report now of a fourth explosion at the Trade Center....
ナレーション、アーロン・ブラウンCNN:貿易センターで4回目の爆発の報告がありました。

VOICEOVER, AARON BROWN, CNN: There has just been a huge explosion....
ナレーション、アーロン・ブラウン、CNN: 巨大な爆発がちょうど起きました.

[scene of tower collapsing]
[崩懐しているタワーの場面]

VOICEOVER, AARON BROWN, CNN: It almost looks like one of those implosions of buildings that you see....
ナレーション、アーロン・ブラウン、CNN: まるで内部爆破した建物のように見えます。.

[Fox News footage of towers smoldering]
[くすぶっているタワーのフォックス・ニュース場面]

VOICEOVER, FOX NEWS: We heard a very loud blast, an explosion....[What's] not clear now is why this explosion took place....
ナレーション、フォックス・ニュース: とても大きな爆風音と爆発を聞きました。この爆発がなぜ起きたかは、はっきりしません。

[Fox News footage; reporter interviewing police officer]
[フォックス・ニュース場面; 警官にインタビューしている報道記者]


FOX NEWS REPORTER: Do you know if it was an explosion before the building collapse?
フォックス・ニュース報道記者:あなたは、ビルが崩壊する前に爆発音を聞きましたか?

POLICE OFFICER: To me, it sounded like an explosion....
警官: 私には、それは爆発のように聞こえました....

FOX NEWS VOICEOVER: ....but it was a huge explosion....
フォックス・ニュース・ナレーション: それにしても、巨大な爆発でした....

[Fox News footage, reporter interviewing onlooker]
[フォックス・ニュース場面、見物人にインタビューしている報道記者]

ONLOOKER: I saw the two buildings, I think it was a bomb because [there were] two of them [explosions]....
見物人: 2つのビルを見ました。爆弾だったと思います。2回爆発しましたから。
[Fox News footage, showing fallen debris on street, investigators]
[フォックス・ニュース場面、調査官と通りに落ちた砕片]

FOX NEWS REPORTER: This is actually, we believe, debris from one of the planes that hit one of the towers of the World Trade Center. The FBI is here, as you can see. they had roped this area off. They were taking photographs and securing this area just prior to that huge explosion that we all heard and felt.

フォックス・ニュース報道記者:これは、実際に世界貿易センターのタワーに衝突した飛行機の1機からの砕片だと思います。ご覧のようにFBIがここにいます。この地域にロープを張って立ち入り禁止にしました。写真を撮って警護していましたが、それはちょうど大きな爆発が起きる前で、私たちは全員それを耳にし、からだに感じたのです。

HOST DAVE VONKLEIST: In a September 24th, 2001 edition of "People" magazine, on page 34, an interview with Louis Cacchioli, a 51-year-old firefighter assigned with Engine 47 of Harlem, New York, had this to say:

2001年9月24日号の「ピープル」誌の34ページに、ニューヨーク・ハーレムの消防車47号所属のルイス・カチオリという51才の消防士とのインタビューがあり、次のように言っています。

[shot of "People" magazine article]
["ピープル"雑誌記事]

"We were the first ones in the second tower after the plane struck. I was taking firefighters up in the elevator to the 24th floor to get in position to evacuate workers. On the last trip up a bomb went off. We think there was bombs set in the building."

"飛行機が衝突後した後、第2タワー現場に最初にかけつけたのは、私たちでした。私は、部下の消防士たちを連れてエレベーターで24階へ上がり、従業員たちを避難させるための指揮にあたりました。最後に上がろうとしたとき、爆弾が爆発したのです。私たちは、建物内にいくつか爆弾が仕掛けてあったと思います。

Well Louis Cacchioli isn't the only firefigher who claims that there were explosives or demolition charges going off in and around the world trade center.

世界貿易センターの内部や周辺で爆発物やビル解体用爆薬の爆発があったのではないかと主張している消防士は、ルイス・カチオリ氏だけではありません。

ハ[Clip of firefighters describing the incident.]
[事件について述べている消防士のクリップ]

"We made it at least two blocks and we started running. It was like, floor by floor they kept popping out, it was as if they had detonated, as if they had planned to take out the building...boom boom boom boom boom boom boom boom..."

私たちは少なくとも2ブロックは離れることができましたが、それから走り始めました。各階ごとに次から次へと爆発したような感じでした。まるで誰かがこのビルを解体するために計画的に爆発させたかのように。ボン、ボン、ボン、ボンと次々に爆発していきました。

HOST: Now we've seen numerous reports of explosions, bombs, possible demolition charges, a pancake collapse of the towers. But have we seen any footage, anything that might support these particular allegations.

私たちは、爆発、爆弾、ビル解体爆破、タワービルのパンケーキのような崩壊についてのたくさんの報告を見てきました。しかし、私たちはこの消防士たちの主張を裏付ける映像を見たことがあるでしょうか。


[Still photo of smoke as described above]
[前述の煙の静止画面]

We've heard eyewitness accounts and testimony from fire officials that indicate that there were bombs, explosives, possibly detonating charges that were utilized in the collapse of the world trade center buildings. Is there any reason to believe that detonating charges were utilized in the collapse of the north tower, the south tower, or building 7?

私たちは、世界貿易センタービルの崩壊に使われた爆弾、爆発物、起爆薬のようなものが存在したことを示唆する消防職員からの目撃証言を聞きました。両方のタワーと第7ビルを崩壊させるのに起爆薬が使われたと信じる理由があるでしょうか。

One firefighter did say, "boom boom boom boom boom" that's how it went down. And many of the television reporters reported that as the buildings collapsed, both the north tower and the south tower and building 7, they all appeared to come down just like a controlled demolition.

ある消防士は「ボン、ボン、ボン、ボン、と下に崩れていった」と言いました。また多くのテレビ報道記者は、両方のタワーと第7ビルが崩懐した時、その3つがまるでビル解体のように崩れ落ちたと報告しました。

Let's listen to a clip from Larry Silverstein, he was the lease owner of the world trade center as he gave an interview on CBS.

ここでラリー・シルバースタインのCBSのインタビューを聞いてみましょう。彼は世界貿易センターの賃貸オーナーでした。

ハ(Clip of Larry Silverstein saying: I remember getting a call from the uh, fire department commander, telling me that they were not sure they were going to be able to contain the fire. And he said you know we've had such terrible loss of life, maybe the smartest thing to do is pull it. And they made that decision to pull, then we watched the building...collapse.)

ハラリー・シルバースタインの話: 消防署長から私に電話があり、火災を消し止められるかどうかわからないと言われたことを覚えています。たくさんの人が亡くなったので、建物を壊してしまうのが得策かもしれない、と彼は言いました。そして彼らはビルを解体することを決め、それから私たちはビルが崩壊するのを見ました。

[CBS news report]
[CBSニュース報道]
"About an hour ago World Trade Center building number 7 collapsed. A 42-story building, weakened by the devastation that had occurred earlier today."

"1時間ほど前に、世界貿易センター第7ビルが崩懐しました。42階建てでしたが、今朝の惨劇によって建物の強度が弱まったためです。

HOST: We've all seen controlled demolitions on television. Office buildings, sports stadiums, all brought down by controlled charges. And these charges and controlled demolitions take weeks of planning.

(ホスト):私たちは皆、テレビでビルの解体作業を見たことがあります。オフィスビル、スポーツ・スタジアムなどはすべて爆薬をしかけて計画的に崩壊させます。そしてこのような解体爆破には数週間の計画が必要です。

They have to bring in experts, and do a structural analysis of the buildings, study which beams, which girders have to have charges placed on them. And then a team of explosive experts has to come and set the charges, wire them all together in sequence. And then, finally after everything is clear, they let the building go, or "pull it."

専門家を呼んで、建物の構造を分析し、どの梁や支柱に爆薬を仕掛けるか研究します。そして爆薬専門家チームが出向いて爆薬をしかけ、順序正しく導線をはりめぐらせなくてはなりません。最後にすべてがクリアになってはじめて、ビルを崩壊させる、つまり解体するのです。

ハAre we to believe that 8 hours after a surprise attack in New York City, they were able to "pull" building 7? How is this possible, had it not been planned in advance? And if they did have planned detonation charges in place in building number 7, is it possible that there were charges in building 6? Or 5? Or 4? Or the north tower? Or the south tower?

ハニューヨーク市の奇襲攻撃から8時間後に、このような第7ビルの解体ができたと信じられますか?事前の計画なくして、こんなことができるのでしょうか?もしも第7ビルに爆薬を仕掛けることを事前に計画していたのなら、第6、第5、第4ビルにも爆薬が仕掛けられていた可能性があるのではないでしょうか。あるいはノースタワーやサウスタワーにも。

[Clip of firefighters describing the incident.]
[事件について述べる消防士のクリップ]

"We made it at least two blocks and we started running. It was like, floor by floor they kept popping out, it was as if they had detonated, as if they had planned to take out the building...boom boom boom boom boom boom boom boom..."

私たちは少なくとも2ブロックまで離れることができました、それから走り始めたのです。それは各階ごとに次から次へと爆発したような感じでした。まるで誰かがこのビルを解体するために計画的に爆発させたかのように。ボン、ボン、ボン、ボンと次々に爆発していきました。

HOST: Ladies and gentlemen, so far we've seen that we were deceived if not flat out lied to about many of the events of September 11th. From the controversy about whether or not flight 77 actually hit the pentagon, to whether or not there were bombs or explosives or detonating charges utilized in any of the buildings that collapsed in the WTC.

みなさん、これまで私たちは、9月11日の事件の多くについて、あからさまな嘘ではないにしても、騙されていたことを見てきました。アメリカン航空77便は本当にペンタゴンに突っ込んだのかという問題から、貿易センタービルの崩壊は仕掛けられた爆弾か起爆薬によるものではないかという論争についててす。

And also Larry Silverstein making the admission that when it came to building 7 they made the decision to "pull it." And now we come to the main events of September 11th, the north and south towers being hit by airliners, that were supposedly hijacked by terrorists. Let's take a look at some of the clips that we've all seen over and over again.

またラリー・シルバースタインが、第7ビルについては、当局が解体の決断をしたことを認めています。それでは、9月11日の最大の事件であった二つのタワーがテロリストにハイジャックされたとされる旅客機に激突された事件について考えてみましょう。もう私たちが何度も繰り返して見た映像をいくつか観てみましょう。


ハ(Clips of the planes crashing into North and South Towers)
ハ(北のまた南の塔に激突している飛行機のクリップ)

4章South Tower Examination
4章 サウス・タワー(について)の検証

HOST: On April 15th of 2004 we received a news release that alerted us to a web sight that was entitled www.letsroll911.org. Phil Jayhan, the webmaster for this website had taken the video clips that youユve just seen and slowed them down and examined them frame by frame and what he found was astounding. There are several different anomalies that need to be examined and questioned. First of all, what is attached to the
bottom of the plane that hit the south tower? And second of all, what is that brief flash that occurs just as the plane makes impact?

2004年4月15日、私たちはwww.letsroll911.org.というホームページに注目せよ、というプレスリリースを受け取りました。そのサイトのウェブマスターであるフィル・ジェイハンは、今先ほど私たちが見たビデオのシーンをスローモーションにして、一コマ毎に細かく検証を加えていきました。そして、恐るべき事実が発見されたのです。検証し、議論すべき異常なことがいくつかあります。まず第一に、サウスタワーに激突した飛行機の下部には、何が取り付けられていたのでしょう?そして、第二に、飛行機がまさに激突しようとするときに現れたあの短い閃光は一体何なのでしょう?

Now when we first looked at this video footage, I said to myself, well this video footage could very well be manipulated, so I wanted to check it out myself. Well, we went and found the DVD that we had purchased shortly after September 11th entitled America Remembers. This was directly from CNN. We took this DVD and put it in our machine and examined the very clip that youユve just seen. Letユs take a look at it.

ところで、初めて私たちがこのビデオの場面を見たとき、私は「うーん、この映像は手を加えられているのかもしれないぞ」と思いました。それで早速自分自身でチェックしたいと考えました。そこで、私たちは9月11日のすぐ後に購入した「米国は忘れない(America Remembers)」という題のDVDを見つけてきました。CNNがじきじき出したものです。このDVDを自分たちのプレイヤーで再生してみました。そして先ほどお見せしたあの場面を、詳細に見ていきました。さあ、もう一度見てみましょう。

Letユs take another look at this clip in slow motion, but before we do, keep in mind that sometimes the best place to hide something is in plain sight. We've all seen this video clip. And there have been many publications that have taken frames from this video and published them in hundreds of magazines. Here is an example. On page three a full size
blow up of this picture. And in this magazine it was published on page 4. And on the back of this book that we discussed earlier, itユs on the back cover. I suggest you all take a copy of your magazines and books, and if you have the video footage take a good hard look. Weユve all got this. Now lets take a look at this in slow motion.

スローモーションで、この場面もう一度見てみましょう。しかし、その前に、「何かを隠すとき、最高の隠し場所はあからさまなところだ、ということがある」と、みなさん頭に入れておいてください。私たちはみな、この映像を目にしています。このビデオからとった写真を載せた多くの出版物が発行され、数多くの雑誌にも掲載されています。たとえば、これ。3頁に、フル・サイズでこのシーンを引き伸ばして載せています。こちらの雑誌では、4頁に載っていますね。さっきお話したこの本の中では、裏表紙に掲載されています。みなさんのお手持ちの雑誌や本を一冊手にとってみてほしいのです。もしみなさんがこの場面の映像をお持ちでしたら、よく画面を見てください。私たちはみんな、これを持っているのです。さあ、これをスローモーションで見てみましょう。

As the plane approaches the south tower notice carefully the belly of the plane. There appears to be something attached. And just as it hits the building thereユs a flash.

飛行機がサウスタワーに近づいていくのですが、飛行機の腹部によーく注目してください。飛行機がまさにビルに衝突しようとする瞬間、閃光が現れます。

Letユs take another look in super-slow motion.

超スローモーションにしてもう一度見てみましょう。

Now lets take another good hard look at this video footage. As the plane approaches it is irrefutable that there is something attached to the bottom of this plane and a distinct flash as it makes contact. Now there are some that would say that this is a trick of light, a reflection. Now lets keep in mind that if you hold a mirror in your hand and reflect the sunユs rays that reflection only goes where you aim that reflection. So a reflection should only be seen from one particular angle. Letユs take a look at this event from another angle.

さて、もう一度このビデオのシーンをじっくりとよく見てみましょう。飛行機が接近していくときに、機体の下部に何かが取り付けられており、接触する瞬間はっきりと閃光が見えることは、反論できません。そうすると、「これは、光のいたずら、反射光だ」というような人がいます。それでは、もしあなたが鏡を手に持って太陽の光を反射させるとすると、反射光は、あなたがここに光をあてようと狙ったところにだけいく、ということを思い出してください。そのように、反射光はあるひとつの角度からしか見ることができないのです。では、この場面を別の角度から見てみましょう。

And now letユs take a look at it again from a third angle. And now letユs take a look at it one more time from a fourth angle.

今度は、第三の角度から、もう一度この場面を見てみましょう。次は、第四の角度から、もう一度見てみましょう。

Ladies and gentlemen, youユve just seen a very interesting event indeed.ハNot recorded by one, but recorded by four different cameras, from four different angles. There can be no doubt that this is not the result of a reflection of any sort but in fact was a flash caused by an explosion, a detonation, a missile. Something happened that was not a
terrorist with a box-cutter.

みなさん、私たちは、全く、非常に興味深い出来事を、たった今見たわけです。一台だけではなく、四台の別々のカメラが四つの別のアングルから、記録しているのです。反射の結果ではなく、実際は、爆発か起爆装置かミサイルによって発生した閃光であるということは、もはや疑いの余地がありません。カッターナイフを持ったテロリストの仕業ではないことが、起きたのです。

Letユs take another look at the object attached to the belly of this plane and ask yourself this question. Could something this big have gone unnoticed by the passengers, the crew, the baggage handlers, the service personnel at a commercial airport? The obvious answer is no, it would have been noticed. Which raises the question where did this plane take off from, and was it in fact a commercial airliner at all?

この飛行機の下部に取り付けられた物体を、もう一度見て、みなさんご自身に、次のような質問をしてみてください。つまり、「こんなに大きなものが、民間の空港で乗客や乗務員や荷物係や整備士に気づかれずに済むだろうか?」と。答えは、明らかに、「いいえ」です。もちろん気づかれてしまうでしょう。そうすると、「この飛行機はいったいどこから飛び立ったのか?」という疑問が生じてきます。「そもそも、本当に、民間の飛行機だったのだろうか?」と。


SCREAMING WOMAN: That was not an American Airlines, that was not an American Airlines.

叫んでいる女性: あれはアメリカン航空じゃなかったわ、アメリカン航空ではなかったわよ。

NEWSCASTER: Marc Birnbach, a FOX employee, is on the phone with us. Marc witnessed this from what we understand. Marc, were you close enough to be able to see any markings on the airplane?

ニュースキャスター: フォックスの従業員、マーク・バーンバックと、電話が今つ
ながっています。マークは、これを目撃していたとのことです。マーク、あなたは飛行機のマークが見えるほど、近くにいましたか。

MARC BIRNBACH: Uh, hi gentlemen, how are you doing? Yeah, there was um, definitely a blue logo. It was like a circular logo on the front of the plane, yeah, definitely towards the front. It definitely did not look like a commercial plane. I didnユt see any windows on the sides and uh definitely very low. And um, Iユm completely panicked. Iユm completely freaking out. I can't believe what I just saw.

マーク・バーンバック: あー、あの、みなさん、いかがですか。あぁ、そうですね。確かに、青い色のロゴ(マーク)がありました。まるい形のロゴ(マーク)のようで、飛行機の前のほうにありました。えぇ、確かに、前のほうです。決して民間の航空機のようには見えませんでした。側面に窓は全くなかったし、それに、うーん、とっても低く飛んでいたし。それで、その、私は、完全にパニックです。本当にひどく興奮しています。たった今この目で見たことが、自分でも信じられません。

NEWSCASTER: Well, we are all shaken by this. We are watching the video now back live, but the upper floors of the World Trade Center in Manhattan, in flames now after apparently two large airplanes, weユre talking about jetliners here, slammed into the sides right around 9:00 this morning.

ニュースキャスター: えぇ、私たちもみんな震えてえいます。今ビデオを巻き戻して映して見ているところです。マンハッタンの世界貿易センターの上層階が、明らかに2機の大きな飛行機の衝突の後、炎に包まれていますが・・・。今お話しているように、複数の飛行機が今朝ちょうど9:00頃に、ビルの側面に激突しました。

Marc, if what you say is true those could be cargo planes or something like that. You said you didn't see any windows in the side?

マーク、あなたの言うことが事実だとすれば、貨物機か何かだったのかもしれませんね。側面に、窓は全く見えなかった、と言いましたが?

MB: I didnユt see any windows in the sides. I saw the plane flying low. I was probably like a block away from the subway in Brooklyn and that plane came down very low. And again, it was not a normal flight that Iユve ever seen at an airport. It was a plane that had a blue logo on the front and it just did not look like it belonged in this area. ハI mean it was not an accident

マーク・バーンバック: 飛行機の側面には、窓は全く見えなかったです。私は、飛行機が低く飛んでいくのを見ました。私は、ブルックリンの地下鉄から出て、1ブロックのところにいたと思います。そして、あの飛行機がとても低いところを飛んでいったのです。空港で見るような普通の飛行機ではありませんでした。前部に青いロゴ(マーク)のある飛行機で、このあたりの飛行機のようには見えなかったですね。つまり、あれは事故ではないですね。

HOST: Now weユve just heard testimony that refutes the official report that a commercial airliner hit the World Trade Center. Well, if it wasnユt a commercial airliner it would have to be either a private, or a military aircraft. And I think we can rule out private aircraft. Now if this was a military plane, that would explain the possibility that there was something mounted on the belly of the plane. Now Phil Jayhan, webmaster of the website letsroll911.org, and many other people, have postulated that this indeed was a pod of some sort mounted to the belly of the plane.

ホスト: さて、私たちはたった今、「民間の航空機が世界貿易センターに激突した」とする公式発表に異議を唱える証言を耳にしました。では、民間の飛行機ではないとすれば、私有の飛行機か、軍用機のどちらかのはずです。そして、私有機は除外することができると思います。さて、もしこれが軍用機だとすれば、飛行機の下部に何かが装着されていたという可能性を説明してくれるでしょう。ホームページwww.letsroll911.org.のウェブマスターのフィル・ジェイハンや、他の多くの人たちは、実際何かの容器が飛行機の下部に装着されていたと仮定しています。

Many of our listeners are ex-military and have agreed that this is a distinct possibility. When you couple this with the mysterious flash that occurs on the side of the World Trade Center just as the plane makes contact, I think that we can probably agree that
there was some sort of an incendiary, or an explosive, that would serve as a match to ignite the enormous amount of fuel that would be dispersed as soon as the plane hit the building.

私たちのラジオを聴いている人たちの多くは元軍人なのですが、彼らも明らかにその可能性があると同意しています。このことを、飛行機が衝突しようとするときに、ワールド・トレード・センターの側面に発生した不思議な閃光と、合わせて考えてみると、どうでしょう。飛行機がビルに衝突してあたり一面に飛び散る莫大な量の燃料に点火する、マッチの作用をするような、発火物か爆発物のようなものがあったのだ、ということに、皆さんもおそらく同意されることと思います。

Letユs take another look at this one clip and youユll notice that the flash is a separate
event than the contact of the fuselage as it hits the building. Some folks have stated that the flash was the result of the fuselage making contact with the trade center building, but as you can see, the flash is indeed to the right of the fuselage and in fact as the fuselage makes contact with the World Trade Tower you can see a reflection of
the flash in the fuselage, which further supports the contention that these are two separate events.

もう一度この場面を見てみましょう。この閃光は、飛行機が衝突して胴体がビルと接触するのとは、別の出来事であることに気づかれることでしょう。「閃光が生じたのは、機体が世界貿易センターに衝突した結果である」と述べていた人たちがいますが、みなさんがご覧になったように、閃光は実際には、飛行機の胴体の右のほうにあって、 実は、機体が世界貿易センターに衝突するときに、飛行機の胴体に閃光が反射して見えているのです。これは、これらの出来事が、二つの別々の出来事だという主張を、さらに支持してくれるものです。


5章North Tower Examination

5章 北タワーの検証


HOST: Admittedly what weユve seen so far in this presentation is disturbing to say the least. To find that we were not necessarily told the truth about what happened at the Pentagon on Sept. 11th, and now according to the clips that youユve just seen and the testimony that youユve just heard, there was a whole lot more to the story when flight 175 hit the south tower.

ホスト:これまで見てきたことは、控えめに言っても、不安にさせられることです。9月11日にペンタゴンで起こったことについて、私たちは必ずしも真実を知らされていなかったことがわかりました。それから、たった今見た映像と聞いた証言から考えると、175便がサウスタワーにぶつかったときについても、もっと沢山隠された話がありそうです。

Well, I needed more information. I needed more evidence to show that there was something else going on on September 11th. And the only way to get more information was to go to the first plane, flight 11 the American airliner, that hit the north tower. The French filmmakers, the Naudet brothers, were in New York City doing a documentary about the New York City firefighters, and this clip is the only known footage of the first plane hitting the first tower.

それで、もっと情報が必要だと思いました。9月11日に何かこれまで言われていることとは別のことが起こっていたのだ、というためには、もっと証拠が必要でした。もっと情報を得る唯一の方法は、アメリカン航空11便、ノースタワーにぶつかった最初の飛行機を調べることでした。ノーデ・ブラザーズというフランスの映画制作会社がニューヨーク市でたまたま消防士のドキュメンタリーの撮影をしていました。これはノースタワーに衝突した最初の飛行機の唯一の映像です。

Letユs take another look at this video clip, this time in slow motion. Youユll notice that as the plane approaches the tower, first of all, weユre too far away to get a clear shot of any detail of the plane. So therefore, itユs hard to make whether or not there was anything attached to the bottom of this plane, as was the case with flight 175.

ビデオのこの場面を今度はスローモーションでもう一度見てみましょう。わかると思いますが、飛行機がタワーに近づいて行きますが、まずカメラの位置が遠すぎて、飛行機の細かいところがわかるほど鮮明には写っていません。ですから、飛行機の胴体下部に何かが付いているのか確認するのは難しいです。175便では付いていることが確認できたのですが。

However, there is another similarity. Just as the plane makes impact, there is a flash. Letユs look at it again, and keep in mind that as we watch this plane make impact, this flash occurs just before the plane crashes into the north tower.

でも、他に類似点があります。飛行機がまさに衝突しようとするときに、閃光が走ります。それをもう一度見てみましょう。しっかり頭に入れておいてください。この飛行機が衝突するのを見ていると、この閃光は飛行機がノースタワーに突っ込む直前に出るのです。

This time as we watch this clip, note the shadow rising from the lower right of the trade center tower. And keep in mind that the shadow wonユt reach the impact point before the plane and vice versa. This is very important because the flash occurs before the shadow and the plane meet. This time lets look at this clip in reverse. Youユll notice that as the plane slowly backs out of the north tower, it is clear the tower, and then the flash occurs, indicating that the flash occurred before the plane made impact on the north tower. One more time, this video clip showing the flash, as the plane hit the north tower.

この映像をもう一度見ると、影が貿易センタービルの右下から上がってくるのに気が付きますね。それから、よく見て下さい、この影は飛行機が衝突するところには届いていないし、飛行機の方も届いていません。これはとても重要なことです。この影と飛行機の先端がちょうど触れ合う前に閃光が発生しているからです。今度は、この映像を逆回しで再生してみましょう。ノースタワーから飛行機がゆっくり後退して出てきますが、そのあとタワーが、それから閃光が見えるのがはっきりわかりますね。これは、飛行機が北タワーに衝突する前に閃光が走ることを意味しています。もう一度、この映像では先ず閃光がでてますね、それから飛行機が北タワーに衝突しました。

Now this video clip that weユve just examined came again from the Naudet brothersユ documentary that was being filmed in the streets of New York City on the morning of September 11th. This documentary about the New York City firefighters was going to be assembled at a later date and it was not televised. In fact there was no live coverage at all of flight 11 as it hit the north tower. After all, it was a surprise attack. So if there was no live television coverage of the first plane hitting the first tower, how do we explain the following comment from George Walker Bush?


さて、今私たちが詳しく調べた映像は、ノーデ・ブラザーズ社のドキュメンタリーからのもので、9月11日の朝ニューヨーク市街で撮影されたものです。このニューヨーク市の消防士に関するドキュメンタリーは後日編集されることになっていて、テレビ放映はされませんでした。実のところ第11便が北タワーに衝突する放映は全くありませんでした。つまり、これは奇襲攻撃だったのです。ですから、最初の飛行機が最初のタワーに衝突するテレビの生放送がなかったということになると、ブッシュ大統領のこの言葉を、どう説明したらいいのでしょう。

STUDENT: What was the first thing that went through your head when you heard that a plane crashed into the firstノ

BUSH: Well, I was sitting in uh, a schoolhouse in Florida. I had gone down to tell my little brother what to do and uh (laughter from audience) (aside: You can go ahead and sit down.) Just kidding, Jeb. And uh, its the mother in me. (more laughter) Anyway, uh, I uh was sitting there and my chief of staff, well first of all when we walked into the classroom I had seen this uh plane fly into the first building, there was a tv s-set on,ハAnd uh, you know I thought it was pilot error.

(学生):飛行機が最初のビルに衝突したと聞いたとき、先ず最初に頭をよぎったのはどんなことでしたか・・・

ブッシュ:えー、私は椅子に掛けてたんだ、フロリダの学校の教室でね。弟ジェブ(訳注:大統領の弟、フロリダ州知事)にいろいろ教えてやろうと思ってね、出かけていったのさ(聴衆から笑い)(脇からの声:さあ、お掛けください)ほんの冗談さ。それは私の中の母性愛なのさ。(笑い強まる)

いずれにせよ、えーと、わたしが椅子に掛けていると、首席補佐官が・・・そうそう、先ず最初に、私たちが教室に入って行くと、この飛行機が最初のビルに飛び込んで行くのが見えたんだ、テレビがそこにつけてあったんでね。それから、そのー、これはパイロットがミスった、と思ったよ。

HOST: You know, right off the bat there will probably be some folks out there that will try to minimize or negate what weユve discussed in this program, and turn it into some sort of a political football. Theyユll say weユre left-wingers or weユre Democrat liberal types and weユre Bush bashing.

ホスト:ご存知のとおり、こういうことを言っていると、すぐさま私たちがこのビデオで検討していたことなどつまらんことだとか否定するような輩が出てきて、政治論争のレベルにすり替えようとするかもしれません。私たちを左翼とか民主党のリベラル派と呼び、これはブッシュ叩きだと言うでしょう。

Nothing could be farther from the truth. Letユs not forget that it was under the Clinton administration that we launched a missile attack in Afghanistan and Sudan to destroy what turned out to be an aspirin factory because they had bad intel that they were manufacturing chemicals. Itユs happening again folks. It has nothing to do with liberal vs. conservative, or Democrat vs. Republican, or right vs. left. It has everything to do with right vs. wrong.

これほど真実とかけ離れたことはありません。アメリカがアフガニスタンとスーダンにミサイル攻撃を仕掛けたのはクリントン政権下だったことを忘れないようにしましょう。結局、あとで破壊したのはアスピリン製造工場だったことがわかったのです。化学兵器を製造しているといういい加減な情報がによるものでした。みなさん、また同じようなことが起ころうとしています。自由対保守とは関係ありませんし、民主党対共和党や右翼対左翼だとかとも関係ありありません。これはすべて正しいか間違っているかの問題なのです。


第6章War On Freedom
第6章 自由に対する戦争

In the beginning of this program we played word association, if you recall. The term was conspiracy theory. Now youユve seen enough evidence in this presentation to know that we are dealing now with a conspiracy. There is plenty of evidence to support it.

このドキュメンタリーの冒頭で、言葉の連想ゲームをしました。言葉は「陰謀説」でした。今、充分な証拠をご覧になって、私たちは陰謀と対処していることがおわかりになったでしょう。陰謀だと言えるだけの証拠がたくさんあるのです。

The conspiracy theory in fact is the idea that Osama bin Laden had something to do with the attacks of September 11th. Letユs not forget that on September 23rd of 2001, Condoleezza Rice, National Security Advisor, had stated that they had evidence that linked bin Laden with the terrorist attacks, and that they would release that evidence in due time. Well America and the world are still waiting for that evidence. And in that time since September 11th, weユve launched not one, but two wars, in Afghanistan and Iraq, based upon no evidence or, a conspiracy theory.

実際にある陰謀説とは、「オサマ・ビン・ラディンが9・11の攻撃に関係していた」という見識です。2001年9月23日には、コンドリーザ・ライス国家安全保障担当補佐官が「ビン・ラディンがテロ攻撃に関係しているという証拠があり、いずれその証拠をお見せします」と述べたことを思い出してください。アメリカも世界も、この証拠の提示を今尚待っているのです。そして9・11以来これまでに、私たちは一度ならず二度までも、なんの証拠もないまま、つまり陰謀説に基づいただけの戦争をアフガニスタンとイラクに対し、仕掛けたのです。

BUSH: (clip 1) Our war is against evil, not against Islam.
(clip 2) We don't hold any religion accountable, weユre fighting evil.

ブッシュ:我々の戦争は悪に対するものであって、イスラムに対するものではない。
我々は、いかなる宗教にも責任があるとは言っていない。悪と闘っているのだ。

HOST: What weユve seen on this video should give us all cause to stop and rethink everything that weユve been told about September 11th. The media and our government have relentlessly pounded into Americansユ minds that it was terrorists wielding box cutters that were responsible for the attacks in America on September 11th. And now after seeing this video footage we realize that it couldnユt possibly have been a terrorist and a box cutter that wouldユve created the flashes on both the north and south tower. Nor could it have been a terrorist with a box cutter that had that attachment to the bottom of flight 175.

デイヴ: このビデオでご覧になった内容は、「私たちがこれまで、9・11について聞かされてきたことのすべてを考え直す必要がある」と示唆しています。メディアと政府は「9・11にアメリカを襲った犯人は、カッターナイフをふり回していたテロリストたちだ」とアメリカ人の頭に容赦なく叩き込んできました。しかし今このビデオを観て、私たちはどう考えても「カッターナイフを持ったテロリストたちに、北と南の両方のタワーであの閃光を生じさせることなどできない」と、わかります。175便の腹部にあんな付属品をつけたのは、カッターナイフのテロリストでないことも。

There is one truth thatユs come out of this, though. And that is that there is a war on freedom, but the war on freedom isnユt being waged by those that they say it is.ハ After all, how many of your freedoms have been legislated away by Osama bin Laden or the Taliban or al Qaeda or Saddam Hussein?

しかし、ここにひとつの真実が出てきます。それは「自由に対する戦争が行われている」ということで、しかもそれは「自由に対する戦争だ」と言っている連中によって行われているものではありません。実際、あなたの自由がオサマ・ビン・ラディンやタリバン、アルカイダまたはサダム・フセインに奪われたりしたでしょうか?

The answer is none. Your freedoms have been legislated away by the very people who take oaths to defend your freedoms. Republicans and Democrats alike. ハYour Congress, your Senate, your President. There is a war on freedom. And now thanks to the Homeland Security Bill, the Patriot Act, the Terrorist Bill, the Model States Emergency Health Powers Act we have thumb scanners and retina scans and face recognition, metal detectors. At the airports we have body scans, and body cavity searches. Yes there is a war on freedom. And letユs not forget what George Bush had said in regard to conspiracy theories.

いいえ。あなたの自由は、それを守ると誓った人々によって奪われているのです。共和党員や民主党員。下院や上院議員たち、そして大統領によって。自由に対する戦争が起きています。国家安全保障法案やパトリオット法、テロリスト法案、モデル州緊急時健康管理権力法のおかげで、今や親指の指紋検査に網膜検査、顔貌認識に金属探知器の登場です。空港ではボディースキャナに体腔検査もあります。そう、私たちの自由を奪う戦争です。それからジョージ・ブッシュが陰謀説について語ったことを忘れてはいけません。

BUSH: (clip 1) Let us never tolerate outrageous conspiracy theories concerning the attacks of September the 11th. Malicious lies that attempt to shift the blame away from the terrorists themselves, away from the guilty.
(clip 2) Every nation in every region now has a decision to make.ハEither you are with us, or you are with the terrorists.

ブッシュ:(クリップ1)9・11の攻撃に関するとんでもない陰謀説を決して許してはならない。それはテロリストたち、罪深き者から非難の目を逸らそうとする悪質な嘘だ。
(クリップ2)世界各地のすべての国々は、今、決断しなければならない。我々につくか、テロリストにつくか、だ。

(September 11 Commission, Public Hearing)
RUDOLPH GIULIANI (Former New York City Mayor 1994 ? 2001): ノa much
calmer situation and a much better evacuation and these peopleノ
HYSTERICAL WOMAN: My son was murderedノmurdered
ANGRY REPORTER: Letユs ask some real questions. Letユs ask some real questions, is that unfair? And what about the bunker? You didn't ask him about the bunker? The office of emergency management bunker on fire.ハRemember this, your government funded and trained al Qaeda. Repeat it again, your government funded and trained al Qaeda.

(9・11委員会の公聴会)
ルドルフ・ジュリアーニ(前ニューヨーク市長 1994〜2001): ノノ
もっと落ち着いた状況で、より効率的な避難を、そしてこれらの人々がノノ
興奮した女性: 私の息子は殺されたんですノノ殺されたんです
怒りのレポーター: 本当の質問をしようじゃないか。もっと大事な質問をしようじゃないか、それはダメかい? あのバンカー(訳注:ニューヨーク市が7番ビルに仕掛けた緊急管理事務所のあだ名)はどうなった?彼にバンカーのことを聞かなかったじゃないか? 緊急管理局の事務所が燃えたこと。覚えてるだろう、この政府がアルカイダに資金を渡し、訓練したんだ。もう一度言うぞ、あんたの政府がアルカイダに資金提供し、訓練をしたんだ。

HOST: And now I ask all of America, and the people of the world, where's
your line in the sand?
デイヴ: そして今、アメリカと世界の人々に伺います。あなたはどちら側につきますか?
--------------------------------------------------------------

 次へ  前へ

戦争60掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。