★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争60 > 709.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ロシア学校占拠事件とプーチンの独裁(田中宇の国際ニュース解説) ―オリガルヒが米英の意を受けバサエフを支援したという見解
http://www.asyura2.com/0406/war60/msg/709.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 9 月 29 日 21:00:36:eWn45SEFYZ1R.
 

田中宇の国際ニュース解説 2004年9月28日 http://tanakanews.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ロシア学校占拠事件とプーチンの独裁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 9月初めにロシアの北オセチア共和国ベスランで起きた学校占拠事件は、
330人以上の犠牲者を出す大惨事になって終わった。事件後、チェチェン共
和国でロシア連邦からの分離独立を主張しているゲリラの指導者であるシャミル
・バサエフが犯行声明をインターネット上で発表した。ネット上での発表なの
で信憑性に疑いもあるが、バサエフはこれまでに何度も人質事件や爆破テロ事
件を起こし、それを自らの犯行として認めており、欧米やロシアの分析者たち
は、今回の学校占拠事件もバサエフが計画したものと考えていた。
http://www.themoscowtimes.com/stories/2004/09/20/001.html

(声明はリトアニアにあるチェチェン独立支持サイト http://www.kavkazcenter.com/
に出たが、このサイトはその直後にロシア政府からの圧力で閉鎖された)

 バサエフは、1994−97年にロシア軍がチェチェンに侵攻した際、ゲリ
ラ戦法でロシア軍を破って敗退させ、一時はチェチェン共和国だけでなく、周
辺のカフカス地方全体で英雄として知られていた。だがバサエフは、チェチェ
ンを含むカフカス全体がロシアの帝国的な強権支配に対抗して立ち上がり、ロ
シアからの独立を戦いとるべきだという理想を追求するあまり、戦争に疲れて
「ロシアの支配下でも良いから安定した社会を作った方が良い」と考えるカフ
カスの人々の傾向を嫌い、カフカス全体を混乱させてロシアとの戦いを永続化
しようとする戦法をとって、テロ的な事件を繰り返すようになった。

 その事件の一つが、今回のベスランの学校占拠である。カフカスの人々の間
では、バサエフに対する支持はかなり減っていると指摘されている。
http://www.themoscowtimes.com/stories/2004/09/21/006.html

 地元の人々の支持を失ったものの、バサエフを支援する勢力は他のところか
ら現れた。その一つは、ロシア当局内の反プーチン勢力である。また、プーチ
ンが大統領になるまでロシアの政権中枢を牛耳っていたが、その後プーチンと
の権力闘争に敗れて亡命や投獄を余儀なくされている「オリガルヒ」と呼ばれ
るロシアの数人の大富豪、特にその中でもロンドンに亡命しているボリス・ベ
レゾフスキーも、ここ数年バサエフを支援している。

 そのほか、アメリカの「ネオコン」勢力も、ベレゾフスキーがバサエフを支
援するようになってから、歩調を合わせるように「チェチェンの独立支援」と
いう形式をとってロシアを弱体化するための政治運動をワシントンで展開して
いる。(ネオコンは1999年に「チェチェンの平和のためのアメリカ委員会」
というチェチェン独立支援団体を作った) http://www.peaceinchechnya.org/

▼プーチンの独裁強化は政争の一部

 バサエフは、今回の学校占拠事件だけでなく、2002年のモスクワ劇場占
拠事件(約130人が死亡)、今年2月のモスクワの地下鉄駅での爆破テロ事
件、5月のチェチェンでのカディロフ大統領爆殺事件、6月にチェチェンのと
なりのイングーシ共和国で起きた警察署襲撃事件(警官ら90人が死亡)、
8月の飛行機墜落事件など、いくつものテロ事件を計画・指揮したことを認めて
いる。これらの事件はプーチンと、ベレゾフスキーらオリガルヒとの権力闘争
が激化した時期と一致しており、プーチンが独裁的な権力者として台頭し、ロ
シアが安定・強化されることを好まない勢力がバサエフのテロを支援したこと
がうかがえる。

(オリガルヒは1999年までのエリツィン政権時代にロシア政府を牛耳った
が、彼らはその権力を使って冷戦後のロシアをどう再生していくかという方向
性を持っておらず、自分たちの金儲けとロシアの混乱を持続させることしかや
らなかった。そのため、オリガルヒは、アメリカのタカ派やネオコンなど、ロ
シアを弱体化させておきたい米英勢力の意を受けた存在だったのではないかと
私は考えている。オリガルヒについては、以下の過去記事を参照してください)
http://tanakanews.com/e0309russia.htm
http://tanakanews.com/e0318russia.htm

 ベスランの学校占拠事件の直後、プーチン大統領はロシア各州の知事を直接
選挙制から大統領による任命制に戻すとともに、議会内の「無所属」の議員を
潰すことを目的にした議会選挙制度の改変(比例代表制の徹底)を決定した。
これは欧米などのマスコミからは「プーチンがテロを口実にロシアの民主主義
を潰し、独裁制を強化した」と批判されている。だが、エリツィンの時代に拡
大されたロシアの民主主義は、結局のところ政治的な混乱を広げただけだった。
http://www.themoscowtimes.com/stories/2004/09/17/006.html

 知事の任命制も議会の無所属追放も、ベスラン事件のずっと前からプーチン
が考えていたことで、学校占拠事件を「オルガルヒ対プーチン」の権力闘争の
一環として見るなら、テロによってロシアが不安定化させられることに対抗し
てプーチンが自らの独裁を強化することは理解できる。
http://www.iht.com/articles/539367.html

▼難しいロシアとチェチェンの和解

 とはいうものの、チェチェンに対するプーチンの政策は行き詰まっている。
今年5月に、親ロシアの姿勢をとりつつもチェチェンの人々にある程度の人気
があったカディロフ大統領をバサエフに爆殺された後、ロシア政府は8月末に
アルハノフという後任の大統領を「不正」と批判された選挙を経てチェチェン
に据えたが、アルハノフはFSB(ロシアの特務機関。かつてのKGB)の出
身であり、チェチェンの人々にほとんど信任されていない。

 アルハノフは弾圧の力を使ってしかチェチェンを統治できないだろうが、弾
圧を受けるほど人々はロシアを憎むようになる。チェチェンには、バサエフら
独立派を支持して戦争に巻き込まれることに疲れ「ロシアの支配下でも仕方が
ない」と思っている人が多いのに、プーチン政権はそれを活用して信任を集め
ることができない状態になっている。

 その一方で、もし今後ロシア軍がチェチェンから撤退した場合、その後のチ
ェチェンは安定せず、チェチェン人内部で部族どうしが対立して混乱する可能
性がある。冷戦後、チェチェンは1993−94年と97−99年の2回、ロ
シアの支配から出て自治や独立状態を経験したが、いずれもチェチェン人どう
しの派閥争いが激化し、最後はロシアの軍事介入を招いている。山岳地帯に住
むチェチェン人は、アフガン人などと同様、部族ごとの自主独立の気風が強く、
ロシアという巨大な敵の前では一致団結するが、それがいなくなると団結力が
弱くなる。

 チェチェンとロシアは、独立でも軍事支配でもない新たな共存共栄のメカニ
ズムを作る必要に迫られているが、敵対関係を払拭するのはかなり難しい状態
になっている。

▼当局は事件を解決したくなかった?

 ベスランの占拠事件には不可解な点が多い。その一つは、現場で指揮してい
たロシア当局者のやり方がずさんで、事件を解決する気があったのか疑問を抱
かせることである。

 立てこもり事件が起きたら、現場の治安部隊はその周囲を立入禁止にするの
が常識的な対応策だろうが、ベスラン事件の担当者たちは、それをやらなかっ
た。そのため、学校の近くまで武装した一般市民が入り込む事態となり、9月
3日午後に学校内で偶発的な爆発が起こって現場が混乱したとき、この「武装
市民」たちがいっせいに学校に向かって銃撃を開始して当局側も止められない
状態となり、多数の死者が出る惨事に発展してしまった。(爆発は、犯人の一
人が間違って爆弾の仕掛け線を引っ掛かけて起きたと考えられている)

 そのとき現場の学校内には、犯人側から信頼されて仲裁役となっていた隣の
イングーシ共和国のルスラン・アウシェフ元大統領がいた。アウシェフによる
と、爆発の後、銃撃が始まったので、携帯電話で犯人側と当局側の双方に電話
して銃撃戦を止めるように言ったが、双方が撃つのをやめたのに、まだ銃撃が
続いていた。撃っていたのは、爆発を機に勝手に現場に入り込んだ武装市民た
ちだった。犯人側は、これを当局側の突入と勘違いして銃撃を再開し、最後は
自爆した。その過程で多くの人質が撃たれて死んだ。武装市民たちは地元の自
警団だったのではないかとされているが、正体は不明のままだ。
http://chechennews.org/chn/0431.htm

 人質釈放に向けて犯人側と交渉しようとした人もいたが、そうした動きはあ
ちこちで妨害にあった。事件発生が報じられた直後、チェチェン人ゲリラの指
導者たちと親しいモスクワ在住のジャーナリスト、アナ・ポリトコフスカヤは、
チェチェンのアスラン・マスハドフ元大統領(現在はロシア当局に追われてチ
ェチェン領内に隠れている)に犯人側との交渉を仲裁してもらうのが良いと考
え、ロンドンに亡命しているマスハドフの側近に電話して話を進めた。(ポリ
トコフスカヤは2002年のモスクワ劇場占拠事件でも、犯人と当局との仲介
を行った)

 だが、その後ポリトコフスカヤが現場のベスランに駆けつけようとしてモス
クワから飛行機に乗ったところ、機内で出されたお茶に睡眠薬が入っていたら
しく彼女は意識不明になってしまった。その後、病院で手当てを受けて回復し
たものの、そのときにはすでに事件は悲惨に終結していた。ポリトコフスカヤ
は、同じ機内にFSBの特務機関員と思われる3人組の男たちが乗っており、
睡眠薬入りのお茶を出させたのは彼らだったのではないか、と書いている。
http://www.guardian.co.uk/russia/article/0,2763,1300414,00.html

 その一方で、犯人側は何カ月も前から犯行を計画し、夏休みに学校の校舎の
修繕工事が行われている最中に工事関係者を装って校内の床下に爆弾を隠すな
ど、入念な準備を行っていた。犯人たちが移動する際は、地元の警察官たちに
金をつかませ、チェックポイントでの検問を素通りしていた。
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&cid=589&ncid=734&e=4&u=/ap/20040916/ap_on_re_la_am_ca/russia_turncoat_terrorists

 しかも、入念な準備が行われた割には、30数人の犯人の中の2人の女性の
メンバーは、人質をとった後に「子供たちを人質にするのは良くない」とリー
ダーに反抗しており、リーダー格以外の犯人たちは事前にどのような犯行を行
うか知らされていなかった感がある。リーダーは、反抗したメンバーを別室に
入れ、そこで彼らの腰に巻かれていた自爆テロ用の爆弾を爆発させて殺してし
まった(他に1人の男性メンバーもリーダーに異議を申し立てて射殺された)。
http://www.thestar.com/NASApp/cs/ContentServer?pagename=thestar/Layout/Article_Type1&c=Article&cid=1094681412417&call_pageid=968332188854&col=968350060724

▼事件に荷担した当局者は誰か

 これらの出来事からは、ナショナリズムに燃えたチェチェン人やイングーシ
人がロシアの軍事抑圧をはね返すために立ち上がり、ゲリラ的な人質事件を起
こした、といった純粋な話ではなく、もっと政治的な謀略として事件が行われ、
ロシア側の当局の中にも加担者がいた可能性が大きい。

 このことと、プーチン大統領が事件後に自らの権限を急拡大させたり、マス
コミの報道を規制したりしたことを関連づけて「ベスラン事件はプーチンが起
こした謀略だ」と考える人もけっこういる。だが私から見ると、こうした考え
方は、ここ数年のロシアにおける権力闘争との関係で見る視点が欠けている。

 ベスラン事件にFSBなどの特務機関が関与していた可能性は強く、プーチ
ンがFSB出身であることも事実だが、FSBの内部には「シロビキ」と呼ば
れるプーチンが重用する愛国主義的な傾向が強い派閥と、オリガルヒやエリツ
ィン元大統領の側近ら「ファミリー」と呼ばれる派閥に近い勢力の、少なくと
も2つの流れがある。事件にFSBが関与していたとしても、どちらの派閥か
ということは判然としない。

 ロシアのチェチェン侵攻に先立って1999年夏にロシア各地で起きたアパ
ート爆破事件も、FSB長官から首相になったばかりのプーチンが、チェチェ
ン侵攻の口実を作るためにFSBを動かして行ったとする説が根強く、こうし
た見方の尻馬に乗ってオリガルヒのベレゾフスキーが「あれはプーチンがやっ
たのだ」と発言したりしている。

 私も以前はそう考えていたのだが、これもプーチン対オリガルヒの政治戦争
の一環として見た方が良いと、ロシアについて調べるうちに思うようになった。
そもそも、当時は首相のプーチンより、エリツィン大統領のファミリーを操っ
ていたベレゾフスキーの方が権力が強かった。プーチンではなく、FSBの中
でもベレゾフスキー配下の勢力がやった可能性すらありえる。

▼独裁を倒してもロシアは良くならない

 1990年代半ば以降のロシアにおいては、マスコミはオリガルヒの持ち物
であり、ベスラン事件で政府批判を展開してクレムリンから圧力を受け、編集
者が首にされた「イズベスチヤ」も、オリガルヒの一人であるウラジミル・ポ
タニンが所有している。ベレゾフスキーが所有する経済紙「コメルサント」も、
プーチン批判を展開しているが、これらの動きは「報道の自由」をめぐる問題
として見るより、政治闘争として見た方が良い。
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2004/09/12/wruss112.xml&sSheet=/news/2004/09/12/ixworld.html

 プーチンは確かに独裁者で報道の自由を規制しているが、プーチンが弱体化
し、ロシアが再び混乱して喜ぶのは、オリガルヒやネオコンである。自由や民
主主義、人権などを標榜しつつ「独裁者を倒せ」と叫ぶ勢力に賛同して独裁政
権を倒す戦争に賛成し、その結果、民主化どころか大混乱を招いてしまったこ
とを、私たちはすでにイラク戦争において経験したはずだ。

 ロシアだけでなく中国などをめぐる話にもいえるが、欧米人や日本人が「独
裁政治を倒せ」と叫ぶことは、ロシアや中国の人々の暮らしを良くすることに
はつながらず、英米の好戦的な勢力による巧妙な破壊作戦の一端を知らないう
ちに担がされていることになりかねない。

 バサエフによる独立戦争がチェチェンに安定と平和をもたらさなくなったの
は、1999年にバサエフが隣国ダゲスタンに侵攻する事件を起こしてからの
ことだが、この事件にはオリガルヒとアルカイダが協力し、そしてその背後に
はアメリカのタカ派やネオコンの戦略が存在していた。このことは、あらため
て書く。

【続く】


この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/e0928russia.htm
●関連記事

Putin, the Patriot: Justin Raimondo
http://www.antiwar.com/justin/?articleid=3598

Siloviki Versus Oligarchy
http://www.monitor.upeace.org/archive.cfm?id_article=107

Second Chechen War
http://en.wikipedia.org/wiki/Second_Chechen_War

Beslan Mastermind Had Accomplices in Ingush Interior
http://jang.com.pk/thenews/sep2004-daily/25-09-2004/world/w6.htm

Putin's Cold War Rhetoric After Beslan Signals Shift in Foreign Policy
http://news.ft.com/cms/s/46a0fa22-0b6b-11d9-b403-00000e2511c8.html

Neo-Cons Knee Deep in Caucasus Provocations
http://www.larouchepub.com/other/2004/3136neocons_caucasus.html

Going Soviet: Putin and the Beslan Response
http://www.eurasianet.org/departments/insight/articles/eav092204.shtml

Secretary says Russia has right to hit terror
http://www.washtimes.com/world/20040916-102059-3537r.htm

We must make common cause against barbarism - By William Kristol
http://news.ft.com/cms/s/5dbbbf26-01fc-11d9-8273-00000e2511c8.html
ネオコンの中にもプーチンの肩を持つものが現れた。最近、イスラエルのシャロン
首相とネオコンとが離反し始めたふしもある。

メール配信の中止やアドレスの変更は、
http://tanakanews.com/
からお願いします。アドレスを変更する場合は、古いアドレスを解除した後、
新しいアドレスで登録し直してください。
解除できない場合のみ、講読中のアドレスを明記し、経緯を書いてメールで
ご連絡ください。ご自分で解除を試みた経緯が書かれていない解除依頼は
お受けしません。

筆者への連絡は
http://tanakanews.com/sendmail.htm
からお願いいたします。

 次へ  前へ

戦争60掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。