★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ38 > 211.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
富士山頂、浅間大社所有に 判決から30年、国が譲与 [産経新聞]
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/211.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 12 月 17 日 20:32:24:Mo7ApAlflbQ6s
 


 国と富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)の間で長年宙に浮いていた富士山頂の土地所有権問題で、財務省東海財務局は17日、神社の所有権を認めた30年前の最高裁判決に基づき、土地を無償譲与する通知書を神社に交付した。

 裁判の過程では「日本のシンボルを私有地化するのは国民感情に反する」との議論もあっただけに、あらためて波紋を広げそうだ。

 土地譲与が長年遅れた理由について、東海財務局は「譲与には移転登記が必要だが、富士山頂は静岡、山梨両県の県境が未確定で土地表示がなく、登記できなかった」と説明。県境問題に進展がないため、神社側の要請を受けて先に譲与手続きを済ませることにした。

 譲与されたのは、富士山8合目以上の土地約400万平方メートルのうち、富士山測候所跡や登山道などを除く約385万平方メートル。神社側が古来より境内として実質管理していたが、明治時代に国有地に編入された。

 その後、宗教活動に必要な土地は無償譲与されることになったが、一部しか認められなかったため神社側が1957年に提訴。74年に最高裁で勝訴が確定した。

 同大社の渡辺新宮司は「これで所有権の手続きは済んだ。県境問題は、県民感情もあるので登記に向け時間をかけて解決したい」と話している。

 ■富士山頂の所有権問題 全国の浅間大社の総本宮、富士山本宮浅間大社が境内として管理していた山頂を、明治政府が太政官布告などによって国有地に編入。政教分離の新憲法施行により、宗教活動に必要な土地の無償譲与が決まったが、一部しか認められなかったため神社側が1957年に名古屋地裁に提訴。国会で審議されるなど政治問題にもなった。裁判で国側は「富士山は国民のものという国民感情がある」と公益上の必要性を主張したが、1、2審で神社側が勝訴、74年に最高裁で確定した。

(共同)

(12/17 19:04)


http://www.sankei.co.jp/news/041217/sha094.htm

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。