★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ38 > 288.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
南ア:エイズ治療薬で波紋 米政府が「モルモット扱い」と [毎日新聞]【アフリカへの供与は米政府とドイツ企業の「陰謀」と】
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/288.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 12 月 24 日 02:40:47:Mo7ApAlflbQ6s
 


 【ヨハネスブルク白戸圭一】エイズ感染者が世界最多とされる南アフリカで、政権党「アフリカ民族会議」(ANC)が党のホームページに、エイズ治療薬「ネビラピン」をアフリカに援助している米政府を「アフリカ人をモルモット扱いしている」と非難する文章を掲載、波紋を広げている。南ア政府はかねがね公立病院でのエイズ治療薬の処方に消極的なことで知られ、文章は患者たちに「処方をやめたい政府の本音」と受け取られ、不安が高まっている。

 発端はAP通信の今月13日の報道。米国立衛生研究所がウガンダでネビラピンの投与試験をした際、副作用データなどをブッシュ大統領に報告しなかったと報じた。文章は匿名で「アフリカ人をモルモット扱いできて幸せ」と同研究所を皮肉り、アフリカへの供与は米政府と製造元ドイツ企業の「陰謀」とした。

 南ア政府が公立病院でのネビラピン処方を始めたのは今年からで、処方を求めて患者団体が起こした裁判で敗訴したことがきっかけ。文章は「一体誰の利益に手を貸したのだ」と、提訴した患者団体をも批判しており、「政府の本音」と受け取られることに。

 患者団体「治療行動キャンペーン」のアハマット代表は南ア通信に「ムベキ大統領はエイズに対する見解を表明する勇気を持っていない」とし、文章が「党を通じた政府の見解表明」と表明。ANCは「公式見解ではない」と否定している。

毎日新聞 2004年12月23日 20時34分


http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/medical/news/20041224k0000m030063000c.html


 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。