★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ38 > 432.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ジャック・どんどんさん、ズバリでした。
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/432.html
投稿者 デラシネ 日時 2005 年 1 月 06 日 22:37:35:uiUTTMWMO8Vq6
 

(回答先: こういうことは、考えっれませんか? 投稿者 ジャック・どんどん 日時 2005 年 1 月 03 日 07:49:55)

http://yuk.oops.jp/diary12.html

12月29日水曜日      津波後の「海の民」情報

お世話になっている「海の民」の数人に国際電話をかけてみた。

しかし、誰にもかからなかった。
今回の大津波で、海岸沿いに並ぶ木材やトタンでつくられた家は崩壊し、通信手段も奪われたのではないかと想像できる。

何も情報がつかめないそんな時、チュラロンコーン大学社会調査研究所で働いているナルモン先生からMAILが届いた。
彼女は、ビルマ国境近いスリン諸島を拠点に暮らしている、「海の民」モーケンについて研究してきている人物であり、1996年にハワイ大学で博士号を取得している。

そのスリン諸島のモーケン族に関するMAIL情報を、以下に簡単に報告する。

「2004年12月28日9時15分に入ってきた情報によると、スリン諸島のボンベイ村のモーケンは、津波に襲われる前に、村の背後にある丘へ上ったので、全員が無事であるという。
しかし、村は完全に崩壊し、持ち物もすべてなくなってしまった。
スリンのモーケン約100名は、国立公園のボートで本土まで移動し、現在、パンガー県クラブリ郡にあるパーサン寺にいる。
この寺には、スリンのモーケン以外にも、プラトーン島に住むモーケンや、家を失った村人も集まっている。
モーケンの数人は、ラノーン県ラオ島に住むモーケンの親戚の家へ移動した。」

アンダマン海周辺の気候や海に関する知識を、誰よりも身につけているモーケンは助かった。しかし、プーケット島、ピピ島、ランタ島、ジャム島、リペ島、アダン島などに暮らす、他の「海の民」に分類されるウラク・ラウォイッの安否が心配でならない。
 

付記: タイに限っていうと(おそらくタイ以外もそうだと思うけれど)、島の地形にもよるが、基本的には、ホテルなどの宿泊施設やビーチは、美しい夕焼けを望める西海岸に集中しがちである。このことが、被害をより大きなものとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすがは「海の民」です。
他の「海の民」も、この調子なら大丈夫でしょう。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。