★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ38 > 482.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
2015年体制へのオリエンテーション
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/482.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 1 月 11 日 02:24:17:ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: ごきぶりの呼び名について、ほか私感 投稿者 竹中半兵衛 日時 2005 年 1 月 10 日 21:50:17)

竹中半兵衛さん。今年もよろしくです。コメント感謝です。
紹介ありがとうございました。
昨年の正月も竹中さんとは方言というか民俗について、雑談版でお話しさせて
いただきました。そして2005年になりました。


関東から京都に行くと、なんか時間帯が違って、外国にきた感じがあります。
京都はゆったりした時間が流れていて、なんか好きです。

関東に帰ってきますと、まずテレビを見ます。
寝るときもテレビをつけっぱなしであります。
一度、身体をテレビ電波に汚染させんと、メディア汚染身体へと転化せんと
関東では生き延びることがでいないと、からだがテレビを要求してしまうんです。

そして酒をひたすら飲みます。
酒でからだをしびれさせんと、徹底した市場主義の関東では生き延びることができんと
からだが思いこんでいるかのようです。おらは馬鹿であります。

ゴキブリですが、
アパートでおのれの精液を舐めさせる世代間実験をしてまいりました。
10年にわたる実験であります。
いま、おらのゴキブリは冬眠であります。
春になりますと、いよいよおらのゴキブリも近所世間様へ飛び出して行くのではないかと
思っております。

2015年体制への出発でもあります。

ノアとアダム・・・洪水と人間・・・
地球と人間の根源の関係を問いながら・・・旅が始まったのでしょうか・・・

イルミナティ万歳! フリーメーソン万歳!

今年はおらも昆虫ゴキブリへと転化し
昆虫情報体をまさぐっていくべぇと思っております。

六本木ヒルズをデジタルカメラで撮影したとき、あの巨大クモで出くわし
何故か嬉しくもなりました。「奴ら」の正体を見た感じであります。

幼少から24歳まで住んだ、おらの故郷、栃木県矢板市も撮りにいきました。
おらが新聞配達した町である末広町は跡形もなく、区画整理で光景は変貌。
ひとつの町を壊滅し、東京風の郊外に捏造するこの凶暴な思想には
階級的憎悪心に通低する感情がおらのなかで生まれます。
強制執行で三里塚農民の土地を収奪し、成田空港を捏造した思想こそ
関東の本性かもしれません。

イルミナティ万歳! フリーメーソン万歳!

死んだ親父の実家である本宅は、山も田畑もすべて失ったと
親戚の人から、聞いて帰ってまりました。
足利銀行破綻後の栃木県は、銀行からの融資もなく、他人の財産をどう奪うかを
めぐる弱肉強食のすざましい獣市場主義へ突入しているのでしょうか・・・
他人を食らいながら生き延びる・・・これが関東の地方経済なのでしょうか・・・

満州帝国を捏造したのは凶暴な関東軍でありました。


イルミナティ万歳! フリーメーソン万歳!

地方の零細企業への銀行からの融資をスットプさせ、地方経済を破綻させ
関東地方を凶暴地帯へと人心を変貌させる。
これが「奴ら」の戦略的戦争計画でもあります。

帝都東京圏のみが経済を謳歌しております。
そしてメディア身体の群れ・・・
これは「新15年戦争」なのでしょうか・・・

おらは貧乏のなかで、じっくりと昆虫ゴキブリへと変貌していきます。
そしておらのからだはゆっくりと昆虫情報体へと成っていくでしょう。

馬鹿は馬鹿なりに今年も生き延びていくつもりです。酒を飲むしかありません・・・
とほほ・・・

竹中さん。ありがとうございました。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。