★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ38 > 699.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
<女性殺人>18日ごとに起こる事件に福岡の住民不安
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/699.html
投稿者 オリハル 日時 2005 年 1 月 28 日 01:01:46:3eVpHzO3Pti46
 

(回答先: 666 ? 投稿者 オリハル 日時 2005 年 1 月 26 日 20:24:08)

社会ニュース - 1月25日(火)10時5分

<女性殺人>18日ごとに起こる事件に福岡の住民不安

 福岡市博多区の公園で女性会社員(23)が殺害された事件は、25日で発生から1週間になった。事件の18日前には、北九州市小倉南区でパート店員(62)が殺され、さらにその18日前に、福岡県飯塚市で専門学校生(18)殺害事件があった。3女性はいずれも、夜間や早朝の公園やその近くの路上で刺殺され、事件は未解決だ。1人で安心して歩けない「不安社会」。こうした犯罪への対応策を探った。【柳瀬成一郎、入江直樹、小畑英介】
 ■公園は真っ暗
 福岡の事件で、女性が殺害されたとみられるのは18日午前4〜6時。自宅から約2キロ離れた勤務先の福岡空港まで歩いて出勤途中だった。
 午前5時半、東区原田の女性宅前から空港まで歩いてみた。現場の大井北公園までは約1・5キロ。大半は幅約7メートルの片側1車線道路で、両側にガードレールで隔てた歩道(幅約1メートル)がある。
 周囲の民家から灯は漏れていない。街灯が10メートル間隔にあるが道は暗く、180センチ、95キロの男性記者でさえ恐怖を感じる。公園は真っ暗で「悲鳴を聞きつけても迷わず助けに飛び出せるか」と自問した。空港まで人や車とはすれ違わなかった。
 小倉の事件では、パート店員が昨年12月31日午前6時半ごろ、自宅から約1・8キロ離れた公園近くの路上で殺された。飯塚の専門学校生は友人宅から帰宅途中、公園で襲われ、同月13日朝、遺体で見つかった。二つの現場とも10〜20メートル間隔で街灯があるが、犯行時間帯は暗く、小倉では犬の散歩の老夫婦、飯塚では車2台と出合っただけ。
 ■地元不安続く
 小倉の現場近くのアパートに住む主婦(35)は事件後、自宅前の駐車場で車を降りる際に夫に携帯電話で連絡し、窓を開けて見守ってもらうことにした。
 飯塚市は、道沿いの高さ約3メートルの植木を切り、見通しをよくしたが、住民の不安は深い。近所の女性(56)は事件後、センサー式防犯灯をつけ、夜の外出は控えている。
 福岡の地元町内会は、住民によるパトロールも検討したが「巡回する人に危険が及ぶ恐れがある」として当面は注意を呼び掛けるにとどめた。
 ■どこでも被害
 福岡県警捜査1課幹部は「同種の凶悪事件が短期間に連続したケースは記憶にない」。更に「ビルの谷間など都会の死角ではなく、本来は、比較的人目につきやすい場所で起きたのが特徴」と分析し「どんなところでも被害に遭う恐れがあるという警戒心を持つことが大事だ」と語る。
 福岡県春日市の小2女児殺害事件(97年)を機に、住民らでパトロールを始めた「児童の安全を守る地域連絡協議会」の金子昌隆会長(51)は「暗がりの公園やグラウンドなど、危険な時間帯や場所をリストアップして効果的にパトロールすべきだ」とアドバイスした。
 県警は、事件に関する情報提供を呼び掛けている。県警本部092・641・4141。
 ◇相乗り型犯行かーー清永賢二・日本女子大教授(犯罪行動生態学)の話
 2、3件目は1件目に触発された相乗り型の犯行の可能性もある。個々人が防衛感覚をもって防御するしかない。一つは警察に積極的に情報提供すること。事件の前には必ず前兆がある。ささいな情報でも多数集まれば、警察は必ず前兆を見つけるはず。身を守るのも今や情報戦だ。
(毎日新聞) - 1月25日16時49分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050125-00000019-mai-soci

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ38掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。