★阿修羅♪ 現在地 HOME > Ψ空耳の丘Ψ38 > 917.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
325622 ローザ・ルクセンブルク論 れんだいこさんの人生学院
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/917.html
投稿者 乃依 日時 2005 年 2 月 19 日 06:09:18: YTmYN2QYOSlOI
 

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/marxismco/marxism_ronsoshi_rosa.htm
より、引用させていただきました。
-----------------------------


325622 ローザ・ルクセンブルク論

Dr.ローザ・ルクセンブルク
 1871年ロシア領ポーランドに生まれ。「資本蓄積論」を著作、何度も投獄の苦難を経てドイツ共産党を創立、1919年K・リープクネヒトと共にドイツ社会民主党出の司令長官ノスケの手先によって暗殺された女性革命家。

 概要「1918年の『ロシア革命』の中で、普通選挙も無く出版と集会の無制限の自由も無く、自由な言論闘争もなく、官僚機構のみが活動的な分子である。実際の権力は、傑出した知性を授けられた一ダースほどの党の指導者の手中にあり、労働者のエリートは、指導者たちの演説に拍手をし、提案された決議に満場一致で賛成するため、時たま集会に出席させられている。事実、あるのは一徒党の政府であり、確かに独裁であるが、プロレタリアートの独裁ではなく、一握りの政治屋たちの独裁、つまりブルジョア的な意味での独裁である」と、断言し、「公衆の監視が絶対に不可欠である」と、訴えている。

 26歳より48歳までの生涯を通じて、ドイツ社会民主党カウッキー一家とは親しい間柄にあり、「ローザ・ルクセンブルクの手紙、ルイーゼ・カウッキー編、初版1932年、岩波文庫」は、ローザ暗殺3年後の1922年、「裏切者、社会愛国主義者、シャイデマン派、背教者」の怒号の中で、カウッキー夫人が編集発行したもの。特に最後の数年間の手紙は、カウッキーとローザ・ルクセンブルクの友情が、国際的なありとあらゆる怒号の中にあっても元のまま、いや、ますます友情は深く、細やかになっていったことを読む者をして胸熱くさせる。 当時カウッキーに加えられていた鉄拳のすごさはレーニンのローザ評の中にも見ることができる。「これらの欠陥は、ローザの個人的欠陥ではなくて、カウッキー流の偽善、衒学、日和見主義に対する和平という、忌むべき網により四方八方からがんじがらめにされている、すべてのドイツ左翼の結果である」とし、カウッキー等を「労働運動の後方で糞土にまみれながらさえずえる鶏」になぞらえつつ、ローザを「高く飛ぶ鷲」の姿に例えている。

 ローザ自身もカウッキーのロシア革命時期尚早論を評して1917年4月、こんな激しい手紙を書いている。「ロシアの社会関係はプロレタリアートの独裁にまではまだ成熟していない!なんと独立社会民主党にふさわしい「理論家」でしょう!彼(勿論文中ではカール・カウッキーを指している)は、フランスも1789年と、それから1793年には「統計的」にみれば、ブルジョアジーの支配にまでは、なお一層成熟していなかった、ということを忘れてしまったのです!幸いなことに、歴史はもうとっくにカウッキーの歴史的処方箋通りには進んでいません。ですから私達は最善を期待しましょう。」と。

 しかし、70年後の今日、崩壊したロシア社会主義の誤りは、自国独裁権力集中を押し進めた過程において民主主義を踏みにじり、しかもロシアモデルを世界各国に押し付けた歴史的大失政にあり、その起因はカウッキーが当初執拗に主張していた歴史発展原則の無視にあったのではないか、今でも自分はそう思っている。民主主義を大切にしたカウッキーは間違っていなかった、自分はそう考えたい。


定年後の読書ノートより ここをクリックすると読書目次に戻ります

 レーニン(1870−1924)は、「これら一切の欠点にも関わらず、彼女は鷲であったし、また鷲であり続ける」と評価した。


--------------------------------------------------------------------------------

 マルクス主義は、プレハーノフによりロシアにも導入された。プレハーノフはカウッキー型の正統派マルクス主義の流れを汲み、1898年ロシア社会民主労働党が結成される。しかし、その内部で次第に、社会民主主義(大衆政党組織)を主張するマルトフ派と、暴力革命を主張するレーニン派とが対立し、主導権を争っていくことになる。1903年、ロシア社会民主労働党第2回大会で、両者は、党員資格問題で対立し、少数精鋭の職業的革命家に限定するのか否かを廻って激論が発生した。最終投票の結果、レーニン派が多数を占めてマルトフ派を破り、それ以降、党内の主導権を支配することになった。


--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

オットー・リユーレ
 ドイツの古参政治家。1920年5月ドイツ共産党から分離したドイツ共産主義労働者党から、実情視察のためロシアに数週間にわたって派遣された。その旅で彼は、ボルシェヴィキ党とヨーロッパ左翼の間にはいかなる共通原則もないと確認し、帰国後、ロシア革命の実態についての報告書を党に提出した。概要「ロシアにおいてカリカチュアと見えるものは、歴史的に乗り越えられたがゆえに間違ったシステムから生じている。中央集権主義は、資本主義・ブルジョア時代の組織原則である。この原則によって建設できるのは、ブルジョア国家と資本主義経済である。しかし、プロレタリア国家、社会主義経済ではない。後者は、諸評議会のシステムを要求する。ところが、ロシアにおいては、諸評議会は亡霊でしかないし、党の独裁的官僚制のいちじくの葉である。官僚制に支えられているロシア、それは結局、政治的・経済的な共産主義のカリカチュアであり、野蛮で不毛で耐え難い国家共産主義であり、野蛮で不毛で耐え難い国家的奴隷制度である。ロシアとは反対に、我々にとって問題なのは、大衆の発意を噴出させめこと、大衆を権力から解き放つこと、彼らの自意識を発展させること、彼らの自律的な行動を形成すること、そうすることによって彼らの革命への参加を促進させること、である」。


--------------------------------------------------------------------------------

大杉栄
1922年に、ロシア革命について、なぜ進行中の革命を擁護しないのか、その理由を次のように述べている。「ボルシェヴィキ政府に対する批評!僕はそれを随分長い間遠慮していた。僕ばかりではない。世界の無政府主義者の大半がそうだった。また、革命の最初には自ら進んで共産主義者らの共同戦線に立ったものも少なくはなかった。ロシアの無政府主義者らは、ほとんど皆そうだと云ってよかろう。ロシア以外の国の無政府主義者は、一つにはロシアの真相がよくわからなかった。そしてもう一つには、実際反革命が嫌だった。そして彼らは十分な同情をもって、ロシア革命の進行を見ていたのだ。が、真相はだんだんに知れてきた。労農政府すなわち労働者と農民との政府それ自身が、革命の進行を妨げるもっとも有力な反革命的要素であることすらが分かった。ロシアの革命は誰でも助ける。が、そんなボルシェヴィキ政府を誰が助けるもんか」。


--------------------------------------------------------------------------------

アントン・バネクーク
 オランダの評議会共産主義者。彼の思想の集大成である大著「労働者評議会」(1942−47年に執筆)の中で、ロシアで成立したのは国家資本主義であると規定した上で、ロシアの社会体制の本質を的確に表現した。「共産党は、外国向けの宣伝の中で、共産主義と世界革命について語り、資本主義を批判し、労働者達に、彼らの解放の為の闘争に合流するよう、訴え続けている。しかしその一方で、ロシアの労働者達が、奴隷化され搾取されている階級でしかないこと、言論・出版・結社の自由を奪われ、抑圧的で冷酷な独裁下にあり、西欧諸国の労働者階級よりもずっと手厳しく屈従させられているという、惨めな状態の中で大概の時間を過ごしている事実を、押し隠している」。


--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

 史上、社会主義体制下のソ連が長らく語られてきた。社会主義とは何か、自分で問い直すこともせず、ソ連の現実を知ろうともせず、自分の目で確かめることもなく、ソ連は社会主義国であるという歴史上の大詐欺に加担してきた知識人が多い。この事実は、知識人を自認、自称する人々が、いかに体制迎合的であるか、いかに人の尻馬に乗ってしかものをいわないか、いかに権威あるものによって既に公認されている見解に追随しているか、という、彼らの生態を見事に語っている。

 その同じ人々が、ソ連の体制が崩壊すると、今度は社会主義とは何かを考え直すこともなく、共産主義という壮大な歴史的実験は挫折したとか、社会主義思想はもはや意味を失ったとか、理想主義が現実主義に敗北したとか、陳腐な常套句を繰り返し、資本主義以外の別な社会の在り方を求めるのは全く無駄な努力である、資本主義こそ人類が生み出した最良の社会体制である、金儲けのおこぼれにあずかること以外に人間の幸福は無い、等々の、新手の詐欺行為を働いている。「新共産党宣言」(江口幹・三一新書・1998.3.31日)意訳


--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------


 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ38掲示板



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。