★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論20 > 179.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
天然ガス、石油は自然に生じ、有限の化石燃料ではないと言う著名な科学者
http://www.asyura2.com/0411/dispute20/msg/179.html
投稿者 万事急須 日時 2004 年 12 月 15 日 17:34:02:9cF6fjLpIkoG.
 

Natural Gas, Oil Occur Naturally & Are Not a Limited Fossil Fuel, Says Prominent Scientist

 天然ガス、石油は自然に生じ、有限の化石燃料ではないと言う著名な科学者

A lot of powerful interests use “energy shortage” scares to manipulate not only public opinion (particularly in regard to U.S. foreign policy toward oil producing nations) but also the price of oil itself.

 多くの強力な利権団体が「化石燃料の枯渇」という脅しを使い、大衆の意見(特に石油産生国に対するアメリカの政策について)と石油の値段を操ろうとしている。

However, the truth is that oil is not a limited resource, according to one of the world’s most prestigious scientists, whose views on the subject have not received the publicity they deserve. Dr. Thomas Gold contends, based on long study, that oil, natural gas and coal are not so-called “fossil fuels.”

 しかしながら、真相は、石油は有限資源ではないと、世界でも最も高名な科学者の一人は言う。トーマス・ゴールド博士は、長年の研究の結果から、石油及び天然ガス、石炭は、巷で言われているような「化石燃料(fossil fuels)」ではないと言う。

Instead, according to Dr. Gold, these resources are constantly being manufactured within the Earth by natural processes that are little understood and which point toward new, relatively unexplored realms in science.

 ゴールド博士によれば、これらの資源は常に地球内部で自然に形成されているという。この資源の形成プロセスについてはほとんど知られていないが、人類に対して新しい科学的な地平を開きそうだという事である。

In his book, The Deep Hot Biosphere: The Myth of Fossil Fuels, which is available in most bookstores, Dr. Gold has outlined the entirety of his theory.
Dr. Gold was the guest on the Oct. 28 broadcast of Radio Free America, the weekly call-in talk forum with Tom Valentine, sponsored by American Free Press. He and Valentine were joined by a longtime mutual friend, oil wildcatter John Ledbetter, who has used Dr. Gold’s research in his own oil drilling ventures.

 博士の著書である「深く熱い生物圏:化石燃料という神話(The Deep Hot Biosphere: The Myth of Fossil Fuels、全米の書店で購入可能)に、彼の理論の全貌のアウトラインが記載されている。
 ゴールド博士は10月28日のラジオ「フリー・アメリカ」(アメリカン・フリープレス出資)のゲストとして出演した。博士とホストのトム・バレンタインに、さらに博士の古くからの友人で、博士の理論を基に石油削屈ベンチャーを経営するジョン・レッドベターが一緒であった。

What follows is an abbreviated transcription of the broadcast. Valentine’s questions are in boldface. Gold’s responses are in regular text. Ledbetter’s comments are in italics.

 以下に放送の要約したものを転載する。


Your most controversial idea is the non-biological origin of natural gas and oil. You put forth the position that dinosaurs and plants and the fossils from those living beings are not the origin of oil and natural gas. Your theory was first publicly referenced in a book by your colleague, the late Fred Hoyle, one of the world’s leading physicists and astronomers, in which Hoyle had a chapter entitled “Gold’s Ore Theory,” the ore referring to the porous spaces in the Earth. What first prompted you to suggest that oil and natural gas is generated from a chemical substance in the crust of the Earth?

 司会:あなたの理論の最も注目すべき点は、ガスそして石油が生物起源ではないという点です。あなたは恐竜や植物や、その他の生物の化石は石油や天然ガスの起源ではないと主張しています。あなたの理論は最初、あなたの同僚によって引用され、後に世界をリードする物理学者であり天文学者であるフレッド・ホイルにより引用されました。ホイルは引用した際の章に、地球内部の多孔性の空間に存在する鉱脈、という意味で「神の鉱脈論」と付けました。あなたは最初、何から刺激を受けて、石油と天然ガスが地球内部の化学物質から生成していると考えるようになったのですか?

The astronomers have been able to find that hydrocarbons, as oil, gas and coal are called, occur on many other planetary bodies. They are a common substance in the universe. You find it in the kind of gas clouds that made systems like our solar system. You find large quantities of hydrocarbons in them. Is it reasonable to think that our little Earth, one of the planets, contains oil and gas for reasons that are all its own and that these other bodies have it because it was built into them when they were born?

 ゴールド博士:天文学者は炭化水素、即ち石油、ガス、石炭ですが、これらが他の幾つもの天体の内部で実際に生成されているという事について発見する事ができました。これらは宇宙ではよくある物質です。我々の太陽系を形成しているようなガス雲の中には、大量の炭化水素がある事を測定できます。それならば、同じ惑星の一つである、我々の小さな地球に関しても、他の天体が持っているような石油やガスが、地球が形成された時から既に内部に存在していると考えるのは合理的なことです。

That question makes a lot of sense. After all, they didn’t have dinosaurs and ferns on Jupiter to produce oil and gas?

 司会:その質問は非常に理解しやすいです。結局、木星には恐竜やシダがあって、そのお蔭で石油やガスがある訳ではないですからね。

That’s right. Yet, for some reason my theory was not heard. The old theory that it was all made from fossils had become so firmly established that when the astronomers had perfectly definitive evidence on most of the other planets, it was just ignored, especially by the petroleum geologists who had, by then, called these things “fossil fuels.” So once they had a name, then every body believed it.

 博士:仰るとおりです。しかしながら、幾つかの理由から私の説は信じられていません。石油が全て化石からできているという古い理論は非常に根強いもので、天文学者が他の天体に関するほぼ完璧な証拠を提示しても、それらはただ無視されます。特に、これらを「化石燃料」と呼称する石油地質学者にです。一度誰かが名前を付けたら、みんな信じ込んでしまったと言う訳です。

The oil geologists have carved a niche for themselves and they are perceived now to “know more” about how oil was supposedly formed from dinosaur bones than anybody. However, you have taken your theory (which argues against the traditional theory) and have gone one step further by saying that there is a biosphere; that living entities (fungi, microbes, etc.) are not necessarily just the ones we see on the surface of the Earth but that living creatures are deep in the Earth which could have given rise to creatures on the surface.

 司会:石油地質学者は自分達でその地位を作り上げた訳であり、どのようにして恐竜の骨から石油ができるかについて誰よりも「よく知っている」と思われている訳ですね。しかしながら、あなたの理論はこの古くからある理論とは異なり、さらに、石油形成には、我々が普段目にするような生物圏、つまり菌類や細菌類等を含めた生物の全てが必要なく、地下深くの所で石油を形成している存在があり、それがその形成物を地表にまで押し上げているという事かもしれない、というのですね。

I will tell you why this had to be so and why I became convinced. In the whole petroleum and coal story, there is this extraordinary paradox that all of these substances contain some biological material. But the chemistry in detail fits it better, as many chemists have said, with the theory of a primordial hydrocarbon mixture (say an oil or gas mixture) to which biological products have been added. That was one aspect that has been quite firmly noted by many Nobel laureate chemists and others.

 博士:私が何故この理論に確信を持つように至ったのかをお話します。石油と石炭には、普通でないパラドックスがあるのに気付きます。それは、これらは皆生物由来の物質を含んでいるのですが、多くの化学者が言うように、始原的な炭化水素の、石油かガスの混合物があって、それに生物由来物質が紛れ込んだと考える方が、理論としてすんなりと合致している感じを受けるのです。これは多くのノーベル賞受賞化学者を含む化学者がとても強調している点です。

So every time they find oil deep in the ground and they analyze it chemically, they are effectively supporting your theory?

 司会:それでは、地中深くに石油を発見して、それを化学的に分析する度に、あなたの説が正しいという事が証明されているのですか?

Absolutely. That has been known, also, for quite a large number of years since the mid-1950s.

 博士:おっしゃるとおりです。それは1950年代中頃から長年に渡って知られていました。

Human skull fossils have been found in anthracite coal in Pennsylvania. The official theory of the development of coal will not accept that reality, since human beings were not around when anthracite coal was formed.

 司会:人骨の化石が無煙炭となったものがペンシルバニアで発見されています。公式説は、石炭の形成に関しては、無煙炭が形成する際に、周囲に人間が発見されていないので、あなたの仰るような現実を受け入れていない事になりますね。

That’s right. Coal was formed millions of years ago.

 博士:その通りです。石炭は何百万年も以前に形成されたからです。

However, you cannot mistake the fact that these are human fossils. Nonetheless, your theory explains how this could come about.

 司会:しかしながら、人間の化石が無煙炭となった事は事実です。あなたはこれについてどのように説明されますか。

The La Breatarpits in Los Angeles have saber toothed tigers and all kinds of things in them. But the only thing which, at the present time, you can see anything that would make coal of the kind that we mine (usually at a very shallow level) are the big tar pits and tar lakes, such as the one at La Brea and ones in Trinidad.

 ロサンジェルスにあるラ・ブレアタルピッツには、サーベルタイガーの化石を含め全ての物があります。ただ、現存する中で、我々が掘り出す物で石炭のような物になりそうな物は、通常とても浅い所にある物ですが、ラ・ブレアやトリニダードにあるようなタールの池や湖です。

The coal we dig is hard, brittle stuff. It was once a liquid, because we find embedded in the middle of a six-foot seam of coal such things as a delicate wing of some animal or a leaf of a plant. They are undestroyed, absolutely preserved, with every cell in that fossil filled with exactly the same coal as all the coal on the outside. A hard, brittle coal is not going to get into each cell of a delicate leaf without destroying it. So obviously that stuff was a thin liquid at one time which gradually hardened.

 我々が掘り出す石炭は固くてもろい物です。それは、過去には一度は液体でした。なぜなら、我々は6フットの石炭層の中間に、壊れやすい鳥類の羽や木の葉が埋まっているのを発見できるからです。これらは傷がなく、非常によく保存されており、内部の細胞の中の石炭は外部環境の石炭と全く同一です。硬くてもろい石炭は、このようなデリケートな木の葉の細胞内に入っていくような事は有り得ません。つまり、明白に、これらの物質は一度は液体で、それが徐々に固まっていったと考えられるのです。

The only thing we find now on the Earth that would do that is petroleum, which gradually becomes stiffer and harder. That is the only logical explanation for the origin of coal. So the fact that coal contains fossils does not prove that it is a fossil fuel; it proves exactly the opposite. Those fossils you find in coal prove that coal is not made from those fossils. How could you take a forest and mulch it all up so that it is a completely featureless big black substance and then find one leaf in it that is perfectly preserved? That is absolute nonsense.

 我々が地球上で見られる唯一のこれに関する事象は、石油が徐々に固形化し、硬くなるという事だけです。これがただ一つの石炭の起源に関する論理的な説明です。石炭が化石を含んでいるという事実は、それらの化石から石炭ができているという事の証明にはなりません。どのようにしたら、森林全体に根覆いをして、完全に特色のない、黒くて大きい物質にし、その中に完全な一枚の葉っぱがあるというような状況を作ることが可能でしょうか。そのような事を考えるのは全く意味がありません。

Where then does the carbon base come from that produces all of this?

 司会:それでは、そのような石炭を形成するのに必要な、炭素の基質というのはどこから来るのですか?

Petroleum and coal were made from materials in which heavy hydrocarbons were common components. We know that because the meteorites are the sort of debris left over from the formations of the planets and those contain carbon in unoxidized form as hydrocarbons as oil and coal-like particles. We find that in one large class of meteorites and we find that equally on many of the other planetary bodies in the solar system. So it’s pretty clear that when the Earth formed it contained a lot of carbon material built into it.

 博士:石油、そして石炭は原子量の重い炭化水素を含む物質からできています。我々は隕石は惑星の形成過程において外に飛び出した残骸だと知っていますが、それらは酸化されていない炭素を炭化水素、すなわち石油や石炭様粒子として含んでいます。我々はある大きいクラスの隕石や、他の多くの太陽系の天体においてそれを見つけています。ですから、地球が形成された時に、大量の炭素が含まれていたという事は明白と言えます。

Your book points out that there are all sorts of life forms within the Earth.

 司会:あなたの本では全ての種類の生物が地球内部に存在すると指摘していますね。

It was an unthinkable thing, when this discovery was made, that there were life forms that did not depend on life on the surface, such as the process called photosynthesis where we find chemical energies created from the sunlight. That had been thought to be the only way life was to be supported. And here we find gasses and liquids coming up from cracks in the ocean floor which feed enormously intense forms of life, which includes quite large creatures. It is only because we found and saw some of these large creatures that this was discovered. However, the principal things that are living there are microbial, which feed the large creatures.

 博士:光合成の発見された後では、地表の生物に頼らない生物、つまり光合成といった太陽光から化学的エネルギーを作り出す生物に頼らない生物というのは考えられない事でした。これが生命が生きていく為の唯一の方法であると考えられてきました。そして、私達はガスと液体が大陸棚の裂け目から上昇して、それが相当に大きな動物を含めて、多様な種類の生命の栄養となっているのを発見しました。しかしながら、海底に住む主な種類の生物はバクテリアであり、それがさらに大きな生物を養っている訳です。

To verify your theories, you participated in the drilling of an unusual oil well in Sweden. Please tell us about that.

 司会:あなたの理論を証明する為に、あなたはスウェーデンで特別な掘削を行いましたね。その事について話して頂けますか。

I was responsible for initiating the drilling of two quite deep wells in a huge meteorite crater in central Sweden. The reason I was interested in that was be cause it was in pure granitic rock with not a stitch of any sediment―nothing biological, just hard brittle rock.

 博士:私はスウェーデンで、巨大なクレーター内部での2箇所の深部掘削の責任者でした。私がこの事に興味を持ったのは、このクレーターは純粋な花崗岩でできており、沈殿物が何もなかったからです。何も生物学的なものがなく、ただ硬くもろい岩でした。

To the average oil geologist that kind of area would be a wasteland.

 司会:普通はそのような地域は、石油地質学者によれば石油は出ない地域とされるでしょうね。

They thought I was absolutely crazy to get the Swedes to drill there.

 博士:彼らは私がスウェーデン人にそこを掘らせるのは、全く馬鹿げた事だと思ったようです。

We were not able to produce commercial quantities of oil, because of the bacteriological content which clogged up the wells, but the bacteria which were living there were on the oil that was coming up. The bacteria that were captured at the various levels were just exactly those that would only reproduce at the elevated temperatures that, of course, occur at the various levels. There was no question that these were microbes from down there that were living, in fact, on the oil and gas as their principal food source and that this was their supply of energy.

 我々はバクテリアの固まったものがあったために、商業に適した量の石油を掘り当てることはできませんでした。しかし、そのバクテリアは石油の内部に住んでいて、石油は発見出来ました。深度別にバクテリアを調べてみると、当たり前ですが、ちょうどその深度の温度で生息できるような種類のものでした。これらの地中に住んでいるバクテリアが、石油とガスを主要な栄養として繁殖し、それらがエネルギー源となっている事は疑いようがありません。

Let me tell you why I was convinced. We first pulled up 80 barrels of oil, so this was not just trace amounts. Yet, I had been told by I don’t know how many traditionalists that this was an absolutely mad place to look for oil.

 私が確信した事をお教えします。我々は最初、80バレルの石油を引き上げました。これは痕跡程度の量ではありません。しかしながら、私はいったいそれまでに何人の古い理論の支持者から、石油を探しにここを掘るのは完全なキチガイだと言われたか分かりません。

Meanwhile, based on the Swedish results, the Russians have drilled 300 deep holes in granitic rock of this type in Russia and found oil in most of them. The White Tiger field off the coast of Vietnam is producing at a very good rate now from granitic-based rock, so we know that this whole story is correct.

 一方、スウェーデンでの結果から、ロシア人が、ロシアで300箇所のこのような巨大な岩場を掘り、殆どの場所で石油を発見したという事でした。ベトナム沖のホワイトタイガーフィールドも、同様な巨大な岩場から石油を非常によい率で産生しており、我々は以上の話の全体が正しい事と知ることができます。

You were confident that this drilling would be successful in Sweden, despite the naysayers, weren’t you?

 司会:あなたは大きな反対にもかかわらず、このスウェーデンでの掘削が成功する事に確信を持っていたのではないですか?

Well, there was sort of a great intellectual puzzle in the whole oil and gas business, and it was the following: All oil and gas areas contain unquestionably biological molecules. There are degrees of complexity that could not be found without biology. There not only had to be something alive, but it had to be in large quantities.

 博士:ええ、石油ガスビジネスには知的パズルのような側面があります。すべての石油とガス生産地からは、疑いなく生物由来の物質が出ています。生物学なしでは分からない複雑な問題があるようです。それら生物由来物質は、生きているバクテリアである必要はないのですが、大量に発見されることが重要です。

Another thing is that oil, consistently, the world over, contains a large concentration of the natural gas helium, which is totally chemically unconnected to biology. There is no biological material that could have attracted it or produced it. It’s an element, so it cannot be produced.

 他に石油について特筆すべき点は、世界のどこでも、常に天然のヘリウムガスを高濃度に含んでいるという点です。これらのヘリウムガスは、生物とは完全に関係のない物質です。生物がヘリウムガスを生産したり集積したりすることはありません。これは化学反応を起こさない元素で、生体内には存在しない物ですから、生物がこれを生産することはできないのです。

The great puzzle was why the helium, an unrelated substance to anything biological, was found in petroleum. The helium could only have become concentrated by mechanical pumping, because nothing chemically would affect the helium at all. The only way you can concentrate it is to mechanically pump it and it occurs diffusely distributed in the rock, but it is highly concentrated by a huge factor just in oil. So how would oil, if it is derived from dinosaurs and plants, have concentrated the helium? It is out of the question.

 非常に大きな問題として、なぜ生物とは全く無関係であるヘリウムが、石油から見つかるのかという点があります。化学的に全く反応をしないヘリウムを濃縮するには機械的方法によるしかありません。ヘリウムを地中に濃縮する唯一の方法は、機械でヘリウムガスを地中に送り込んで岩の中に浸透させることですが、ただ実際になんらかの方法によって、ヘリウムガスは石油の中に高濃度に濃縮されて存在している訳です。それならば、仮に恐竜や植物から石油が生じるというのなら、一体どうやってヘリウムガスが石油の内部に濃縮されて存在すると言うのでしょうか。これは全く問題外の考えです。

The only way in which the helium could have become concentrated would be if when it was diffusely distributed in all the porous spaces in the rock that another substance in large quantity came charging through those porous spaces and held the spaces open with high pressure. Oil pumped up whatever residual gas was mainly in those porous spaces. Then, when it comes to shallower levels―which is where we eventually find it―the oil contains whatever it has pumped up from deep levels below.

 ヘリウムが石油に濃縮されうる唯一の方法は、他の物質に由来する大量の高圧のヘリウムが、石油の存在する多孔性のスペースに拡散していくというものです。石油が上昇するのは、そのような多孔性スペースに残存ガスが充満している時に起こる現象です。そして、それが地表付近に達すると、深部からの物質を含んだ石油が湧き出してくるという訳です。

The puzzle was that this nonbiological material was highly concentrated by a factor of perhaps a thousand in oil and so were the biological molecules. It was a puzzle as to why those two contradictory things came together.

 問題の答えは、非生物学的なヘリウムは、他の石油内の生物物質と同様に、1000以上の様々なメカニズムにより高濃度に濃縮されたのだろうという事です。また以上の説明がこれらの2種類の矛盾した物が同時に入っていることの答えでもあると思います。

How about magnetite (that is, iron)? What part does it play in your theory?

 司会:マグネタイト(鉄)についてはどう思われますか?あなたの論ではマグネタイトはどういう扱いになっていますか?

The thing is that microbes can live on petroleum where it is oozing up from deep below only if they can loosen some oxygen. Hydrocarbons are only useful for energy and microbes need an energy supply which can be used for the combustion process. That needs oxygen. Without oxygen, all of the coal in the world would be useless to you.

 博士:微生物が深部から沸きあがってくる石油で生きられるのは、その中に酸素が含まれている場合に限ります。炭化水素はエネルギーではありますが、微生物はそのエネルギーを燃焼させるのに必要な物質を取り入れる必要があります。その為には酸素が必要です。酸素無しでは、世界中の石炭は我々にとっても不要なものになってしまうでしょう。

Microbes have no free oxygen like we have in the atmosphere, so they have to find their oxygen from materials that are buried in the rocks. There the substances that are the most prolific suppliers of oxygen are iron oxide and sulphur oxide.

 微生物は我々が大気から得られるような酸素がないために、岩の内部から酸素を取り出す必要があります。岩の内部にあるもっとも有用な酸素供給源としては、酸化鉄や硫黄酸化物があります。

What we have found for a long time to the puzzlement of many petroleum geologists is that petroleum bearing areas have magnetite, a less oxidized form of iron, and sulphur and sulphides, which are compounds of sulphur, but not oxidized.

 我々が発見したことで、長い間石油地質学者にとっての謎となっていた事は、石油産生エリアでは酸化度の低いマグネタイトが見つかり、また酸化されていない硫黄や硫化物が発見される事です。

So to get that kind of magnetite around the oil, microbes consumed some of the oxygen to make the magnetite out of the ferrous iron that is in the rock. This proves that there is a biological factor at play.

 司会:そのような石油と一緒に発見されるマグネタイトは、微生物が岩の中にある酸化鉄の酸素を消費したために、酸化されていない形となって発見されるという事ですね。これは生物学的な要素が関わっているということの証明になります。

Actually, the magnetite grains are very tiny and no such tiny ones occur naturally without biology. They are clearly biological products and there is no question that we found this in huge quantities in Sweden. Probably all the iron mines in Sweden that started the big Swedish iron industry are the same as what we found at our oil drilling. A great deal of the microbic activity found in the crust of the Earth is what we find in mining operations.

 博士:実際、そうして見つかるマグネタイトの粒子は非常に小さく、生物学的な事を考慮しなければ、このような小さいマグネタイトが自然に形成されるという事は考えにくいのです。これらは明白に生物由来の物質と言え、我々がスウェーデンで発見したものがそれであるという事には疑いの挟みようがありません。おそらくは全てのスウェーデンでの大きな鉄鉱山は、我々が掘削で発見した鉄と同起源のものだと思います。地球内部の微生物の活動は非常にスケールの大きいものだということが我々の掘削で明らかになった事です。

Many metal deposits that are totally unexplained, where the textbooks say that they have never been able to find any reason why these metals clustered together, can be explained. The answer as to why they got concentrated is because at depth at high pressures, it is very much easier to make complex molecules that contain metals. Then they come up and disintegrate and leave the metal atoms behind and that’s why we find copper and zinc and lead.

 何種類もの金属物質の鉱床は全くその起源について説明がされておらず、教科書にはこのような金属がなぜ集まってきたのかは誰も明らかにすることができていないと記述してあります。それらが濃縮されたことに対する答えは、深く、圧力の高い場所では、微生物にとって金属を含んだ複合分子を形成するのが非常に容易であるという事です。それらはその後上昇し、分解して、金属原子を放出し、そして我々に銅や亜鉛や鉛の鉱床となって発見される訳です。

What about the methane balls that are being found at the bottom of the ocean?

 司会:海洋底で見つかる球状のメタンについてはどうですか?

That’s methane hydrate. Any place on the ocean floor that is cold and high pressure allows an ice that is a mixture of methane and water to form methane hydrate. In other words, methane has come up everywhere and met up with the water and there it makes the methane hydrate ice. It is thought that the total amount of the element carbon that is sitting on the ocean floors in the form of methane hydrate is more than all the coal and oil that we know of.

 博士:それはメタンハイドレートと言います。低温で高圧な海底であればどこでもメタンと水の混合した氷からメタンハイドレートが形成されます。言い換えれば、どこからでも噴出したメタンは水と混合してメタンハイドレートの氷となるという事です。海底の炭素のメタンハイドレートとしての総量は現在我々が把握している全ての石炭と石油内の炭素の総量よりも多いのではないかと思われています。

Your work contends that there is so much natural gas in the earth that it is causing earthquakes in trying to escape from the Earth. We could probably harness natural gas anywhere we wanted if we would just study your work. This is John Ledbetter:

 司会:あなたの論では、地中には大量の天然ガスがあり、それが外に出ようとするときに地震を起こしていると強く主張されています。我々はおそらく、あなたの説を勉強することにより、どこからでも天然ガスを見つけることができるのかもしれません。ジョン・レッドベターさんです。

If you’ll drill deep enough anywhere, you will find natural gas. It may not be in commercial quantities every time, but more than likely it will be. This whole thing involving the supposed scarcity of gas and petroleum and all of the politics that goes along with it―in the face of the findings of Dr. Gold―makes you wonder what everybody is really up to.

 ジョン・レッドベター:もしも地中を十分に深く掘り進めば、どこからでも天然ガスを発見する事ができる訳です。それは常に商業利用に適する量であるとは限らないかもしれませんが、おそらく実際に使える量である可能性のほうが高いでしょう。これらの全てのゴールド博士の発見された事は、ガスや石油が枯渇していると指摘する論とそれに乗っている政治について、我々が実際に今どのような状態にあるのかという事を考えさせるに足るものだと思います。

Is the oil and gas industry reconsidering things in light of your work?

 司会:石油ガス産業はあなたの理論を基に今まで信じられて来た事を考え直そうとしているのですか?

In many other countries they are listening to me: in Russia on a very large scale, and in China also. It is just Western Europe and the United States that are so stuck in the mud that they can’t look at anything else.

 博士:他の多くの国では、私の主張が採用されています。ロシアでは非常に大規模にやられていますし、中国でも同様です。ただ、西ヨーロッパ諸国とアメリカだけが、泥中にずっぽりと嵌っていて、他のものを見ようとしない様です。


http://www.americanfreepress.net/RFA_Articles/Natural_Gas__Oil_Occur_Natural/natural_gas__oil_occur_natural.html


Thomas Gold:The Deep Hot Biosphere
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0387985468/104-0275492-6199166?v=glance

 次へ  前へ

議論20掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。