★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 183.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
保険商品の銀行窓販、大詰めで揺れる 生保が抵抗 [朝日新聞]【郵政民営化も反対すればよかったになるかも】
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/183.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 10 月 11 日 18:50:48:Mo7ApAlflbQ6s
 


 銀行ですべての保険商品を販売できる「保険商品の銀行窓口販売(窓販)解禁」が大詰めで揺れている。12月に解禁される「株式などの証券仲介業」とならんで「保険」は金融ビッグバンの総仕上げとなる。金融庁は、金融審議会(首相の諮問機関)の報告を踏まえ、来年4月から部分解禁を拡大し、07年4月をメドに全面解禁する方針だ。しかし、大手生命保険会社は「徹底抗戦」の構えを見せており、出口が見えない状況になりつつある。

 日本版金融ビッグバンの流れはすでに定着している。12月からは、銀行と証券の垣根を実質的に取り払うことにつながる銀行の証券仲介業が可能となる。保険についても金融審は3月、3年後の全面解禁を盛り込んだ報告をすでに示していた。金融審には銀行、保険の業界代表者も加わっている。金融庁は報告を既定路線とし、業界との調整を始めていた。

 ところが、生命保険協会の宇野郁夫会長(日本生命社長)が8月、金融庁に五味広文長官を訪ね、全面解禁反対を改めて主張。一気に不透明感が高まった。

 金融庁に監督される立場の保険業界では「最後は金融庁の意向を受け入れるのが常識」(大手生保役員)だった。しかし、今回は他の大手生保も宇野会長を支持。「普段は意見の相違が目立つ各社だが、全面解禁には徹底抗戦で一致している」(大手生保役員)と本気ぶりを強調する。

 突然の変心とみえるが、業界は「一貫して反対だった」という。歯止めとなると見ていた「銀・証の垣根」があっけなく突破されたことが生保側の危機意識を高めたとみられる。大手行の再編が進み、銀行・証券・保険業務を一手に手掛ける「ユニバーサルバンキング」が実現すれば、「大銀行の下請け的存在に成り下がってしまう」(大手生保首脳)という不安は、現実味を帯びてくるからだ。

 生保を取り巻く経営環境の厳しさも背景にある。主要9社の04年3月期決算をみると、個人向け保険の保有契約高は7年連続で減少。従来型の死亡保障保険が売れず、長期的な生保離れが続く。低金利が続くなか、運用利回りが契約者と約束した予定利率を下回る「逆ざや」の解消のめども立たない。 (10/11 10:23)



http://www.asahi.com/business/update/1011/001.html

 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。