★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 209.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
禁じられた保証付き融資、56億すべて焦げ付く [読売新聞]
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/209.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 10 月 13 日 03:55:52:Mo7ApAlflbQ6s
 


 金融機関の中小企業向け融資に、各地の信用保証協会が連帯保証する「信用保証制度」で、昨年度までの3年間、粉飾決算をするなど融資が本来禁じられている企業への貸し付けが全国で138件計56億円実行され、そのすべてが焦げ付いていることが、会計検査院の調査でわかった。

 うち9割は金融機関の事前審査を通っていた。貸し倒れの急増で、同制度には年4000億―6000億円もの国費が投入されているため、検査院は「審査態勢を見直さないと、制度の崩壊を招く危険がある」と指摘している。

 金融機関が中小企業に資金を貸し出す際、全国の信用保証協会が連帯保証する「保証付き融資」は昨年度、138万件計15兆円実行された。一方、融資先の倒産で、各協会が肩代わりした代位弁済の総額は昨年度、1兆円を記録し、各協会が加入する中小企業金融公庫の「信用保険事業」は4300億円の赤字を計上した。

 検査院は、巨額の焦げ付きが生じるのは、協会の審査で、問題のある融資先を排除できないことに原因があるとみて、全国の52協会のうち、東京や大阪、北海道など24協会を対象に、過去3年間に焦げ付いた1500件総額820億円について、融資先が倒産した背景などを調べた。

 その結果、▽粉飾決算をしていた(23件15億円)▽法人税や社会保険料を滞納していた(30件21億円)▽高利金融から簿外で借り入れをしていた(68件14億5000万円)▽資金繰りに詰まって融通手形を振り出していた(17件5億5000万円)――といった企業への貸し出しが、138件56億円に上ることがわかった。

 これら4つのケースは、中小企業庁の要綱で原則的に融資を禁じている「ネガティブリスト」に該当していたが、協会の審査では見抜くことができなかった。

 検査院が、審査をした24協会を調べたところ、職員の多くが焦げ付いた融資の回収などにあたり、審査要員が不足している実態も判明。また、ネガティブリストにあたる不正を見抜くためのマニュアルを整備しているのは、5協会だけだった。同制度を使った融資は、金融機関にとっては、保証協会から確実に回収できるため、「事前審査はずさんになりがち」と指摘されていた。

(2004/10/12/14:31 読売新聞 無断転載禁止)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20041012it06.htm

 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。