★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 295.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ベーカー元国務長官はイラクの債権放棄を世界各国に迫りながら、クウェートの債権は回収してカーライルへ
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/295.html
投稿者 TORA 日時 2004 年 10 月 17 日 18:59:08:CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望

http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu81.htm
--------------------------------------------------------------------------------

ベーカー元国務長官はイラクの債権放棄を世界各国に
迫りながら、クウェートの債権は回収してカーライルへ

2004年10月17日 日曜日

◆Bush special envoy embroiled in controversy over Iraq debt
http://www.guardian.co.uk/Iraq/Story/0,2763,1326037,00.html

イラクの負債に関する論争にブッシュの特使を巻き込みました

コンソーシアムは、ベーカーが2000億ドル負担を終了してくれるように国々に依頼するとともに現金化することを計画します。

ナオミ・クライン
2004年10月13日(水)
ガーディアン

機密文書によれば、イラクの圧倒する負債を許すように世界に説得しようとしているブッシュ大統領の特使(ジェームズ・ベーカー)は、同時に、イラクから金銭を取り戻そうとしている商取引のために働いています。

ベーカー氏のカーライル・グループはハイ・レベルの政治的影響力の使用により、270億ドルを集めようと秘密にするつもりのコンソーシアムにクウェート(イラクの最も大きな債権者のうちの1人)を代表します。それは、ベーカー氏が個人的に利益を得ないだろうと主張します。しかし、コンソーシアムは料金、従者および委任でその結果何百万を作ることができました。

英国を含む他の国々は、ベーカー氏によってその2000億ドルの返済を新しいイラクの政権から取り除くように促されました。イラクは英国におよそ10億ドルを負います。

国際的な1人の弁護士はコンソーシアムのスキームを、「最も愚鈍な種類の斡旋収賄」と評しました。

ジェローム・レビンソン(ワシントンのアメリカン大学の政治的・企業倫理のエキスパート)は、保護者に伝えました:「コンソーシアムはクウェートの政府に言っています、「私たちによって、あなたは、負債の本質的部分を実現するただ一つの機会を得ています。なぜ?誰のために、私たちはそうです、そして、私たちは誰を知っているか。」

ジョージ・ブッシュがベーカー氏(元国務長官)を、2003年12月5日の彼を使節に任命した時、彼はベーカー氏の仕事を「高貴な使命」と呼びました。しかし、ベーカー氏は、さらにマーチャントバンクおよび防御契約者における報告された1億8000万ドルの利害関係を持った、上級のカウンセラーおよび株式所有共同経営者(カーライル・グループ)です。

ニューヨーク(それは今日、ガーディアンウェブサイト上で公表される)で国家マガジンによって得られたドキュメントによれば、クウェートの政府がイラクからクレームを保護し実現するのを支援する機密の65ページの提案は、コンソーシアムからクウェートの外務省へ1月に送られました。

2004年8月6日付けの手紙で、コンソーシアムは、国のイラクからの未払いの負債が「切迫したように危うくなっている」とクウェートの外務省に通知します。

「イラクの債務救済を協定するブッシュ大統領の彼の使節としての元国務長官ジェームズ・ベーカーの任命」によって証拠づけられるように、世界の世論は債務放棄に有利に傾いている、と別の文字が警告します。

コンソーシアムの提案は脅威を完全に綴ります:公的債務中のイラクからその300億ドルのうちのどれでも見るのにありそうもないクウェートであるだけではなく、しかし、イラクがサダム・フセインの1990年の侵入からのクウェートに負う戦時賠償での270億ドルは「この米国[債務救済]努力の当事者であるのはもっともです。」

この脅威に直面して、コンソーシアムはそのサービスを提供します。前のハイ・レベルの米国およびヨーロッパの政治家のその登録簿は、「予期される交渉でのステイクホルダーとの個人の関係」を持っており、「国連、およびキー大文字で重要な意志決定者に連絡することができます。」

キャサリーン・クラーク(ワシントン大学の法学教授、および政府倫理および規則上の第一人者)は、ベーカー氏が「古典的利害衝突」にいることをこれが意味したと言いました。

「ベーカーはこの処理の2つの横にいます:彼は米国の利益を表わしていると思われます。しかし、彼はさらにカーライルの上級のカウンセラーです。また、カーライルにクウェートがイラクからその負債を取り戻すのを助けるために支払われたい。」

彼女は次のように付け加えました:「カーライルおよび他の会社は、米国の政府の利益をむしばむクウェートとの取り引きを降ろそうとするためにベーカーの現在位置を開発しています。」

昨夜、カーライル・スポークスマンは、会社がベーカーの約束の後にその関与を縮小したと言いました:「カーライル・グループもジェームズ・ベーカーも、クウェートの政府へのこの提案を書かなかったか、編集したか、認可しました。ジェームズ・ベーカーが特使と命名された時、カーライルはクウェートを代表して資産を単に投資することに明示的にその役割を制限しました。提案が生産され送られた前に、それはそうでした、ジェームズ・ベーカーがプレーする活動、役割はない、の中で、および、利益、から。」

ドキュメントによれば、カーライルは、クウェートの政府から取り引きの一部として異常な10億ドルの投資を得ようと努力しています。

主な提案は、未払いのイラクの負債で570億ドルの所有権を転送するでしょう。その負債は、キープレーヤーがカーライル・グループ、オルブライト・グループ(もう一人の元国務長官、マデレン・オルブライトによって率いられた)および他のいくつかのよい血縁関係のある会社であるコンソーシアムによって作られコントロールされた基礎に割り当てられるでしょう。

取り引きの下では、クウェートは、さらにカーライルに行くその半分と共に、コンソーシアムによって考案されたプライベート・エクイティ・ファンドに投資するためにコンソーシアムに20億ドル与えるでしょう。

その後、コンソーシアムは、イラクがクウェートへのその再定量支払いを「最大限にするに違いない」ことを世界のリーダーに納得させるためにその人間関係を使用するでしょう。より多くの物、コンソーシアムはイラクを期間の間払わせます、コンソーシアムまたはさらにが5%の委任をとって、より多くのクウェートが集まります。

イラクの債務能力を最大限にするゴールは、徹底的にイラクの資金負担を縮小する定期の米国外交政策目標と直接矛盾します。

クリス・ウルマン(カーライルのワシントンのスポークスマン)は、カーライルのための10億ドルの投資がクウェートの提案の一部であるのに会社が気づいていると言いました:「私たちはそれに気づいていました。しかし、私たちはその投資を獲得する際に役割を果たしませんでした。」

「したがって、喜んで10億をとりました、しかしそれを得ようとしないこと」彼は次のものに答えました:「正確である」

ウルマン氏は、ベーカー氏が提案された10億ドルの投資から利益を得ないだろうと言いました。「私たちは適所にコントロールをしています、それはパートナーがどのように償われるか規制する、私たちは巨大なバックオフィスを持っています。私たちはメカニズムを持っています。」

カーライル・コンソーシアムがベーカーの約束の時の負債に関するクウェートの政府との交渉中だったとホワイトハウスが通知されたかどうか尋ねられて、彼は次のように言いました:「私はその上であなたに戻りましょう。」

機密文書では、コンソーシアムは、ベーカー氏の米国の政府のためのカーライル・パートナーおよびさらに負債使節の両方としての地位の感度を鋭く意識しているように見えます。

カーライルに関連した強力な選手をすべてリストする直後に - ジョージ・ブッシュ前大統領、前首相ジョン・メージャーおよびベーカー氏彼自身を含みます、ドキュメント状態:「戦略を作る際に、これらの個人が助けになる役割を果たすことができる範囲は、社長の国際的な負債中の使節としてのベーカー長官の最近の任命および明白な利害衝突を回避する必要により今もっと制限されています。」

しかし、それは、これがまもなく変わるだろうと次に述べます。

「私たちは、ベーカー長官の彼の仮設陣地からの引退を備えたそれを信じます[負債使節として]、その後、カーライル、およびカーライルに関連した主要な個人は自由にもう一度より決定的な役割を果たすことができるでしょう。」

に(2004年1月21日、集中したそのベーカー氏の二重生活)でした。あの朝、ベーカー氏はブッシュ氏の負債使節としてクウェートへ飛びました。彼はクウェートの首相、その外務大臣、およびイラクの負債を許してくれるようにそれらに依頼する、述べられたゴールを持った他の数人のトップの審判に会いました。

ベーカー氏のコンソーシアムの同僚は、外務大臣へのそれらの十分な提案を手渡しするその同じ日を選んだ、モハマド・サバal-セーレムal-サバ(ベーカー氏が会っていたのと同じ人)。

添え状はオルブライトさんによって署名されました;デービッド・ヒューブナー(Coudert兄弟法律事務所(もう一人のコンソーシアム・メンバー)の議長);またShahameen Sheikh(インターナショナル戦略グループ(この取り引きのためにコンソーシアムによって作られた会社)の椅子およびCEO)。

Shahameen Sheikh(この人は引き渡した)は、それが一致であると言いました。「それは全くベーカー氏の訪問と関係がありませんでした...私は地域にいました。したがって、私は、私はヨーロッパへ行く途中で上方へ止まり提案を伝えよう、と思いました。」

提案「考慮に入れる、地域で発展した新しい力学。」オルブライトの文字を述べる- 債務救済についての「ベーカー長官の交渉」を含んでいる力学。

クウェートがコンソーシアムの申し出を受ければ、それは「私たちは、アメリカが今、そのために容赦を求めている、クウェートのクレーム(法律上道義的に)と公的債務を区別するでしょう」と述べます。

イラクは世界の最も極度に負債のある国です。先の12月ベーカー氏を任命した時、ブッシュ大統領は、「この負債はイラクの政治的な健康および好景気の長期的な前途を危険にさらす」と言いました。

その時に、批評家は、ベーカー氏が適切な選択だったかどうかに対する懸念を示しました。しかし、ホワイトハウスはそれらを無視しました。ブッシュ氏はリポーターに保証しました:「ジム・ベーカーは高い完全の人です。私たちは前へ出て、かつアメリカのために役立つ活発な生活であるもののタイムアウトをとることに彼が決めて幸運です。」

ウルマン氏はその時にベーカー氏のポストを言いました「カーライルに影響を及ぼさないだろう、何でも。」

ベーカー氏の約束が発表される前の日、ジョン・ハリス(カーライル・グループの常務取締役)は、アルベルト・ゴンザレス(社長への相談)へのステートメントに署名しました。それは、カーライルが「ロビーイングかコンサルティングに従事せず」、「カーライルがイラクの公個人の負債の中に投資をしていない」、と述べました。

ドキュメントによれば、そのステートメントの時に、カーライル・コンソーシアムは、イラクからの修理負債に「保護と通貨制定のために詳細な金融提案を準備する」クウェートの政府からのその割り当てへ少なくとも5か月でした。

割り当ては2003年7月16日に保護者が得たファイルによればロンドンで、クウェートの政府関係者との高官レベルの会議で意見が一致していました。

クラークさんは、両方の犯罪者および規定する制定法が、それらが職員を雇用する外部の会社に影響する問題を含む経済的利害関係を持っている政府ビジネスに参加することを政府高官に禁じたと言いました。

ゴンザレス裁判官へのステートメントで、ハリス氏は次のことを書きました「ベーカー長官は、将来の利点の彼の協力シェアを放棄しました。もしあれば、それは、彼の公務との矛盾を構成するかもしれません。また、彼は特別の官公吏として仕事からカーライル協力収入によって個人的に利益を得ないでしょう。」

しかし、クウェートとの提案された取り引きは非常に大きいので、ベーカー氏が次のものに役立つとどのように妨げることができたか確かめるのは難しい:カーライルは10億ドルの投資を降ろすかもしれません。それは会社の自己資本資金の10%です。

また、提案の下では、会社は少なくとも12年間その投資から利益を得るでしょう。

クラークさんは次のように言いました:「ベーカーがこの取り引きから利益を得ることからなんとかして遮られていても、カーライルはそれら自身に役立つベーカーの政府立場を使用しています。」

彼女は、ホワイトハウスが真実を語るのが時間であると言いました。「透明のすさまじい必要がここにあります。」

レビンソン氏によって、「それらが提案していることは完全にベーカーの使命の価格を下げることです―また、それらは、クウェートの総理大臣秘書官の下で、アフマッドal-Fahadへのベーカーとの接続を使用しています、今週言った:「私はそれを見ました[提案]および私は状況に完全に気づいています。」

しかし、ベーカー氏の2重の役割について尋ねられて、彼は次のように言いました:「特に今、その問題に関してコメントするのは難しい。私は、あなたが完全に理解することを望みます。」


(私のコメント)
この記事はガーディアンの記事の翻訳ですが、この記事を見ればアメリカ政府のやっていることは暴力団のやっていることとなんら変わりがない。クウェート政府に対してイラクへの貸金を回収してあげるから、回収した金の半分を手数料としてよこせとベーカー氏は持ちかけた。イラクからは石油が出るから、その利益から貸金の回収は楽に出来るだろう。イラク新政府はアメリカの傀儡だからアメリカ政府の言いなりだから、どうにでもなる。

ブッシュ政権は2000億ドルもの債権放棄を世界各国に迫りながら、カーライルに投資すればイラクからの貸金返済を取り立ててあげますという商売はぼろい儲けをカーライルにもたらすだろう。これがイラクではなく北朝鮮なら取り立てようにも、荒れ果てた痩せた大地しか無いからカーライルも商売にならない。だからアメリカはイラクに戦争を仕掛けたのだ。

おそらくこのようなニュースは日本の新聞記事にはならないだろう。日本の新聞社はほとんどがアメリカの言いなりの記事しか書かないから、日本国民はアメリカ政府の実態を知る事が出来ない。日本はイラクやアフガニスタンへの債権放棄をアメリカから求められれば、小泉首相は二つ返事で応じたのみならず、復興資金援助も膨大な金額を応じている。その金はどこへ行くのか?。それはアメリカの投資家グループへ行ってしまう。

アメリカの軍隊と言うのは借金の取り立て屋のようなもので、本質は暴力団となんら変わりがない。イラクに大量破壊兵器などないにもかかわらず、因縁をつけて殴り込みをしてそこへ居座り、金目の物を差し押さえて持ってゆく。戦後の日本へもアメリカ軍は居座り続けているが、日本国民はその実態を知らないのだ。米軍の銃口は日本の政治家や官僚たちへ向けられて、日本を守るために駐留しているのではない。

日本政府は居座り続ける米軍に対して毎年6000億円もの「みかじめ料」を支払っている。さらには日本はアメリカに対する最大の債権国でありますが、暴力団に金を貸しているようなものだから返って来るあての無いのは言うまでもない。返してもらおうと言うのなら戦争になるから日本は泣き寝入りするしかない。

今までならこのような事を書いても誰も信用しませんでしたが、ガーディアンの記事を読んでもらえば、アメリカが暴力団みたいなものであることは信じてもらえるだろう。このような事は英語の記事が読める人でなければ、今までは知られませんでしたが、インターネットで英語の情報が直接手に入るようになりました。しかも翻訳ソフトがあれば手間もかからずに読む事が出来るようになった。

今までは「The翻訳Ver7」を使っていましたが、新しく「The翻訳Ver9」を買ったので試してみました。今では翻訳ソフトは日進月歩で信じられないほど精度は向上しているし、安く買えるようになりました。竹村健一氏などよく英字新聞を広げて解説していましたが、これからは英語に全く弱かった人も世界の英語情報が読めるようになった。私のサイトも米政府機関や米軍が読みに来ていますが、翻訳ソフトを使って読んでいるのだろうか。


 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。