★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 356.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
UFJ統合問題 金融庁と三菱東京FGの確執【日刊ゲンダイ】次元が低い「役人的恫喝vs,名門のプライド」
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/356.html
投稿者 天地 日時 2004 年 10 月 21 日 21:03:32:IVYNMLFehyE6c
 

【この会社の人と事件】
 2004年10月15日 掲載  
UFJ統合問題 金融庁と三菱東京FGの確執

次元が低い「役人的恫喝VS.名門のプライド」

 UFJグループと統合する三菱東京フィナンシャル・グループ(MTFG)が、金融庁と水面下でバトルを展開しているという“奇怪情報”がある。
 UFJの統合問題では三井住友銀行があれこれとチャチャを入れているのはご存じの通りだが、「金融庁の意向はMTFGとの統合を望んでいて、三井住友に勝ち目はない」(事情通)というのが金融界の一致した見方。ところが、一枚めくるとまったく別の動きが続いているというのだ。MTFG関係者が言う。
「金融庁は当初、MTFGとりそなグループとの統合を打診していた。りそなGをいつまでも国有化状態にしておくわけにもいかず、経営状態のいいMTFGに引き取ってもらおうとしたのです。しかし、MTFGは『比較的好調な埼玉りそななら考えるが、りそなG全体はチョット……』と難色を示した。旧大和銀行の不良債権がお荷物になったからです。そこにUFJ問題。金融庁はMTFGにUFJ案件を持ちかけた。MTFGが思案中にマスコミが“両行統合”を報じたため、流れが加速しましたが、金融庁とMTFGは感情的な対立が残ったのです」
 なぜか? 金融庁が三菱自動車の一件を持ち出してMTFGを揺さぶったからだという。
「自動車は金融庁の管轄外ですが、旧三菱銀行からの三菱自動車への融資問題を口実に『社会問題になる』と迫った。それだけ金融庁がUFJグループとの統合に焦っていたということですが、プライドの高いMTFGはカチンときた。そんな感情的なこじれが両者をしっくりいかせていないのです」(関係者)
 確かに三菱グループにとって自動車はお荷物。先週から始まった欠陥隠しの裁判でも、元経営陣は犯意を否認して世間の顰蹙(ひんしゅく)を買っている。三菱自動車のデタラメ経営を放置してきた三菱グループの責任は重いが、それを理由に統合を迫る金融庁のお役所体質も大いに問題である。【笹子勝哉】

 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。