★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 568.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
日テレ、有価証券の訂正報告 [読売新聞]
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/568.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 11 月 06 日 01:15:33:Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 渡辺恒雄氏名義株、実際は読売が保有 日テレが報告訂正 [朝日新聞] 投稿者 あっしら 日時 2004 年 11 月 06 日 01:13:34)


 日本テレビ放送網は5日、有価証券報告書の一部記載について、訂正報告書を関東財務局に提出した。

 今年3月期の有価証券報告書で、株主は、読売新聞グループ本社8・4%、渡辺恒雄会長・主筆6・35%とされていたが、渡辺会長名義分について、「実質所有者は株式会社読売新聞グループ本社である」と注記を付した。

 また、同グループ本社を日テレの関係会社として追加記載した。同様の訂正は、過去5年度分にさかのぼって行った。

 日テレと読売新聞社は1971年、両社の親密さを示す象徴として、新聞社所有の株式の一部を当時の代表者の名義とした。この慣行が30年余り続き、代表者が交代するつど、名義の表示を変更していた。

 代表者の住所地は自宅ではなく、「東京都千代田区大手町1−7−1、読売新聞社内」とし、個人所有ではないことを示していた。

 株券は新聞社が保管し、配当の受け取り、課税処理なども新聞社が行っていた。こうした実態は税務当局にも報告し、了解を得ていた。

 この間の90年、株主側に大量保有報告書の提出義務を課す「5%ルール」が制定されたが、読売新聞社は同報告書には、この制度発足当初から一貫して、代表者名義分も「保有者・読売新聞社」と実態通りに記載していた。

 しかし、日テレ提出の有価証券報告書とは記載が不一致となっていたため、訂正した。今回の手続きはすべて、関係当局との協議を踏まえて行った。

 ◆日本テレビ総合広報部の話「読売新聞社との親密さのシンボルとして、形式的な名義表示の慣行が引き継がれてきました。上場廃止基準などに触れるものではなく、大量保有報告書との不一致を訂正したもので、法律的には問題ないが、コンプライアンス(法令順守)の観点から、誤解を受けないよう訂正しました」

(2004/11/5/23:54 読売新聞 無断転載禁止)

http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20041105i314.htm

 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。