★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 686.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
G20財務相・中央銀行総裁会議、為替問題や原油高を議論へ【ロイター】
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/686.html
投稿者 最大多数の最大幸福 日時 2004 年 11 月 17 日 02:55:21:d1qFhv8SE.fbw
 

[東京 16日 ロイター] ベルリンで19日から20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が開催される。為替問題や原油高が世界の経済動向とあわせて議論される見通し。
 谷垣財務相は16日、10月のG7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)から変動している為替相場について、G20財務相・中央銀行総裁会議では、「ひとつの議論の焦点になることは間違いない」と指摘。原油高も議論になると述べた。
 今回で6回目を迎えるG20会議は、米大統領選後という絶好のタイミングで開かれるだけに、「米国の為替・経済政策をめぐり外為市場で注目が高い」(財務省幹部)。谷垣財務相は自らのベルリン行きを強く望んでいたものの、山場を迎えた三位一体改革(国と地方の税財政改革)のとりまとめに忙殺されるなか、代わりに田野瀬副大臣が出席する方向だ。
 G20会議はもともと、アジア通貨危機の教訓から、先進国と新興市場国が金融システム強化や通貨安定などを話し合う場として1999年に創設された。危機対応色が当初は強かったが、その後は原油高やテロ資金対策など、その時々の主要な国際経済問題を幅広く議論する場となっている。
 メンバー国は、主要7カ国、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、南アフリカ、サウジアラビア、トルコなど。2003年に世界のGDPの8割、人口の6割を構成。エネルギー需要の高い中国、インド、ロシア、ブラジルのいわゆるBRICs4カ国や、サウジアラビアなど産油国を含む。
 外為市場では、二期目をむかえるブッシュ政権は自然なドル安を黙認する形で、巨額の経常赤字の調整に取り組むとの見方が根強い。1999年末に初会合が開かれたベルリンで、再び開催される今回のG20会議は、米国の為替スタンスや原油高の世界経済への影響を確認する場として注目が高まっている。

 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。