★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 992.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
キレイな空気を取り戻せ!ディーゼル車の挑戦[インテリジェンスの業界レポート]←東京から「環八雲」が消える日
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/992.html
投稿者 傍らで観る者 日時 2004 年 12 月 08 日 08:52:21:ayjHlPlEsGXTU
 

引用: キレイな空気を取り戻せ!ディーゼル車の挑戦


2005年秋から世界でもっとも厳しいとされる新長期排ガス規制が施行される。現行基準に対して排ガス内のPM(粒子状物質)の85%を削減するというハードルの高い基準が設けられている。さらに11月に入り環境省は、2009年に新長期排ガス規制の半分のPM量を目標とするポスト新長期排ガス規制を施行すると発表した。

ポスト新長期排ガス規制、09年実施に


規制の効果は非常に高い。新長期排ガス規制に先立ち、平成15年10月より施行されたディーゼル車排ガス規制はめざましい効果を上げた。平成14年3月末に20万2000台だった不適合車が15年9月末には4万4000台まで減少、PM排出量も年4200トンから年1900トンへと大幅に減っている。

規制の施行でキレイな空気の中で暮らせるようになるのはうれしいが、メーカーに与えられた条件は厳しい。PMはガソリン車からはほとんど発生せず、ディーゼル車が最大の原因だ。規制が施行されれば、ディーゼル車自身の存続が危うい。PMを新長期排ガス規制の基準値以下まで減少させるには燃焼系からマフラーまですべてを見直さなければならず、将来はハイブリッドエンジンやDME(ジメチルエーテル)エンジン、CNG(圧縮天然ガス)エンジンなどの非ディーゼルエンジンへの切り替えも必要になるだろう。生産ラインも含めた見直しが必要となり、相応のコストがかかる。ただし一方では新長期排ガス規制により2006年上半期にはトラック特需が起こると見る向きもあり、痛し痒しといったところだ。


次世代低公害車開発促進プロジェクトの成果は?


国土交通省では平成14年度から3カ年計画で「次世代低公害車開発促進プロジェクト」を推進、産官学協同で次世代低公害車の研究開発を行っている。ハイブリッドバスやDMEトラック、CNGトラックなどが研究されており、ポスト新長期排ガス規制にも対応した低排出性の実現が目標だ。

同プロジェクトのテーマのひとつに次世代ディーゼルエンジン「スーパークリーンディーゼルエンジン」がある。NOx(窒素酸化物)の排出量が新長期排ガス規制の規制値の1/10以下、PMが1/2以下とほぼハイブリッドエンジン並みの低排出性を実現する。秘密はターボチャージャーだ。PMは不完全燃焼が原因で発生するが、通常の1.5〜2倍の超高過給を行うことで燃料を完全に燃やしきり、PMの発生を抑えるというわけだ。


さらに尿素SCR触媒マフラーを使うことで、PMとともに規制対象となっているNOxも除去、規制に対応することになる。尿素SCR触媒はNOxに尿素水が加わると化学反応により水と窒素に分解されることを利用したものだ。日産ディーゼル工業はスーパークリーンディーゼルエンジンと基本的な発想を同じとする超高圧燃料噴射と尿素SCR触媒をトラックに搭載、市販車として初めて新長期排ガス規制に対応した。発表時には株価が上がるほどの反響を呼んでいる。

こうした規制に加え、エコロジーが会社のイメージアップにつながるとあって、アイドリングストップ運動など環境に優しいことをPRする企業も増えている。


ミヤマ株式会社の「エコドライブナビゲーションシステム MHS-01」はそうしたトラックを対象にした製品だ。リアルタイムに燃費を表示、燃費が悪化すると低燃費での運転をするようにアラート表示を行う。CO2削減とともに、燃料コスト削減や安全運転も実現するわけだ。

こうした試みが積み重なっていけば、少しずつ空気はキレイになっていく。東京から「環八雲(東京都内を走る環状八号線に沿って、天気の良い日の午後に出現する有害物質を多く含む雲)」が消える日もそう遠くないだろう。


 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。