★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > IT7 > 166.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Windows XP SP2用“緊急”アップデートが公開,ダイヤルアップ・ユーザーは注意(ただし副作用大)【ITPro】
http://www.asyura2.com/0411/it07/msg/166.html
投稿者 バルタン星人 日時 2004 年 12 月 17 日 07:07:59:akCNZ5gcyRMTo
 

「深刻」で「緊急」なのはMSの開発部隊だろう。経験則(笑)から行けばSP3ぐらいまではまとも、その後はおかしくなってくるのがMSの相場だったのだが。SP2でこの体たらくでLongHornってホントに出るのか疑問。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Windows XP SP2用“緊急”アップデートが公開,ダイヤルアップ・ユーザーは注意
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20041216/153976/

 マイクロソフトは12月16日,「Windows XP Service Pack 2(SP2)用の重要な更新プログラム(Critical Update)」に関するサポート技術情報を公開した。同情報によると「XP SP2でWindowsファイアウォールを設定した後,ダイヤルアップ接続を使用してインターネットにアクセスすると,コンピュータがインターネット上のすべてのユーザーからアクセス可能になる場合があ」るという。この不具合を解消するための更新プログラムはWindows Updateなどから適用できる。

 今回サポート技術情報が公開された「Windows XP 用の重要な更新プログラム (KB886185) パッケージ」で解消される不具合は,XP SP2のWindowsファイアウォールが原因。具体的には,「ユーザーのネットワーク (サブネット) のみ」オプションを使用している場合,Windowsファイアウォールがローカルのサブネットをきちんと解釈できないことが原因であるという。

 この重要な更新プログラムは,12月の“月例”セキュリティ情報が公開された12月15日には公開されていたと考えられる(関連記事)。このため,Windows Updateを利用してパッチを適用しているユーザーなら,この更新プログラムも適用している可能性が高い。

 しかしながら,この重要な更新プログラムは「12月のセキュリティ情報」には含まれていない。このため,ユーザーによっては適用できていない場合がありうる。冒頭で書いたように,この更新プログラムで解消される不具合は,ダイヤルアップ・ユーザーにとっては極めて危険なものである。ダイヤルアップ・ユーザーは,再度Windows Updateを実施するなどして,この更新プログラムがきちんと適用できていることを確認したい。

 なお,同サポート技術情報によると,この重要な更新プログラムを適用すると,「ユーザーのネットワーク (サブネット) のみ」を使用するポートの例外やプログラムの例外を,ダイヤルアップ接続では使用できなくなる。このため,現在利用しているアプリケーションなどに問題が発生する恐れがある。回避方法やWindowsファイアウォールの詳細については,同サポート技術情報や「Windows XP Service Pack 2 の Windowsファイアウォールを手動で構成する」などを参照してほしい。

 次へ  前へ

IT7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。