★阿修羅♪ 現在地 HOME > IT7 > 321.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
大手ISP、会員のウイルス感染に強硬姿勢で対応【japan.internet.com】ユーザーのモデムを強制停止
http://www.asyura2.com/0411/it07/msg/321.html
投稿者 名無しB 日時 2005 年 1 月 30 日 22:39:46: 0lJ1dbid3G/dc
 

(回答先: いきなり警察に踏み込まれて、PC押収なんてのがこれからあるかもしれないですね。 投稿者 感想 日時 2005 年 1 月 29 日 22:13:15)

http://japan.internet.com/
http://japan.internet.com/busnews/20040319/11.html
--------------------------------------------------引用始め
大手 ISP、会員のウイルス感染に強硬姿勢で対応

著者:Colin C.Haley
▼2004年3月19日付の記事
■海外internet.com発の記事

大手ブロードバンド ISP のComcast(NASDAQ:CMCSA) は、
同社ブロードバンドサービスを使って Web 接続している
コンピュータのうち、ウイルスに感染し知らぬ間にスパム
送信マシンと化したもの ―― いわゆる「スパムゾンビ」 ――
に対して、厳しく対応する姿勢を打ち出した。

Comcast はユーザーに対し、ウイルススキャンとファイア
ウォールのソフトウェアを必ずインストールするように要請し、
ウイルス感染が発覚した利用者については問題が解消するまで
ブロードバンド接続を停止すると通達している。

同社ではここ数週間、セキュリティ強化対策を実施しなければ、
接続サービスの提供を停止するという警告の通知を送りつけ、
顧客を驚かせている。Comcast から届くメッセージには、
「お客様のマシンが未承諾 Eメールの送信に関与していることを、
当社は確認いたしました。これは Comcast のサービス利用規約に
違反する行為にあたります」と書いてある。

未承諾 Eメールの大量送信に関与してしまう原因としては、
サーバーにセキュリティ対策が施されていないことや、無線
接続スポットが適切に設定されていないことも考えられるが、
最も可能性が高いのは、ユーザーのコンピュータが「トロイの木馬」 ――
自前の SMTP エンジンを備えてポートを開く、悪意あるファイル ―― に
感染していることだ。感染したマシンは「ゾンビ」と化し、
他のサーバーに対する DoS (サービス不能化) 攻撃や、スパムの
中継に荷担する。

「ゾンビ」マシンは ISP の帯域幅やストレージ資源を浪費
させるものだと、ウイルスおよびスパム対策業者Sophos
上席セキュリティアナリスト、Chris Belthoff 氏は言う。
また、スパムに関する苦情を顧客サービス担当者が記録するのに
時間をとられるため、サポートセンターにも見えないコストが
発生していることになる。

関連記事
スパムメール、CAN-SPAM Act 発効後も増加
スパム対策コンサルティング会社、発信者 DB サービスを開始
FTC、スパム規制法『CAN-SPAM Act』に対する意見を公募
ISP 大手4社が共同歩調、スパム送信者を大量提訴
回線/ISP 定期リサーチ:2004年3月8日――26%のユーザーがプロバイダに不満あり
Copyright 2005 Jupitermedia Corporation All Rights Reserved.
--------------------------------------------------引用終り

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > IT7掲示板



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。