★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件15 > 534.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
その他の報道(11月23日〜26日)
http://www.asyura2.com/0411/nihon15/msg/534.html
投稿者 ぷち熟女 日時 2004 年 11 月 27 日 20:27:21:WgkZZjZT3HifU
 

(回答先: 遺留品、犯人所持か 女児誘拐殺人(読売新聞) ― ランドセル、携帯電話、ジャンパー、靴、靴下 投稿者 シジミ 日時 2004 年 11 月 27 日 19:11:43)

====================================================================
http://www.sanyo.oni.co.jp/newspack/20041124/20041124010035121.html

土師守さんの手記の全文 (山陽新聞)

奈良市の女児誘拐殺人事件について、土師守さんが24日に寄せた手記の全文は次の通り。

この11月17日に、奈良で7歳の女の子が誘拐され、殺害されました。さらに遺体が傷つけられるという猟奇的なものでした。私は、このことを報道で知った時に、私たちの子供の事件を思い出し、またこのような残酷な事件が起きたことに戦慄(せんりつ)を覚えました。そして女の子が私たちの二男と重なり、悲しみとともに怒りがあふれて仕方がありませんでした。弱い子供を標的にした、このような残酷な犯罪は絶対に許すことができません。

最愛のお子さまをこのような形で亡くされたご両親と、事件当時の私たちが重なり、その心痛は大変なものと思います。また、幼いご姉妹がいると聞いていますが、そのお子さまへの影響も非常に心配しています。被害者遺族のことを考えますと、マスコミ関係者には、節度を持った取材をお願いしたいと思います。

最後になりますが、尊い命をなくした女の子のご冥福を心よりお祈りいたします。そして、事件の一日も早い解決を願ってやみません。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.sponichi.co.jp/osaka/soci/200411/26/soci173220.html

犯人は20〜30代、オールバックに眼鏡?奈良・小1女児殺害事件(スポニチ)

奈良市立富雄北小1年の有山楓ちゃん(7)が下校途中に誘拐され、殺害された事件で、母親(28)の携帯電話にメールで送付された写真は顔色などから、殺害して2時間前後たったころに撮影されたとみられることが25日、奈良西署捜査本部の調べで分かった。捜査本部は殺害時間を17日午後4時から6時に絞り込み、犯行場所と想定される犯人の自宅などの発見に全力を挙げている。

また同小児童が目撃した楓ちゃんを連れ去った男は、20―30代、オールバックの髪形で、眼鏡をかけていたことが判明。ただ一緒に目撃した別の児童は異なる特徴を指摘したとされ、捜査本部は数種類の似顔絵を作成したものの、部内の参考資料にとどめている。

楓ちゃんは母親との電話直後、通学路で男の車に乗せられ、連れ去られるのを複数の児童が見ていた。うちオールバックなどの特徴を話した児童によると、背格好は普通で、ひげはなかった。捜査本部は顔見知りか、言葉巧みに乗せた可能性が高いとみている。

◆ 小4女子が男に腕をつかまれる 大阪市東淀川区 ◆

25日午後4時20分ごろ、大阪市東淀川区上新庄3丁目の路上で、下校中の小学4年の女児(10)が、自転車に乗った男に「駅どこや」と声を掛けられ、「あっち」と指さしたところ、いきなり右腕をつかまれた。

女児は男の手を振りほどき、数メートル先の自宅に逃げ帰った。けがはなく、東淀川署は暴行の疑いで調べている。男は30―40歳で、サングラスとマスクを着けてスキー帽のような帽子をかぶり、黒い上着とジーパン姿だったという。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200411250042.html

撮影場所は築数年以上の洋室か 奈良・女児殺害事件 (朝日新聞)

奈良市の小学1年、有山楓(かえで)さん(7)誘拐殺害事件で、母親の携帯電話に送られた写真は、洋室で撮影された可能性が高いことが奈良県警捜査本部の調べで分かった。床のカーペットと壁の間にすき間がなく、畳の上に敷かれたものではないと判断した。最近の新築建物はフローリングの床が多いことから、県警は、女児が連れ込まれたのは築数年以上の建物とみて、マンションやアパートなどの聞き込みを続けている。

調べでは、17日午後8時4分、女児の携帯電話を使って母親あてに送られたメールに女児の写真が添付されていた。薄いベージュ色のカーペットや白っぽい壁が写っており、誘拐犯の自室で撮影されたとみられている。画像は鮮明ではないものの、県警の分析で、カーペットは壁と密着していることが確認された。もともと洋室として建てられた可能性が高いという。

不動産関係者によると、最近の新築住宅では、洋室の床はフローリングが人気で、カーペットが用いられることは少ないという。このため県警は、女児の写真は、築年数がある程度たった住宅内で撮影されたとの見方を強めている。

県警は、カーペットや壁の特徴を詳しく分析するとともに、誘拐犯の生活圏があるとみられる県北西部を中心に、不動産業者や賃貸物件の所有者らから情報を集め、部屋の特定を進める。
(2004/11/25)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200411250022.html

20〜40代300人リストアップ 奈良・女児殺害 (朝日新聞)

女児が遺棄されていた現場近くでは事件以来、夜の検問が続く=24日午後8時50分、奈良県平群町で

奈良市立富雄北小1年の有山楓(かえで)さん(7)の誘拐殺害事件で、奈良県警捜査本部が、県内に住む30歳前後の男約300人を捜査対象としてリストアップしていることがわかった。子どもを狙うなど、今回と類似の手口や、これまでの不審者情報などをもとにしている。県警は、事件当日のアリバイの確認を進める。

調べによると、300人の中には、過去に見知らぬ子どもを追い回したり、薬物服用後に事件を起こしたりした男らが含まれている。女児が自宅前で連れ去られた際の目撃証言をもとに、捜査対象を20〜40代に絞り込んだ。

女児の携帯電話を使って母親の携帯にメールが届いたのは17日午後8時4分。その前後に誘拐犯は同県王寺町のJR王寺駅周辺から、平群町役場周辺へと車で北上していたとみられるため、県警は、県北西部に生活圏があるとの見方を強めている。

さらに、かつてこの地域に居住したり、勤務したりしていた可能性も考慮し、県内全域に範囲を広げ、不審者情報の洗い出しを進めた。

富雄北小周辺では今年4月ごろ、小学校2年生の女児2人が「そろばん塾に行くの」と声をかけてきた男に追いかけられるなど、今年に入って、複数の不審者情報が確認されている。県警は誘拐犯が、今回の事件前にも子どもを狙った事件を起こした可能性もあるとみて、現場の聞き込みにも力を入れる。

奈良県警の菱川雄治本部長は24日、奈良市内での会合で、事件について「県民に多くのショックを与えた。検挙に全力であたっている」と述べた。
(2004/11/25)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.nara-shimbun.com/n_all/041125/all041125a.shtml

連れ去り現場入らず-富雄北小作製の危険場所指定

奈良市の小学1年有山楓(かえで)ちゃん(7つ)が17日に誘拐され、殺害された事件で、通っていた市立富雄北小が10数年前から、通学路の危険なポイントをリストアップし、作製した「安全マップ」に、楓ちゃんが連れ去られたとみられる場所は入っていなかったことが24日、分かった。

関係者によると、同小の安全マップは、教員の意見などを入れて毎年手直し。プライバシーに関する情報を含むため保護者全員に配布はしないが、補導員らが持ち、気を付けていたという。

今年6月改訂の最新版はB4の大きさで、40カ所余りの危険ポイントを図上の旗で強調。痴漢や不審者の情報がある場所、人通りが少ない場所、踏切など、それぞれの情報も付け加えていた。

しかし連れ去り現場は、すぐ前のマンションが工事のため覆いを付け、死角になりやすい状態になっていたのに「車が多い」などと注意を促すにとどまっていた。

楳田勝也校長は「危険な場所をいくら指定しても、それ以外の所で犯罪が起きると痛感した。反省している」と話した。

安全マップは、文部科学省が大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)の児童殺傷事件を機に、2002年12月にまとめた「危機管理マニュアル」も作製を指導。富雄北小は、奈良市で最も校区が広く、その約10年前から独自に作っていた。

奈良西署捜査本部の調べなどによると、楓ちゃんは17日午後1時ごろ、1人で下校。同1時40分ごろ、携帯電話で母親(28)に「学校の近くにいる」と伝えた。ほぼ同じ時刻、自宅近くの通学路で男が車に乗せて走り去るのを複数の児童らが目撃している。
(2004.11.25 奈良新聞)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200411260032.html

10キロ圏内に容疑者宅?撮影で微弱電波 奈良女児殺害 (朝日新聞)

奈良市の小1女児誘拐殺害事件で、母親へのメールに添付された女児の写真撮影時に、携帯電話から発せられた微弱電波を奈良県警捜査本部が確認していることがわかった。県警は、女児が誘拐犯の自宅浴槽で殺害されたとみており、誘拐犯宅からの発信だった可能性が極めて高い。微弱電波は、奈良県平群町や王寺町を含む県北西部の約10キロ四方の地域で発信されており、県警はこの一帯で自宅の割り出しを進めている。

女児の携帯からは、17日午後7時55分に母親の携帯に電話がかかり、着信音が2度で切れた。同8時4分には女児の写真付きメールが送りつけられている。

県警が女児の携帯の電波状態を詳しく調べたところ、これとは別の時間帯に、女児を撮影するために電源を入れ、その際、通話やメール時とは異なる微弱電波が記録されていたことが判明した。

県警の調べや、携帯電話会社などによると、携帯は電源を入れている間は、電話やメールを受信できるよう、常に微弱電波を出している。

この電波は数キロの間隔で置かれている複数のアンテナが拾うため、携帯の位置を約10キロ四方の範囲で特定できる。誘拐犯が女児の写真を写した際は、電源を入れただけで通信はしておらず、平群町や王寺町を中心に、生駒市〜香芝市の一部にかけての地域で撮影されたという。

メールや電話が送受信された時は、最も電波の受信状態がいいアンテナにつながり、より狭い範囲で位置が推定できる。このため女児の写真が送られるなどした17日午後8時前後には、王寺町〜平群町周辺を移動していたとみられるが、自宅の所在地に直接結びつくデータではなかった。

写真の背景から、撮影場所はカーペットが敷かれた洋室で、誘拐犯の自宅の可能性が高いとみられている。このため県警は県北西部のマンションなどの洗い出しを進めている。
(2004/11/26)
====================================================================

 次へ  前へ

日本の事件15掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。