★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件15 > 685.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
犯罪増はなく、境界の崩れが不安呼ぶ [朝日新聞]
http://www.asyura2.com/0411/nihon15/msg/685.html
投稿者 なるほど 日時 2004 年 12 月 12 日 08:05:15:dfhdU2/i2Qkk2
 

(回答先: 「治安悪化」国民の75%が感じる…法務省調査(読売新聞) 投稿者 シジミ 日時 2004 年 11 月 08 日 00:25:46)

安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学 河合幹雄著
犯罪増はなく、境界の崩れが不安呼ぶ

本紙掲載2004年10月24日
 リストラが横行し、年金制度も破綻(はたん)が予感されている。牛海綿状脳症(BSE)騒動で食の安心も脅かされた。加えて、「日本には犯罪が少ない」という安全神話も揺らぎつつある。まったく不安だらけだぜ、というのが国民の一般的な心情だろう。

 ところがこと犯罪に関しては増えても凶悪化してもいない、と著者は言う。それでいて我々は、皮膚感覚としては確かに安全が脅かされていると感じる。なぜだろう? 本書はこの謎を、法社会学の視点から切れ味鋭く解き明かす。

 まず、グラフを駆使しつつ事実が示される。一般刑法犯は近年急増しているが、自転車盗が急増部分で、除外すると微増にすぎない。凶悪犯はというと、殺人は50年代から減り続けてこの10年は横ばい。強盗は急増しているものの、ひったくりや集団でのカツアゲを統計に組み込んだせい。検挙率が急降下しているが、ほぼ窃盗犯検挙率の低下に相当している。警察が、軽微な余罪の追及には人員を回さなくなったかららしい。意外さに、あっけにとられた。

 後半が、謎解きである。ポイントは、刑法の運用。日本では、累犯者はヤクザの世界など「境界」の向こうに隔離されるか、もしくは刑事や保護官といった「現場の鬼」が彼らにサシで対面しつつ謝罪させ、こちらの社会へ復帰する世話をしてきた(個別主義)。そうした裁量によって犯罪を「ケガレ」として一括する境界線が維持され、安全神話が語られた、という仮説である。犯罪そのものも、繁華街や夜間という一般人が近づかぬ領域で起きていた。境界が崩れ、「現場の鬼」が人手不足になって、「住宅街」で「昼間」に犯罪を見聞きするようになったのが、我々の皮膚感覚を過度に刺激するのだ、と。

 経済にせよ、不安対策は法の透明な運用で、というのが昨今の風潮である。本書の仮説が正しければ、犯罪についてはそれだと皮膚感覚上、逆効果になるはず。

 安易な改革に警鐘を鳴らす力作である。

 [評者]松原隆一郎(東京大学教授=社会経済学)

   *

 岩波書店・320ページ/かわい・みきお 60年生まれ。桐蔭横浜大学教授。共編著『体制改革としての司法改革』など。

http://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=6915



監視社会を拒否する会
http://www009.upp.so-net.ne.jp/kansi-no/


五十嵐太郎さん(建築評論家) 管理のまなざしに奪われる都市空間
建築を通じて時代の思想を読み解く[東京新聞]
http://www.tokyo-np.co.jp/doyou/text/d149.html

 次へ  前へ

日本の事件15掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。