★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件15 > 703.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
神戸の連続児童殺傷事件、加害男性が元日にも正式退院 (読売新聞)【infoseekニュース】
http://www.asyura2.com/0411/nihon15/msg/703.html
投稿者 バルタン星人 日時 2004 年 12 月 14 日 21:54:00:akCNZ5gcyRMTo
 

神戸の連続児童殺傷事件、加害男性が元日にも正式退院 (読売新聞)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/kids.html?d=14yomiuri20041214i111&cat=35&typ=t
 1997年に神戸市で起きた連続児童殺傷事件で、法務省は13、14の両日、犠牲となった児童の遺族と面会し、関東医療少年院を今年3月に仮退院した加害男性(22)について、「特別な事情がなければ、12月31日をもって保護観察期間は満了する」として、来年元日に正式退院となる見通しを伝えた。

 社会復帰後は民間の支援チームが男性を見守ることになるという。これに対し、遺族側は、正式退院後も引き続き、男性について情報開示するよう要望した。

 法務省側と面会したのは、土師淳君(当時11歳)と、長女山下彩花ちゃん(当時10歳)のそれぞれの両親とその代理人。14日会見した代理人らの話によると、法務省側は加害男性の更生状況について、「落ち着いた生活をしており、安定した職業に就いている」「心身ともに良好。投薬の必要もなく、問題があるようには見られない」と説明した。

 来年以降は、複数の有志からなる支援チームが「必要な限り」男性を見守り、退院後の生活状況などを定期的に報告してくる見込みだという。

 男性は今回、遺族あてのメッセージを法務省に託しており、その中で「一生かけて償います。申し訳ありません。2度と同じような過ちは繰り返しません」と記していたという。

 法務省の対応について、代理人の1人は「これまで7回の説明会を開いた点は高く評価するが、被害者や遺族に対して、もっと詳しく知らせるべきだと思う」と話した。

 男性は今年3月の仮退院後、今月31日を期限とする保護観察に付され、近畿地方以外の場所に居住。犯罪者予防更生法が定めた▽一定の住居に居住し、仕事に従事する▽犯罪性のある者や素行不良者と交際しない――などの遵守(じゅんしゅ)事項と、関東地方更生保護委員会が定めた「特別事項」を守ることが義務づけられてきた。


[ 2004年12月14日19時14分 ]
読売新聞 購読お申し込み

 次へ  前へ

日本の事件15掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。