★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件15 > 932.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
生コン組合 恐怖で支配 武容疑者(産経新聞)やけに先入観をあおるサンケーの扇情的見出し
http://www.asyura2.com/0411/nihon15/msg/932.html
投稿者 へなちょこ 日時 2005 年 1 月 14 日 06:04:07:Ll6.QZOjNOr.w
 

(回答先: 生コン界のドン逮捕 労組関西支部委員長、加盟迫り実力行使(産経新聞) 投稿者 へなちょこ 日時 2005 年 1 月 14 日 05:59:49)

生コン組合 恐怖で支配 武容疑者
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050113-00000036-san-soci
供給ストップし工事妨害 非加盟業者に「元旦行動」
 「組合活動の名を借りた権力者」。大阪府警に逮捕された全日本建設運輸連帯労組傘下の関西地区生コン支部(関生支部)委員長、武建一容疑者(62)。人心掌握、対企業戦略にたけ、「ドン」と評される一方、過激な組合活動で意に沿わない業者を攻め、阪神間の工事現場をストップさせるだけの力を築いたという。関西の生コン業界を手中に収めようとしていたとされる武容疑者の逮捕に労組関係者は「業界の正常化の戦いはこれから始まる」と語った。
 ■強権的手法
 「戦略は水のごとし」。武容疑者は対企業戦術のあり方について、よく口にしていた。相手の「すき」に入り込むことを水に例えた表現。関係者によると、相手を畏怖(いふ)させ、コントロールするのが武容疑者一流の手法という。
 よく知られる関生支部の対企業戦術に、元日早々から経営者の自宅に大挙して押しかける「元旦行動」がある。
 武容疑者は、協同組合に加盟した生コン業者を「インサイダー」、非加盟の業者を「アウトサイダー」とし、アウト業者に揺さぶりをかけた。今年の元日も複数の企業の社長宅に組合員が押しかけたという。
 「正月から実力行使する方法は常識では考えられないが、武容疑者は違う。相手が最も嫌がる急所を効果的に突き、譲歩を引き出していた」と業界関係者は言う。
 ■強い求心力
 過激な組合活動を背景に、建設工事に不可欠な生コン供給を断つこともでき、阪神間の建設工事を止めることすら可能だった。生コン業界には武容疑者への恐れが広がっていた。
 大手セメントメーカーからゼネコンなどに生コンを供給するこの業界では、高度経済成長期に各地に生コンプラントが乱立、過当競争を強いられ、バブル崩壊後はその様相が一層強まった。
 武容疑者は、昭和四十年に関生支部の前身が結成されるとともに頭角を現した。苦境を打破するために労組と中小企業が団結し、大手セメントメーカーなどに対抗する構想を打ち出し、次々と実行に移して求心力を高めた。
 一方、支部の組合員らの目の前で、大企業の経営者らを罵倒(ばとう)してみせるなど、大手と対等に渡り合う姿勢を見せ付け、信奉する組合員を増やしていった。労組関係者は「生コン労働界を牽引(けんいん)して労働条件を改善するなど、数多くの実績があった。それだけに誰も忠告することができなくなっていった」と指摘する。
 ■シャブコン
 こうした「功」の半面、最近では「罪」が色濃く浮き出てきた。
 関係者によると、関生支部では反対意見は排除され、武容疑者一派で固められた。関生支部を自在に操り、生コン業界からさらに他の業界にも権力基盤を拡大させようとしていたという。
 ここ数年ではアウト業者に対し、生コンに規定以上の水を加える「シャブコン」で作業効率をあげる不正を暴露して牽制(けんせい)。公共工事の指名停止処分を受ける業者もある。労組関係者は「シャブコン追及はアウト業者に対する見せしめ。何でも自分の意のままになると錯覚し、おごりにかわった。武容疑者が関西の建設業界をゆがませていたといっても過言ではない」と話した。
<捜査員と押し問答 府警家宅捜索>
 連帯労組関西地区生コン支部が入るユニオン会館(大阪市西区川口)には十三日午前八時四十五分すぎ、大阪府警の捜査員約四十人が捜索に着手した。
 玄関先で機動隊員らが警戒にあたるなか捜索は行われた。
 組合員らは捜索前の午前六時半ごろから、約十五人が相次いで姿を現し、周辺で捜査員らと押し問答になる場面も。捜索令状の読み上げや立会人を増やすよう求めたりビデオカメラで撮影する関係者もいた。
(産経新聞) - 1月13日15時37分更新

 次へ  前へ

日本の事件15掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。