★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争61 > 861.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
来年3月8日〜11日にマドリッドで大規模国際会議:しかし何やら臭う
http://www.asyura2.com/0411/war61/msg/861.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2004 年 10 月 22 日 08:46:11:SO0fHq1bYvRzo
 

来年3月8日〜11日にマドリッドで大規模国際会議:しかし何やら臭う


10月18日付のエル・ムンド紙(電子版)は、3.11マドリッド列車爆破事件の1周年に際して、大規模な国際会議が開かれることを報道しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『2005年3月11日に約50名の世界のリーダーが、テロリズムと民主主義について話し合うための会議を開く』

マドリッド:

マドリッド市は来年の3月に民主主義、テロリズム、安全保障に関する世界会議の主催地になる。この会議では約50名の世界各国首脳と元国家元首が集まるだろう。そしておよそ150名の専門家が「より安全な世界のためのよりよい民主主義」を目指す会議に参加する予定である。それはマドリッド自治行政区会議場で2005年3月8日から11日にかけて行われる。

この計画のプロモーターはマドリッド・クラブとバルサフスキー財団であり、スペイン政府、マドリッド自治行政区およびマドリッド市が後援する。

【後略】

http://www.elmundo.es/elmundo/2004/10/19/espana/1098170471.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、この会議を主催するマドリッド・クラブとバルサフスキー財団が少々問題なのです。


(1)マドリッド・クラブ(El Club de Madrid ; The Club or Madrid)

●ホームページは下のUrlです。(英語版)
http://www.clubmadrid.org/cmadrid/index.php?id=1

●次のUrlで「Background」を読んでいただくと、このクラブについてのことがおよそ分かります。
http://www.clubmadrid.org/cmadrid/index.php?id=58

これによると、このクラブができたのが2001年の9.11の直後、10月であることが分かります。そのときにthe Conference on Democratic Transition and Consolidation (CDTC)がマドリッドで開かれ、スペインのFundación para las Relaciones Internacionales y el Diálogo Exterior (国際関係と外交的対話のための基金:FRIDE) 、および the Gorbachev Foundation of North America (ゴルバチョフ北米基金:GFNA)がスポンサーになっています。


●メンバーです。元国家元首がずらりと顔を並べています。
http://www.clubmadrid.org/cmadrid/index.php?id=36

Former Heads of State
Adamkus, Valdas - President of Lithuania
Ahtisaari, Martti - Former President of Finland
Alfonsín, Raúl - Former President of Argentina
Aylwin, Patricio - Former President of Chile
Betancur, Belisario - Former President of Colombia
Cardoso, Fernando Henrique - Former President of Brazil
Clinton, William J. - Former President of the United States
Fernández, Leonel - President of the Dominican Republic
Figueres, José María - Former President of Costa Rica
Frei Ruiz-Tagle, Eduardo - Former President of Chile
Gaviria, César - Former President of Colombia
Gorbachev, Mikhail - Former President of the Soviet Union
Hurtado, Osvaldo - Former President of Ecuador
Konare, Alpha Oumar - Former President of Mali
Mascarenhas Monteiro, Antonio M. - Former President of Cape Verde
Masire, Ketumile - Former President of Botswana
Meidani, Rexhep - Former President of the Republic of Albania
Meri, Lennart - Former President of Estonia
Paniagua, Valentín - Former President of Peru
Pastrana, Andrés - Former President of Colombia
Quiroga, Jorge - Former President of Bolivia
Robinson, Mary - Former President of Ireland
Sánchez de Lozada, Gonzalo - President of Bolivia
Sanguinetti, Julio María - Former President of Uruguay
Soares, Mario - Former President of Portugal
Zedillo, Ernesto - Former President of Mexico

Former Heads of Government
Al Mahdi, Sadiq - Former Prime Minister of Sudan
Calvo Sotelo, Leopoldo - Former Prime Minister of Spain
Campbell, Kim - Former Prime Minister of Canada
Cavaco Silva, Aníbal - Former Prime Minister of Portugal
Delors, Jacques - Former President of the European Commission
González Márquez, Felipe - Former President of Spain
Gujral, Inder Kumar - Former Prime Minister of India
Guterres, António - Former Prime Minister of Portugal
Jospin, Lionel - Former Prime Minister of France
Kohl, Helmut - Former Chancellor Germany
Lee, Hong Koo - Former Prime Minister of Korea
Major, John - Former Prime Minister of the United Kingdom
Mazowiecki, Tadeusz - Former Prime Minister of Poland
Pérez de Cuellar, Javier - Former Prime Minister of Peru
Roman, Petre - Former Prime Minister of Romania
Suárez, Adolfo - Former President of Spain
Suchocka, Hanna - Former Prime Minister of Poland

中南米が多いのですが、アフリカ諸国、ヨーロッパ各国、そしてアジアからはインドと、なぜか韓国が参加し、日本の名前はありません。目立つところでは、クリントン(米)、ゴルバチョフ(ソ連)、メージャー(英)、コール(独)、ジョスピン(仏)、キャンベル(加)、ドロール(EC)、カルドソ(伯)、スアレス(西)、ゴンサレス(西)といったところでしょう。

●名誉会員として、次の2名。
http://www.clubmadrid.org/cmadrid/index.php?id=16

H.E. José María Aznar   Former President of the Spanish Government
H.E. Alberto Ruíz-Gallardón   President of the Autonomous Government of Madrid

●次は賛同者ですが、これは世界中の大学や研究機関の学者が名を連ねており、非常に数が多く阿修羅のサーバーの使用を節約する意味でもここには載せませんので、次のUrlから入ってご覧ください。
http://www.clubmadrid.org/cmadrid/index.php?id=17

内訳は、米国39名;スペイン8名;ドイツ、韓国、南ア、アルゼンチン各4名;ブラジル、コロンビア、メキシコ各3名;フィリピン、ハンガリー、ボーランド、ポルトガル各2名、英国、フランス、スロバキア、インドネシア、トルコ、アルバニア、ロシア、ベルギー、チリ、ノルゥエー、オーストラリア、コスタリカ、タイ、香港各1名;国際機関3名の、総勢97名です。圧倒的に米国が多いようです。ここでも韓国が大きく顔を出しています。


●現在の役員は、
http://www.clubmadrid.org/cmadrid/index.php?id=11&num=3

会長は元ブラジル大統領フェルナンド・エンリケ・カルドッソ、事務局長に元カナダ首相キム・キャンベルが就いています。

次のUrlで「Structure and Organization」に入り、一番下の構成図をクリックすると、それぞれの部署の役員が分かります。
http://www.clubmadrid.org/cmadrid/index.php?id=60


●総合的には、会員の出身国から見るとカトリック勢力の影響がかなり考えられます。少なくともネオコン=イスラエルの臭いはほとんどしないようです。これが9.11直後に結成されたとなると、まだ正確なことはわかりませんが、このクラブの裏には欧米支配階層のもう一つの顔が隠されているようにも見えます。

(2)バルサフスキー財団(The Varsavsky Foundation)

●ホームページは次です。(英語)
http://www.varsavsky-foundation.net/

●この財団の持ち主、Martin Varsavskyは、ユダヤ系アルゼンチン人の大富豪で、現在スペインのメディア企業Jazztelとインターネット・プロバイダーのya.comの所有者で、次のIBLNEWS(電網ニュース)の記事によると、彼の個人的な財産は6億から10億ドルに上るそうです。(IBLNEWS1999年12月14日:スペイン語)
http://www.iblnews.com/news/noticia.php3?id=364

この記事は5年前のもので、現在の資産は不明ですが相当なものであることは想像されます。また彼の一族は20世紀の初めにロシアからアルゼンチンに移住したユダヤ人家族で、何と一族の家系図まで電網公開しています。
http://www.varsanet.net/?ac=Section&idsc=1


●ところでこのMartin Varsavskyなのですが、企業を経営する傍ら、ホームページの記事によると、インターネットを使った学校経営に勢力を注いでいるようです。また彼本人のホームページは次のUrlですが、(英語)
http://www.martinvarsavsky.net/

この最初のページの右側には、主に米国人から寄せられた中東情勢に対するコメントなどが載せられています。この中で一番上にある(10月21日現在)「The land of free (press)…」は注目されます。この文章の著者はバグダッドに駐在している米国のジャーナリストのようで、米国にとって日に日に危機的になっていく状況の中で、彼らの焦りと米国首脳に対する苛立ち、怒りがよく伝わってきます。

また少し下にはMartin Varsavsky自身が書いた「War on Holiday」という長文があるのですが、これは彼がバルセロナから船に乗ってベイルートに着き、レバノンのパレスチナ人地区にも足を運んだようで、、そこからシリアに行ったときの話が書かれています。これを読む限りでは彼はユダヤ人ではあってもシオニストとは一線を画しているようで、ブッシュのイラク戦争政策に対する反感を隠していません。どちらかというと、たとえばジョージ・ソロスなどに近い流れなのかな、とも思います。


●そして彼の財団がマドリッド・クラブと共に3.111周年の場で前述の国際会議をプロモートした、というのは、どう考えてよいのか、いまのところ何とも言えませんが、注目していきたいと思います。

またご覧の皆さんの中で、マドリッド・クラブとバルサフスキー財団についてご存知の片がおられたら、フォローお願いします。

 次へ  前へ

戦争61掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。