★阿修羅♪ 現在地 HOME > Ψ空耳の丘Ψ39 > 121.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
映画「コンスタンティン」。ユダヤ=キリスト教が考える死後の世界を直裁に描いた作品(WiredNews)
http://www.asyura2.com/0502/bd39/msg/121.html
投稿者 Sちゃん 日時 2005 年 2 月 26 日 05:59:59: 4kC3WMVanvmFc

WiredNews
http://hotwired.goo.ne.jp/
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050225204.html
2005年2月18日 2:00am PT


リアルな地獄を描くアメコミ原作映画『コンスタンティン』
Jason Silverman

 天国との長期にわたる緊張緩和を受けて、地獄の上層部はついに、人間界の敵対的乗っ取りに着手する決断を下した。

 炎が燃えさかる穴に閉じこめられている地獄の住人は、この場所を閉ざす門を破ることもできると考えている。奴らの思い通りにことが運べば、地上は地獄と化すだろう。

 彼らの企みを阻止できるのは誰か? 「天にましますわれらの父」ではない――どうやら神は、アリの飼育箱を観察する子供のように、人間をただ眺めているだけのようだ。神に代わって魔王とその軍勢を阻むのは、ジョン・コンスタンティンをおいて他にいない。

 これが映画『コンスタンティン』[日本ではゴールデンウィーク公開予定]の壮大な前提だ。そして、こんな映画は、いまだかつてなかった――まったく、コミックからこれほどの映画ができるとは驚きだ!

 『コンスタンティン』の原作は、米DCコミックス社で大人向け作品を扱う『バーティゴ』から出版されている『ヘルブレイザー』シリーズ。加えて、スーパーヒーロー物、ホラー、B級小説、心理サスペンスなど、お約束の要素も取り込まれている。だがこの他にも、この映画は意外な書物から多くの要素を引用している――それが聖書だ。

 巨額の予算を投じたアクション映画で、ユダヤ=キリスト教が考える死後の世界をこれほど直裁に描いた作品は、これがはじめてと言っていい。『コンスタンティン』はコンピューター・グラフィックス(CG)を用い、地獄の光景を見事に描き出している。悪魔や天使が次々に現れ、魔王(演じるのはピーター・ストーメア)でさえ堂々と姿を見せる。

 イニシャルこそJ・Cだが、映画の中でキアヌ・リーブス(写真)が演じる主人公のコンスタンティンは、救世主ではない。悪魔払いの祈祷師でもあり、私立探偵でもあり、(10代の頃にほんのわずかだが地獄を訪れたことがあるので)地獄がどんなところかを知る、ぶっきらぼうでヘビー・スモーカーの人間嫌いだ。

 だが、コンスタンティンの務めは、にわかにせっぱ詰まったものになる。末期ガンと診断されたため、最後に残された日々を使って、死後に天国へ行けるよう点数を稼ぐ必要が生じたのだ。そこで、悪魔側の軍勢がロサンゼルスを攻撃し始めると、コンスタンティンはたった1人の国境警備隊として立ち上がり、悪魔を下界へと追い払う。

 コンスタンティンには奇妙な才能が備わっている――この世のものでない存在が見える目と、邪悪な存在を退治する、人並み外れた能力だ。さらに、思わぬところで彼を救ってくれる人たちも何人かいる。信心深い双子の妹の自殺事件を調べる警官(レイチェル・ワイズ、写真)や、ボウリング場の上でオカルト現象を研究する怪しげな科学者(マックス・ベイカー)、そしてカトリックの司祭(プルイット・テイラー・ビンス)だ。

 ほかにも主なキャラクターとして、魔王の使いで魂を誘惑して下界に連れて行こうとするバルサザール(ロックバンド、ブッシュのボーカリスト、ギャビン・ロスデイル、写真)や、それに対抗して活動する天使ガブリエル(ティルダ・スウィントン)が登場する。

 『コンスタンティン』は、われわれの多くが比喩や抽象的なイメージとして捉えているものを、事実そのものとして映像化している。地獄は実在する。生前に悪さをすれば、誰もがそこに足を踏み入れることになる――予想を超えた仕掛けによるストーリー展開だ。おかげで、「世界を救う」と謳うありきたりな映画とは一線を画する、風変わりな魅力がこの映画には備わった。

 ただし、アイディアだけはいくら面白そうでも、実際に面白い映画ができるとは限らない(そんな映画は、『デイ・アフター・トゥモロー』(日本語版記事)をはじめ、ごまんとある)。『コンスタンティン』にもいくつか難点がある。話が少し複雑過ぎるきらいがあるし、時には馬鹿げていたり、一貫性がなかったりする。ありきたりだという見方もあるだろう。

 もっとも、主演のキアヌ・リーブス(『マトリックス』と同様(日本語版記事)、カメラの前にいるだけでそれほど演技をしているようには見えない)、奇抜なストーリー展開と素晴らしい特殊効果のおかげで、『コンスタンティン』はマニア受けするカルト映画となる可能性はある。

 この作品が万人向けでないことは確かだ。死後の世界を信じられない人には、『コンスタンティン』はとても受け入れられないかもしれない。フランシス・ローレンス監督(音楽ビデオの出身だが、きっと日曜学校での体験も参考にしているはずだ)は、この映画に登場する奇怪な現象を日常的な出来事のように扱っている。際物的な描写は、あってもごくわずかだ。

 この描き方は正しい。コミック版の『ヘルブレイザー』シリーズでは、人間界、天国、地獄を分け隔てる壁にはたくさんの穴が開いていることになっている。このコミックが読んで楽しく、心に迫るものになっているのには、あっと驚くような世界と日常生活が混在しているという、独特のひねりも一役買っているのだ。

 映画版の『コンスタンティン』はコミックからさらに一歩踏み込み、神の創造物すべてを巻き込んでいる。

 だが、信仰心の篤い人々がこの映画を気に入るかどうかはわからない――控えめに言っても、映画における聖書の教義の解釈は従来のものとは違っているからだ(たとえば、『コンスタンティン』は、予言者エゼキエルの書が聖書に収められたもの以外にも何冊かあるとして、堂々と紹介している)。

 また、信仰を持たない人の多くは、映画の中心にある前提にやや反感を覚えるだろう。特に、政治的な立場が非常に保守的なことには、戸惑いを覚えるのではないだろうか。これはコミック版『ヘルブレイザー』の、マルクス主義的な左寄りの思想とは正反対だ。『コンスタンティン』の世界では、罪を犯せば地獄に落ち、釈明の余地はない。

 だが、『コンスタンティン』がこれだけ面白いのも、そうした世界観のおかげだ。ハリウッドは大体いつも観客に迎合しているものだが、この映画は観客をその世界に巻き込んでいく。死後の世界がこれほど真剣に扱われているので、徹底した無神論者でさえ、知らないうちに自分の(おそらくは)清廉潔白とは言えない生き方を思い返してしまうかもしれない。

 『コンスタンティン』を観ても、天国がどういうところかはあまりわからないが、地獄(写真)はたっぷりと味わえる。そこは『地中海クラブ』のようなリゾート地ではない。甲高い声をあげる残忍な悪魔がいて、人間がズタズタに引き裂かれる、高温と湿気に包まれた世界だ。

 ああ恐い! それに、何て真に迫ってるんだろう! もう少しこの映画の話をしていたいのだが、私も今すぐ懺悔に行かなければならないので、ここまでとしよう。


[日本語版:藤原聡美/長谷 睦]

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。