★阿修羅♪ 現在地 HOME > Ψ空耳の丘Ψ39 > 489.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
UCLAで常温核融合成功、ただし発生エネルギーは少量 [Wired.AP通信]
http://www.asyura2.com/0502/bd39/msg/489.html
投稿者 乃依 日時 2005 年 4 月 28 日 23:43:58: YTmYN2QYOSlOI

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050428302.html

UCLAで常温核融合成功、ただし発生エネルギーは少量
AP通信


 ロサンゼルス発――エネルギー問題をクリーンに解決する手段として長年注目されてきた常温核融合が、実験室で実現されたと、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが発表した。

 とはいえ、生成されたエネルギーの量はあまりに少なく、世界のエネルギー需要の問題を解決する突破口と言うにはほど遠い。

 科学者たちは、太陽などの恒星を輝かせるパワーである核融合を制御し利用する方法を長年探し求めてきた。今回成功した最新の実験では、強力な電場を生み出すのに小さな水晶を使った。エネルギー生成法としては十分とは言えないが、この方法は石油採掘業や国の安全保障に利用できる可能性がある、とセス・パターマン博士は語る。パターマン博士は、UCLAでの実験に参加した物理学者の1人だ。

 実験結果は、『ネイチャー』誌の4月28日号に掲載される。

 常温核融合の実現性についてのこれまでの主張の数々は、物理学者たちに疑いの目を向けられただけでなく、物笑いの種にさえなっていた。1989年、ユタ大学のB・スタンリー・ポンズ教授とイギリス、サウサンプトン大学のマーティン・フライシュマン教授が室温でのいわゆる低温核融合に成功したことを発表したとき、大きな衝撃が世界を駆け抜けた。が、その後何度も実験を再現しようとしたが失敗に終わり、2人の結果も間違いと結論づけられてしまった。

 核融合の専門家は、UCLAの実験は、1989年のものとは違い、物理学の基本原理に完全に則ったものであるので信頼できると語る。

 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のデビッド・ルジック教授(核およびプラズマ工学)は、「この実験では、過去に試され真実と証明された方法が使われているので、議論をはさむ余地はない。物理学で説明できない部分は1つもない」と述べる。

 核融合パワーは、究極のエネルギー源であり、石炭や石油などの化石燃料に代わるクリーンな代替エネルギーと謳われてきた。化石燃料は後50年ほどもすれば底をつくと言われている。

 核融合では、軽い原子同士が高温プロセスで近接して結合し、その過程で大量のエネルギーを放出する。

 核融合は環境にやさしいと言われるが、その理由は空気をほとんど汚さないことと、現代の原子力発電所につきものの安全性や放射性廃棄物の長期保管といった問題がないことにある。今の原子力発電所は、核分裂というプロセスで重いウラン原子を分裂させてエネルギーを作り出している。UCLAの実験では、科学者たちは、熱を与えると強力な電場を作り出すことができる小さな水晶を、プラズマ核融合研究で従来使われてきた重水素のガスで満たされた真空の部屋に置いた。

 その結果生じた電場によって、帯電した重水素の原子がビームとなって近くにある標的にぶつかる。この標的には重水素がさらに詰め込まれていて、ビームの重水素原子が標的の重水素と衝突し、融合が起こるという仕組みだ。

 この反応によって、核融合が起きたことを示す、中性子として知られる亜原子粒子とヘリウムの同位元素が発生した。しかし、この実験では、核融合を起こさせるために要したエネルギー量以上のエネルギーを生み出すことはできなかった。が、核融合の成功自体、画期的な出来事ではある。

 UCLAのパターマン博士は、今後の実験は、油田採掘や空港での荷物検査に利用できる携帯型中性子発生装置の設計を含め、商業利用の可能性を探りながらの技術改良に焦点をあてて進められることになるだろうと話している。


[日本語版:藤原聡美/小林理子]
日本語版関連記事

・実験室でミニ地球磁気圏、核融合への応用に期待
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041217303.html

・EU、世界初の核融合炉建設をフランスで独自推進か
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041110301.html


WIRED NEWS 原文 (English)
http://www.wired.com/news/technology/0,1282,67368,00.html

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。