★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 1048.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 原因はデフレの継続。根本的に違っています。
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/1048.html
投稿者 一言主 日時 2005 年 4 月 11 日 18:52:58: AlXu/i8.H/.Es

(回答先: 根本的に違っています。(ただし、Kの主観においてです) 投稿者 考察者K 日時 2005 年 4 月 08 日 23:54:20)

K的考察とはどういう物か知りませんが、
先ず不景気の最大の要因は所得の減少が起きていると言うことです。それが雇用不安につながり、将来への不安となり、福祉を切り捨てるところまで行くほどの予算を計上することが出来にくい状況になっていると言うことです。

その結果さらに消費を抑制する傾向にあると言うことです。貯蓄志向ではありません。貯蓄は取り崩され貯蓄額が少なくなっています。これは客観的事実です。所得の減少が、消費性向を上げ、その結果貯蓄性向を下げたのです。その結果益々投資乗数が下がり、国内の投資が減ってしまいました。国内に有効な金儲けの商売が無くなってきているのです。

イトーヨーカ堂はなぜ価格競争をするのでしょうか、所得が少なくなって価格弾力性が高くなり(価格の高い安いに敏感に反応して物を買う状態。)消費者が少しでも安い物嗜好するからです。なぜ消費者は安い物を買いあさるのでしょうか。それは所得が少なくなり、それによる自分の生活レベルを落とすまいとして安い物を買うのです。
又消費者は安い物こそ最大のサービスなどとは考えていません。というのは以前4匹の竜とか言って韓国やシンガポールなどが安売り攻勢を掛けてもほとんど影響しませんでした。それはまだ余裕があったからです。ですから中国の安価な商品でも余裕が有れば今のように安い物一辺倒にはならないのです。
労働の悪条件も安売り競争に放り込まれた企業の宿命です。もしその企業の方が勝ち残れば他の企業もそれに追随していくことでしょう。
これは経済の原則として今の状態が続けばさらにひどくなるかもしれません。労働の過密や、悪条件下の労働もすべてデフレの持続が原因です。螺旋的に売上額が落ちていくことが原因です。
物には順序原因と結果があります。その因果関係を間違うと解決できる物も解決できなくなります。

今日本には資金が無くなってしまいました。その原因は度重なる上からの公共投資のような今までの景気対策でした。それはデフレには効果がありませんでした。それはデフレの根本原因は日本場合、過小需要にあるからです。けっして供給過剰ではありません。供給過剰分は輸出に回っていたのです。日本の輸出は今でも健在です。しかし日本の経済は不振に陥ったままです。


ですからデフレの解消の根本は過小需要を無くし普通の状態に持っていくという政策が必要です。このため私は個人の需要に直接投資すると言うことで消費税の減税を推奨しています。ただ単にお金を上げるという政策では、そのお金に対する担保が希薄であり、信用されません。又モラルが失われることになります。短期の所得減税は失敗しました。それ故貯蓄できない状態で個人需要を刺激する必要があります。その方法が消費税の減税であり、その他間接税の減額であり、有料道路代金などの減額です。
しかしその中でも最も広範囲に渡り平等であり、実行できる政策として消費税の減税が一番だと思います。

デフレは螺旋状の売り上げ減が続く状態です。これを逆転し上昇の螺旋に向かわせるためには有る一定のきっかけが必要です。1つ歯車を狂わせれば、逆の回転し始めるでしょう。
デフレの持続は明らかに政府の失敗です。景気の過熱は経済の宿命です。行き着くところまで言って止まる。しかしデフレの行き着くところは悲惨です。
今国に資金はありません。消費税の減税は資金がほとんど必要なくできる物です。予算を前もって獲得する必要がないのです。それ故例えば消費税を3%下げて2%にするとします。決して3%分税金が減るわけではありません。必ず売り上げが伸びその分各企業、個人からの税金が増え、その少なくなった分だけを補えばよいわけです。しかしここで大事なことは、一度売り上げが伸びるとそれが次の投資を呼び込みその売り上げが持続的に伸びていくと言うことです。これが何より重要な点です。
生活に汲々している人が増えつつある中で、消費税の減税は人々に希望を与え、彼らの消費が満足するまで伸びて行き、貯蓄に回せるまで確実に消費を増やすことでしょう。それが収縮、伸張を繰り返す経済の体系です。

今の踊り場にある経済の時こそ消費税を下げる好機なのです。底が抜けてからでは、たくさんの不幸な人がより多く出ます。今が肝心です。決して新聞などの提灯記事に惑わされぬよう気を付けてください。新聞はまだ実際は良くなくても、少し明るい傾向が出てきたとか、土地は下げ止まりつつあるとか、消費形態が変わってきたとか言って、本論を避けて良く言う傾向にあります。年金が足りぬと言って増税をさせようとしたり、将来が不安だから年金が大事と言ったりしますが。根本はデフレが解消しない限り年金はもらえないのです。年金のために経済はありません。年金はあくまで経済の結果です。

なを相続税についてはどのように経済に影響するかまだ分析していません。デフレの場合、相続税を上げるのか下げるのかどっちなのですか。
消費税下げよう会。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。