★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 1051.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
郵政民営化〜「基本方針固執派」を斬るA「基金」編
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/1051.html
投稿者 蚊取犬 日時 2005 年 4 月 12 日 00:00:55: QaAi.RRCrtFcI


今日は、昨日予告した通り「基金」について考えよう。

今回の法案では過疎地の郵便局を維持する義務の対価として、
1兆円の「基金」が設けられ、その運用益で過疎地の郵便局を
維持することになっている。

原資は郵貯、郵便保険会社の株式売却益を充てるという。

例によって、この仕組みの存在を理由に、
民営化は「骨抜き」であり、「こんな民営化なら意味がない」などと
主張する人達がいる。

しかし、それは全く間違っている。

今の郵政の国営故の免税額(=補助金)は毎年1兆円を超え、
その他にも無償での国家保証など様々な国営故の特典がある。

国債ばかり買いつづけても民間を上回る金利が払えるのも、
クロネコ潰しのダンピングができるのも、
政治ばっかりやってる世襲の特定郵便局長を
1万数千人抱えられるのも、根源は全てそこあると何度も書いてきた。

一方、「基金」の運用益などたかだか180億円である。
今の補助金額の2%にも満たない。
元本だって1年分の補助金額程度だ。

なんで、そんな重箱の隅をつつくような話で
「民営化」の意義が無くなってしまうのかさっぱり解らない。

さらに言えば、過疎地の郵便局の維持コストなどこの程度なのだ。
もちろん、郵政族に言わせれば2〜3倍にはなるのかもしれないが、
いずれにしても今の年間補助金額1兆円と比べ、はるかに小さな数字だ。

要するに、いままで彼らは過疎地を「ダシ」にして、
そのコストをはるかに上回る金額を
国民からせしめていたということになる。

国民はこれまで騙され続けてきたことをもっと怒るべきだ。

いずれにしても、この程度の「基金」がどうなろうが、
民営化の全体の意義の大きさに比べれば米粒くらいの話である。

暴れている族議員の顔が立つなら、お駄賃としてちょっと
積みましてやってもいいくらいのものだ。

少なくとも賢明な読者諸君は、こんなことを論点に
「民営化の意義」云々を語ることが噴飯ものであることだけは
はっきり理解しておいて欲しい。


http://blog.melma.com/00099352/20050411230947

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。