★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 106.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
三共と第一の経営統合 まだまだ続く? 製薬業界の再編 (産経新聞)
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/106.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 2 月 21 日 19:45:47: ogcGl0q1DMbpk

【夕刊キャスター】三共と第一の経営統合
まだまだ続く? 製薬業界の再編


 製薬業界で、再び、大きな経営統合の動きが浮上した。売上高で業界第二位の三共と六位の第一製薬が、今年十月にも持ち株会社を設け、両社がその傘下に入るという。

 この計画が実現すれば、新持ち株会社は平成十七年三月期の連結売上高見通し(二社合算)が九千百十億円に達し、一兆千百億円の業界トップ、武田薬品工業に肉薄する二位メーカーになる。

 四位の山之内製薬と五位の藤沢薬品工業が合併し、四月に発足するアステラス製薬は連結売上高見通し(二社合算)が八千四百九十億円。一時は、この合併会社が三共を引き離して業界二位の地位を固めるとされたから、三共は第一製薬との統合によって「再逆転」を演じるわけだ。

 ただ、これほど合併、統合の動きが出てくると、こうしたランキングがほとんど意味を持たないことがわかる。

 例えば、十七年十二月期の連結売上高見通しが二千九百三十五億円の中外製薬。国内では業界七位にすぎないものの、十四年十月に中外製薬株の51%を取得したスイスの大手製薬会社ロシュのグループの一員として、単なる七位メーカーではない存在感を示している。

 いずれもランキング上位十社に入らない大日本製薬と住友製薬は今年十月に合併。新会社としての連結売上高(十七年三月期見通しの二社合算)は三千九十億円、この規模は、今年十月時点で武田、三共・第一、アステラス、エーザイに次ぐ五位となる。

 新しい二、三位に背後まで迫られる武田も、業界では「いつ内外メーカーのM&A(企業の合併・買収)に出てもおかしくない」とされ、当分はランキング上の逆転、再逆転劇が続きそうだ。(経済部次長 三浦恒郎)

http://www.sankei.co.jp/news/evening/22bus003.htm

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。