★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 1060.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
六・四事件   第2次天安門事件  (現代中国ライブラリィ) 
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/1060.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 4 月 12 日 10:58:11: ogcGl0q1DMbpk

(回答先: 中国で流布する反日メールの内容  萬晩報 投稿者 愚民党 日時 2005 年 4 月 12 日 10:13:42)

■現代中国ライブラリィ 現代中国事典 ラストエンペラー

「反革命暴乱」から「政治的風波」へ…
六・四事件   第2次天安門事件

http://www.panda.hello-net.info/keyword/ta/tenanmon.htm


 天安門事件というと、一般的には1989年の「6・4事件」のことをを指す。この事件は「第2次天安門事件」とも呼ばれる。

 「第1次天安門事件」とは、文化大革命末期の1976年4月4日の清明節に周恩来を悼んで天安門広場の人民英雄記念碑前に献花した花輪を当局が撤去したことで起きた民衆暴動、民主化運動(四五運動)のことを指す。

 胡耀邦元総書記が1989年4月15日急死した。開明的な胡耀邦は86年に起こった学生の民主化要求に寛容な態度をとったため、87年1月に電撃的に総書記を解任されていた。

 胡耀邦の死を契機に、彼の名誉回復を求める学生たちは天安門広場に集まり、民主化要求を掲げ始めた。4月22日には党主催の胡耀邦追悼大会が人民大会堂で開かれたが、学生らは天安門広場で独自の追悼集会を行った。この年の5月4日は五四運動の70周年記念でもあり、全国からも学生が集まり始めるなど、民主化運動は盛り上がった。背景には当時のインフレや幹部の腐敗に対する不満と反発もあった。

 こうした民主化運動に対して、趙紫陽総書記が訪朝中の4月24日、党政治局は「反党・反社会主義の政治闘争」「動乱」と規定。ケ小平(中央軍事委主席)も同様の認識を示した。4月26日には人民日報が「旗幟鮮明に動乱に反対しよう」の社説を掲げた。この社説に反発した学生は十万人デモで応じた。一方、5月4日には趙紫陽が、北京でのアジア開発銀行(ADB)年次大会に出席した各国首脳に「民主と法制の枠内で解決を図る」と述べるなど、指導部内で対応をめぐって微妙な違いが浮き彫りとなった。

 折りしも5月15日から18日にかけて中ソ首脳会談のためのゴルバチョフソ連大統領の訪中が予定されており、ペレストロイカの旗手への期待も高まって民主化運動はいっそう膨れあがっていった。5月13日、天安門広場でハンストに突入。北京大学学生の王丹が宣言を読み上げた。広場からの撤退を求める当局と学生との対立の中で、事態打開を図ろうと知識人らによる仲介工作も行われたが不調に終わった。

 こうした中で、ゴルバチョフが5月15日に訪中。天安門広場は連日100万人を越える学生や市民で埋め尽くされた。知識人もデモに大挙して参加、厳家祺は「独裁者は辞職せよ」とケ小平打倒まで宣言した。こうした混乱の中で、ゴルバチョフは、ケ小平、趙紫陽、李鵬(首相)らと相次いで会談、歴史的な中ソ関係の正常化を確認している。
 5月18日には趙紫陽、李鵬がハンストで入院中の学生を見舞った。2人は翌19日にも天安門広場を訪れ学生と対話したが、事態の打開には至らなかった。懸命に学生を説得する趙紫陽と渋面の李鵬の姿が対照的だった。

 5月20日、北京に戒厳令が敷かれた。戒厳令に抗議するため23日には100万人デモが敢行された。状況が緊迫する中で、24日には広場防衛指揮部が発足。総指揮は北京師範大学の女子院生だった柴玲が就いた。31日には美術大学の学生によって作られた「民主の女神」も登場するなど広場での座り込みは続けられた。

 6月3日、人民解放軍の戒厳部隊が北京中心部へ進行開始。6月4日未明、武力鎮圧を開始。天安門広場周辺の長安街などでは軍と学生・市民が衝突する事態が発生、多くの犠牲者が出た。

 事件後の6月23日から24日にかけて開催された第13期4中全会は、事件を「反革命暴乱」と規定。趙紫陽は総書記を解任され、胡啓立(政治局常務委員)、閻明復(書記処書記)らも失脚した。総書記の後任には事件に直接関与しなかった上海市党委員会書記(政治局委員)の江沢民が抜擢された。ケ小平の指示によるものだった。

 軍による天安門広場制圧の前に、柴玲やウルケシ(北京師範大学学生)らの一部学生指導者は広場から脱出、海外に亡命した。同じく亡命した厳家祺、劉賓雁、蘇紹智らの知識人は、同年パリで「民主中国陣戦」を結成。ハンストを指導した王丹は翌7月に逮捕。方励之夫妻が事件直後に北京の米国大使館に駆け込んでいる。その後、11月の5中全会で、ケ小平が中央軍事委主席を辞任、江沢民が後を継いだ。北京の戒厳令が解除されたのは翌90年の1月11日である。

 事件での犠牲者の数について、中国政府は319人(軍側も含む)と発表しているが、この数字が正確かどうかはともかくとしても、実態はこれに近いと思われる。文革期の武闘を除けば、建国以来最大の惨事である。

 ただ、西側マスコミがセンセーショナルに報道した天安門広場における“血の虐殺”が虚報や誤報だったことは、のち記者たちが撮影した広場での詳細な映像や数々の証言で明らかにされている。軍の広場制圧を前にして、学生たちはインターナショナルを歌いながら隊列を組んで退去している。軍も退路を開けたのである。広場に最後まで残った劉暁波は「私は1人の死者も見なかった」と事件後に発言。のち日本を含む世界の主要メディアも訂正記事を掲載、海外に亡命した学生指導者たちは広場での虐殺を明確に否定した。

 当時、ゴルバチョフ訪中の取材で世界中から多くの記者が詰めかけており、映像がリアルタイムで流れ、広場での虐殺報道が加わったこともあり、この事件に世界中が衝撃を受けた。中国はその後国際的な孤立を余儀なくされ、欧米諸国による経済制裁に苦しむことになる。しかし、ケ小平による改革開放路線と発展政策は堅持され、92年頃から経済の低迷から脱して未曾有の高度成長に突入していくことになる。

http://www.panda.hello-net.info/keyword/ta/tenanmon.htm

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。