★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 1070.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
経済物理学の発見 光文社新書 高安 秀樹 (著) 概要と評価(4.5)
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/1070.html
投稿者 乃依 日時 2005 年 4 月 13 日 00:49:41: YTmYN2QYOSlOI

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334032672/249-7346123-5417144

経済物理学の発見 光文社新書
高安 秀樹 (著)

価格: ¥798 (税込)

イメージを拡大


エディション: 新書
--------------------------------------------------------------------------------

あわせて買いたい
『経済物理学の発見』と『世界が変わる現代物理学』、どちらもおすすめ! 価格合計:¥1,554
--------------------------------------------------------------------------------
この本を買った人はこんな本も買っています

世界が変わる現代物理学ちくま新書 竹内 薫 (著)
入門 経済物理学―暴落はなぜ起こるのか? ディディエ ソネット (著), その他
金融リスクの理論―経済物理からのアプローチファイナンス・ライブラリー (6) J.‐P.ブショー (著), その他
温度から見た宇宙・物質・生命ブルーバックス ジノ・シグレ (著)
シェークスピアは誰ですか?―計量文献学の世界文春新書 村上 征勝 (著)
同じテーマの商品を探す


--------------------------------------------------------------------------------
書籍データ


新書: 278 p ; サイズ(cm): 18

出版社: 光文社 ; ISBN: 4334032672 ; (2004/09/18)

おすすめ度: カスタマーレビュー数: 8 レビューを書く

Amazon.co.jp 売上ランキング: 10,191
Make Money!Amazonでビジネス

--------------------------------------------------------------------------------
レビュー

出版社/著者からの内容紹介
最新物理学が経済学の常識を、根本から覆す!
経済物理学はカオスやフラクタルといった物理学の手法と概念を利用して、データーに基づいて実証的に現実の経済現象に立ち向かう、まったく新しい科学の分野である。まだ誕生して10年にも満たないほどの若い研究分野だがこれまでの経済学の常識を覆す発見や、斬新なアイディアが次から次へと報告されている。複雑で不安定なお金の世界にも、ものの世界と同じような自然法則が成立している。エコノフィジックスという手法に基づきこれから進むべき未来のお金の世界を探求する。

著者は1958年千葉県生まれ。85年名古屋大学大学院理学研究科修了。理学博士。神戸大学理学部地球科学科助手・助教授を経て、1993年東北大学大学院情報科学研究科教授に就任。1997年より潟\ニーコンピューターサイエンス研究所シニアリサーチャー。専門は、フラクタル理論、統計物理学、エコノフィジックス。著書に『フラクタル』(朝倉書店)、『経済・情報・生命の臨界ゆらぎ』(共著、ダイヤモンド社)、『エコノフィジックス−市場に潜む物理法則』(共著、日本経済新聞社)などがある。 カスタマーレビュー
おすすめ度:
あなたのレビューがサイトに載ります。


8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

評価5 だいぶこなれてきた経済物理学の啓蒙書, 2004/11/20
レビュアー: 俊(とし) (プロフィールを見る)   茨城県つくば市
御夫婦共著の前作「エコノフィジックス」(日経)に比べるとだいぶこなれてきたという印象です.臨界現象,くりこみ,フラクタルなど,統計物理学のツールを経済現象の生のデータに適用して解釈するとどのような視界が開けてくるのか,著者自身の研究遍歴をなぞるように記述が進むところがとても読みやすいです.

研究成果は,完成された体系をトップダウンに教えられるよりは,研究者たちの探検の足跡をたどりながら理解していくほうがよほど理解しやすいし,将来の見通しもつけやすいものです.

後半の6,7,8章はまだまだ荒削りだったり,従来の経済学でも言われていることへの引用や言及が無いなど,まだこなれ方が足りません.特にバスケット通貨や相続税などは,相当周到なチーム研究とゲーム理論などからの反対仮説の検証が必須でしょう.

さて,正規分布を盲信し,観測データに基づく検証をサボってきた現代経済学(だからそもそも科学とは言えない)と金融工学ですが,そろそろ経済物理学の成果を取り入れた金融商品が生まれてきても良さそうなものと考えるのは私だけではないでしょう.特にオプション.べき分布オプションをどこかの投資会社が売り出してくれないものでしょうか?リアルオプションの価値評価もガラリと変わるはずですし.


このレビューは参考になりましたか?


2 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

評価4 カオス、フラクタルのさまざまな分野への応用可能性を示す本, 2004/11/14
レビュアー: 井戸端 (プロフィールを見る)   東京都 Japan
本書の話題であるカオス、フラクタル、経済の予備知識は、本書を読むにあたっては不要。だれにでもわかるようにと、やさしくかみ砕いて書かれている。カオス・フラクタルが経済・金融分野でこのように活用できるのかと新鮮な驚きを憶えました。新しい電子通貨システムの提案も興味深い。


このレビューは参考になりましたか?


9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

評価5 間違いなく経済現象の本質を捉えている, 2004/11/05
レビュアー: funadays (プロフィールを見る)   兵庫県 Japan
従来の経済理論は、ある意味恣意的な仮説から演繹的に経済現象を説明してきたが、「経済物理学」のアプローチは、現実の経済現象のデータから「くりこみ理論」や「ベキ分布」などのいわゆるカオス理論の道具を用いて、帰納的にその背後に隠れた法則を探し出す。
”円ドル為替レートの変位の分布”や”日本の企業の所得の累積分布”などが対数表示グラフできれいな直線状の分布を示す(=ベキ分布に従う)さまは、全くランダムに見える経済現象に美しい隠れた秩序があることを示しており、知的興奮を覚えずにはいられない。
本書では、現在までのこの分野の成果がとても分かりやすくまとめられており、入門書として最適です。
従来の経済理論に何となく違和感を抱いていた方、カオス・相転移現象に興味があり、経済学への応用について知りたい方をはじめ、経済に関わる多くの方や、単に知的興奮を味わいたい方にも一読をお勧めします。


このレビューは参考になりましたか?


3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

評価4 啓蒙書として最適だが・・・?, 2004/10/31
レビュアー: 八左衛門 (プロフィールを見る)   東京都 Japan
近年、特に市場分析の方法論として注目が高まっている経済物理学の啓蒙書。経済学や物理学の基礎知識が殆どなくても理解できるように、親切に大変読みやすくまとめられています。しかし、経済理論をよく知らない者には何が新しいのかがわからず、多少経済理論の知識がある者には若干もの足りない感も否めません。
様々な経済現象がフラクタル現象として捉えられ、統計的に正規分布ではなく、ベキ分布を示すという点が一つの中心論点ですが、それが単に現象として見られるということに留まらず、経済理論をどのように書き換えることになるのかなどの点について、具体的に言及してあればより面白い読み物になったのではないかと思われます。
また、6・7章の通貨に関する記述内容は経済物理学的アプローチからのみ得られる含意というわけでもなく、若干冗長な印象を受けました。


このレビューは参考になりましたか?

--------------------------------------------------------------------------------
この著者のその他の作品

高安 秀樹 (著)

--------------------------------------------------------------------------------
この本を買った人が買ったその他の商品

関連商品

--------------------------------------------------------------------------------
同じテーマの本を探す

ブラウズ(ジャンル)
ジャンル別 > ビジネス・経済・キャリア > ビジネス・経済・キャリア 全般
ジャンル別 > 社会・政治 > 社会・政治 全般
ジャンル別 > 新書・文庫 > 出版社別 > か行 > 光文社 > 光文社新書

テーマ別に本を検索する
一般向け
経済
経済学
経済学 経済思想
経済数学.経済統計.計量経済学[くもの巣理論,ゲームの理論,産業連関分析,乗数理論,線型計画法,投入産出分析]


この本は、それぞれの上記のテーマに含まれています。

-----------------------------------------------------
http://www.idaten.to/bbs/bbshtm.htm


[39906] [39904] 経済物理学の発見
 投稿者:sophiatpの代理人 パート2  投稿日: 04/12 Tue 21:26:47 [ID:yO96rPjH5RY]削除


単に、経済学部、法学部、商学部の入試に数学を必須にすれば必然的にそうなるという結論を書いただけではないか?
野村が生き残って、山一がつぶれたのは、理系の数学〔偏微分方程式〕を使っていたか否かによると昔、野村の研究員は言っていた。

 数学のできない経済学者を全員入れ替えることが、日本経済再建の近道である。


[39904] 経済物理学の発見
 投稿者:ウンモ星人  投稿日: 04/12 Tue 16:29:58 削除

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334032672/250-7375779-6551453

経済物理学の発見 光文社新書
高安 秀樹 (著)

出版社/著者からの内容紹介
最新物理学が経済学の常識を、根本から覆す!

経済物理学はカオスやフラクタルといった物理学の手法と概念を利用して、データーに基づいて実証的に現実の経済現象に立ち向かう、まったく新しい科学の分野である。まだ誕生して10年にも満たないほどの若い研究分野だがこれまでの経済学の常識を覆す発見や、斬新なアイディアが次から次へと報告されている。複雑で不安定なお金の世界にも、ものの世界と同じような自然法則が成立している。エコノフィジックスという手法に基づきこれから進むべき未来のお金の世界を探求する。

著者は1958年千葉県生まれ。85年名古屋大学大学院理学研究科修了。理学博士。神戸大学理学部地球科学科助手・助教授を経て、1993年東北大学大学院情報科学研究科教授に就任。1997年より潟\ニーコンピューターサイエンス研究所シニアリサーチャー。専門は、フラクタル理論、統計物理学、エコノフィジックス。著書に『フラクタル』(朝倉書店)、『経済・情報・生命の臨界ゆらぎ』(共著、ダイヤモンド社)、『エコノフィジックス−市場に潜む物理法則』(共著、日本経済新聞社)などがある。
価格: ¥798 (税込)


○従来の経済学とは違う考え方で、経済現象にアプローチするみたいのですが、
 どうなのでしょう?

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。