★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 231.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
リーマンブラザーズに話を付け、大島と組ませたのはソフトバンクの北尾吉孝取締役
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/231.html
投稿者 ねこ 日時 2005 年 2 月 27 日 17:52:11: 9Uw8PbWd453oQ

(回答先: テレビ局という存在が古く、恐竜のように絶滅しあり、その原因が特権階級の癒着 投稿者 ODA ウォッチャーズ 日時 2005 年 2 月 27 日 10:50:24)

梨本放送協会 貴様ら!俺の言うことを聞いてみませんか?よりライブドア関連
http://www.nikaidou.com/column01.html

告白状(一部加筆修正) 【2/20(日)2:30】
 読者各位

 今日は、いつものように当局、当事者向けというよりは、広義の意味での読者の方全員へ、一連の流れを書こうと思っております。それゆえに題名は「告白状」。

 当サイトによるライブドアについての報道は、SFCG(旧商工ファンド)の大島健伸社長や企業舎弟の橘田幸俊などが絡んだ、堀江社長の持ち株分を担保にした株券担保融資事件からだった。あまりに早い報道に、一時は組織犯罪対策3課の水上警部に「橘田とnikaidou.comは組んでいる」と疑われたりしました。今だから話しますが、SFCGからの融資の実行は3回に分けて行う予定で、当サイトが報じたときにはまだ1回分、10億円の融資実行しかなされていませんでした。そのときに当サイトがバーンと出してしまったものだから、大島がすっかりビビッてしまい、急遽、橘田の手配で、35億円を人材派遣のクリスタルグループ関係からの融資に切り替えていました。このように、情報が早すぎると誤報になるわけです。水上警部は事件として認識しながら追いきれなかったようですが、今回はラストチャンス。大阪地検か東京地検が身柄を持っていく前に一花咲かせてほしいと心から思っております。

 堀江が担保融資、正確には堀江の持ち株を担保に融資を受けたわけだが、融資されたカネをライブドアに貸し付けている可能性など、いろいろ別の話が出てきたために、しばらく様子を見よう、ということで、クリスタルグループについては当サイトで一切書かず静観していた。じっとしていると虫は動いてくるもので、後述するように、リーマンブラザーズと大島が組んだりする。ちなみにリーマンは、

 「堀江からはすべてしゃぶりつくした、もうあの小僧に興味はない」

 と言っている。堀江も会社がどうなろうと別にどうでもいいと思っているのだろう。カネがあって自分が目立っていられれば堀江は満足するのだから。

産経新聞も活発に動き、当局とも連携しているようである。ところで、閣僚のコメントでひとつだけ「すべての自由を」などと腰抜けの発言をしている竹中平蔵。お前、一枚噛んでいるのと違うか? ところで、今回の買収劇はフジテレビの弁護士の腕が悪かったと法曹界で評判になっている。「なぜ、仮処分をかけて時間を稼がなかったのか。それでおしまいなのに」「腕が鈍ったな」・・・これが、フジテレビ日枝会長が「国際的なすごい弁護士云々」といった弁護士の実力だ。買収情報を事前に把握していた当サイトだが、同時に周辺情報もかなり早い段階で把握、裏取りを行っていた。

 当サイトで再三にわたり報じているように、M&Aコンサルティングの村上世彰社長による株の売買は出来レースだ。昨日指摘したように、昨年9月に行われたYEOなる、朝鮮企業親睦会のセミナーの壇上で、「ニッポン放送の株を買ってください。私も買います」「半年後を見ていてください」などと発言している。要するにインサイダー取引の勧誘である。これがこの買収劇の最大のポイントだ。捜査当局はここ一点を見て追い込め。 M&A社には元警察庁のキャリア官僚である滝沢建也副社長 がいるが、悪事に加担していたのなら庇うなよ。変な事をすれば、当サイトは警察を突かなければならない。互いに消耗戦になるのでやりたくないからよく考えて処理するように。

 当サイトでは、すでに当局にすべての情報を提供した。さすがに閣僚や霞ヶ関からの多数の疑問の声もあり、関係各当局も動き出している。腰を上げるのが鈍い役人だが、動き出すと徹底的にやるのも役人だ。当サイトでは、持分がどうしたとか、外人持ち株がどうしたというところに興味はない。それよりも、「堀江のような30そこそこの小僧が全部の絵をかけるわけがない。必ず裏がある」というわけで、ありとあらゆる情報筋に接触し、背景を中心に探っていた。株の数字などはどうでもいいのだ。人間を抑えれば株がどうなってようといかようにも料理できる。

 前述したSFCGの大島社長からの株券担保融資が縁で、紹介した橘田と大島、ともに緊密になった堀江。実は、今回のリーマン引き受けのMSCBの裏引き受け、保証を行ったのは大島である。大島のところには右翼が出入りしていたり、別件でいろいろあるそうで、当局から極秘裏に取調べを受けたある幹部からの情報でこれが判明した。

 リーマンブラザーズに話を付け、大島と組ませたのは誰か。ズバリ言おう。ソフトバンクの北尾吉孝取締役である。(ちなみにソフトバンクグループによる当サイトのリンク消し命令を出しているのも北尾だ。そちらについては別のところでけじめをつけるので割愛する)先日、「『北』が絡んでいる」と書いたのは北尾吉孝のこと。北朝鮮とは一言も言っていない。自民党内では「堀江が北だ!」と騒いでいたようだが、産経の記者は切れ者で、すぐに北尾だと気がついた。

 現在、いっとき「不仲説」が流れた孫と北尾は手を結んでいるという。孫と北尾、つまりソフトバンクとして何をたくらんでいるか。これは「漁夫の利でフジサンケイグループを手中に」である。堀江の顔も立て、当局にもにらまれないように、財界ともうまく話を進めていきたいとか。直近では孫とオリックスの宮内とが会談している。事件は常に先を見ていかなければならない。よって、次はソフトバンクに関連する人物の徹底マークである。ソフトバンク(ヤフー)は、当サイトのリンクをあれだけ消して歩いてるんですから、当然覚悟は出来ているんでしょうな。

 もちろん、ここに書いたということは、ソフトバンクに、「朝鮮人がふざけたことをするんじゃない」と警告しているのである。(本当は、朝鮮人を手先に使っているのは毛唐ですが話がボケるのでまたの機会に)ちなみに当サイトのリンクが削除されるのは、チョロチョロ動いている野村證券が、 「うちが一生懸命コソコソやっているのに、お宅(ソフトバンク、ヤフー)の掲示板でバンバン出されちゃたまらない」 と北尾にクレームを入れたからです。電話を聞いていた人がいますよ。これだから日本の証券マフィアはタチが悪い。

 ちなみに北尾は、鹿内の息子と仲がいい。息子というのは現在メリルリンチにいる31歳の男のこと。しょっちゅう、北尾が飯に誘っており、どうにか取り込もうとしているのだ。「日枝だって乗っ取りしたんだ。元のオーナー家に戻せ」などとうキャンペーンでもやろうとしているのだろう。表に出ていないことだが、フジサンケイグループは鹿内家ではなく、本当の創業者がいるのだ。だから、元のオーナーに戻せというのなら、鹿内家ではなく、本当の創業者家に戻すべきなのだ。

 皆さんご存知のように、当サイトでは、ライブドアについてかなり早い段階で調査を開始していた。
・登記の本店所在地がなぜかガラの悪い新宿区歌舞伎町2-16-9にあること。
・ライブドアの子会社の「ライブドアファイナンス」が二つあったこと。
・登記上、宮内は取締役ではない。
・「ライブドアファイナンス」の村上輝夫取締役は元光通信。
↑この4つは当サイトの在日記者、ピョンヤン生まれで朝鮮人嫌いの、ペンネーム金基成が調べて今月末発売の某誌に掲載される。読んでみるといい。

 人は、創造もしない事実を言われると疑ってしまう。ただ、日本人はその創造する脳のキャパシティがなさ過ぎる。事実は小説より奇なりなのは当たり前なのである。三人そろえば文殊、いや悪知恵も出るであろう。その悪知恵に気づかない人間のいかに多いことか。学歴社会などといわれる昨今だが、大学を出てようがいまいが、今回のライブドア関連騒動ひとつとっても、真実を読み取ろうとする人間はいなかった。登記を取るなんてのは1万円でおつりが来ることなのにだ。日本人は、大企業、マスゴミ、官僚にだまされてばかり。もう少し自分の目で情報を判断していただきたい。そうすれば、現代で悪事を働くほとんどの人間が、成りすまし、朝鮮人やシナ人とその協力者だとわかるはずだ。

 朝鮮人の手先となる日本人、日本を巣食う朝鮮人、そしてその影で日本を牛耳ろうとする毛唐勢力どもには、国民国家が団結をして断固排除していかねば日本民族の未来などなかろう。長い歴史の果てにできた日本は、すべてカネで片を付ける国ではない。きっちりと「日本人の純潔血」を残していかなければ、雑種が増える一方だ。日本の未来は国民一人ひとりの目と頭脳にかかっている。

【nikaidou.com】
ヤフー憲法問題と村上&ライブドア 【2/18(金)6:00】
 先日当サイトにて「ヤフーがリンクを消すのはプロバイダ責任法に抵触」ということを記載した。実はそれはひっかけだ。まずは、読者の皆様にはガセ流しのポジショントーク手法を使ったことをお詫びする。なお、当サイトでは再三にわたり「行間を読め」「誰の文章でも疑え」ということを推奨している。新聞でもテレビでも当サイトでも常に疑えということだ。そうすれば国民の「真実を見極めるレベル」があがるのだ。そういうわけで、たまに引っかけをやっている。それで怪しい人間の動きを洗うというやり方もしているのだ。それらは当サイトが一定の情報部の働きをしているから行うものなので、お許し願いたい。

 話を戻すと、リンクにかかわらず、簡単に言えば「プロバイダは自分の掲示板を自由に消せる。有料ユーザーでも一方的に削除できる」という判例がすでに高裁で出ているのだ。憲法の精神から見ればおかしいし、仮処分だといろいろ面白いことがあると思うのだが、法律論はおいておく。ソフトバンクとマフィアな証券会社は、当サイトのような弱小サイトに惑わされた挙句、ヤフー掲示板の削除を16日夕方から24時間程度停止した。だがこちらの流したガセに気がついたのだろう。また削除している。もはや、「ヤフー掲示板では、nikaidou.comのリンクを張ると削除される」というのが定説となってきた。やっぱりあんなところに電波割り当てなくてよかったよ。さすが総務省だね。国益をよく守ってるよ。

 日本一のプロバイダなどと標榜しているが、皆様も証券マフィアとつるんで言論統制をやるような朝鮮人のやり方がわかっただろう。どんどん消すがいい。そのうち逆に会社が消えたりして。

 さて話は変わるが、 六本木に「YEO」なる集団がある。 左記リンクのメンバーを見ればいかに朝鮮人が多いかわかると思うが、群れる朝鮮人の集団だ。政府の指導にも従わない元森首相の娘婿、デジタルハリウッドの藤本何某というのが代表のようだ。リンク先をたどって「理事メンバー」だの、「卒業生」だの書いているが、なんのことはない、お里はすでに把握している。

 社会を騒がせることでもうおなじみのメンバー、光通信重田社長、SFCG大島社長、楽天三木谷社長、MSCBの堀江社長などなど、もはやコメントするまでもないだろう。 しかも講演メンバーを見てみてほしい 。放火された安・・・それはいいのだが、よく見てもらうと、2004年9月にM&Aの村上社長が講演している。実はここが問題なのだ。出席者のある社長は語る。

 「村上さんは、このときの講演で、『ニッポン放送の株を買ってくれ。俺も買っている』と発言しています。さらに、『半年間見ていろ』と。この騒動があったときに、なるほどそうか、と思いました。」

 注目すべきは、このあと、光通信の重田社長を持ち上げていたということだ。その社長は、「重田がニッポン放送株の買い付けの金を全部出したのかと思いました」というが、当サイトはそうではないと見ている。重田を持ち上げたのは、重田と同じ手法=MSCB&乗っ取りをやるというヒントだろう。気がついた人だけが儲かる、ということだ。兜町筋の皆さん、霞ヶ関の皆さん、これはどうなんですかねぇ。いやはやまいった。

 仮説だが、「2004年9月の時点で、名義書換をしない状態ながらも、村上ファンドはすでに株を持っていた」と読むこともできる。これは嫌味ではないが、村上は本当に頭がいい。カネが集まったら、その才能を日本の情報部のために役立ててほしいものだ。悪役のままでいい。国から予算を出さなくてもいいので逆にいいのだ。えげつないカネ稼ぎで国益に反する人物と思わせておいて、実は国益になる、という活動を少しはしてくれよ。あんた、一応日本人なんだろう?

 また話は変わる。ライブドアの周辺情報によれば、西京銀行との提携に至ったのは、村上が堀江を紹介したからだという。ちなみに、村上を西京銀行に紹介したのはオリックスだ。提携といっても、ライブドアは1月17日にある銀行と提携する予定だったが、話が流れてしまった。そこで1月19日に急遽、下位候補であった西京に堀江社長が出向き、

 「2月になったら大きな話がある。今のうちに提携してほしい」

 と語ったという。西京側は当初そんなつもりはなかったというが、なんとなく提携したのだとか。西京も西京で、トップと2番目があの有様では、そういう判断もするだろうと妙に納得したのだが。

 いやはやまだまだ話はある。今までの情報はまだ序の口。10段階通信簿で言えば3くらいだ。

【nikaidou.com:二部】

朝鮮人による言論操作は手段を選ばず殲滅する。

フジサンケイグループが一番早かったのに残念だね。 【2/17(木)10:30】
 実は昨日、フジサンケイグループの某首脳ライン筋から連絡が来たので、「当サイト最高顧問とのバランス上、社長とはいわなくとも責任の取れる方とのお話ならできます。」というような話をしたら、数時間後に「やっぱりいい」と断ってきました。グループとしては矛盾している行動ですが、当サイトは現場で奮闘した社員某氏を尊敬いたします。取材を放棄する役員がいるグループ会社の危機管理がなっていないのは当然でしょうね。

  フジサンケイグループのうち、フジテレビは当日まで買収に気づかず、産経新聞にあっては、全社を上げて調査する体制ができたのが昨日。グループとしてコンタクトしておきながら、当サイトの情報は不要ということを言うなら、仲良くしている新聞に流すか週刊誌に流すほうがいいかねぇ。するとサンケイはメンツ丸つぶれになるかもしれないがしょうがないなぁ。こういう非常事態の時には、訳のわからんやつが「俺なら話をつけられる」とたくさんやってくるのが常なんですが、当サイトは2月に入ってからずっと書いているという実績つきで、テンプラではないんですがねぇ。見る目がない人間しか上層部にいないんじゃぁ、そりゃ若造に会社のっとられてもおかしくないわ。

 一方、ソフトバンクグループは、また当サイトへのリンクを消している。おとといの夜から昨日夕方までは消えなかったものの、また消し始めた。「ITの何たらが情報通信のインフラが●×△・・・」と偉そうに言い、総務省にケンカを売っていながら、やることは子供以下だね。当サイトがそんなに怖いか?でも当サイトは恐喝行為などは一切しない。恐喝をするくらいなら書かないほうが儲かる。当サイトはこれからもバンバン書いていきますが、当たっているときは当たっていると教えてくれるとうれしいねぇ。

 ところで聞きましたよ。野村証券から。野村証券マフィア連中が、組んでいるソフトバンクに「うちががんばってるのに、あなたのお膝元でnikaidouへのリンクが張られているのはだめだろう」と言ったんだって?野村証券マフィアもかなりの上層部が関与しているねぇ。ああ、そういえばソフトバンクと野村證券から当サイトへのアクセス数がかなり減っているが、プロキシでも制限したかね?両者の社員は会社で当サイトを見ると疑われるぞ。要注意だ。 ところで野村證券とロスチャイルドがM&A業務を主に業務提携するらしい(2/14投稿) けど、その辺も絡んでいると非常に面倒な話になりそうだ。日本の暴力団は楽しく食事をすればおしまいだし、警察なら幹部の汚職ネタですぐ対抗できるがユダヤは話がこじれそうで面倒だなぁ。奥村ク〜ン、保護願い出すからよろしくね〜。

 いいアイディアが浮かんだ。特別最高顧問がもっているサンケイ関係の情報のすべてを、ヤフーオークションに出してみることだ。祭りになって終わりだとは思うが、出品してみようか。ソフトバンク=ヤフーは速攻削除すると思うが、それでも野村證券マフィアとソフトバンクのあせりの構図がさらにわかって面白いだろう。代理出品してくれる人を募集します。ただし、祭りになって落札されない&入金されないと思うので、落札システム利用料を払わないIDの人のほうがいいかなぁ。

 ところで、総務省に圧力をかけた政治家の話は昨日書いたが、日本の国益に反するような圧力をかけてきたのはお前だけだぞ。名前出されたくなかったら二度とくだらないことをするんじゃない。

【nikaidou.com】

カネ目当て政治家の影。 【2/16(水)15:30】
 手短に。電波法第7条関係をあたればすぐにわかることだが、ニッポン放送の役員をいきなり全員変更することなんて無理だろう。法律を知らない奴らに放送事業者なんて運営できるのかね?若い力がどうのこうのとかきれいごとを言っているが、政治家に圧力かけてもらうというのは昔からある古い手段じゃないか。きれいごと抜かすなよ。その前に、弁護士変えたほうがいいんじゃないの?(笑) 

【nikaidou.com】

ニッポン放送買収スキームの全容判明。 【2/15(火)18:30】
 本日午後、当サイトの最高顧問による会議が終了した。そして、今回のニッポン放送収奪スキームの全容が判明した。

 この一連の事件には「北」が絡んでいる。かなりの大物だ。また、当サイトが睨んだとおり、孫正義も関係していた。これは捜査当局ですらつかめていない大謀略であるが、横浜の某ライトウイングは一部をすでに把握している。また、最高顧問会議において、これらの情報の取り扱いに関しては、当サイト特別最高顧問に一任された。捜査当局が早いか、日枝会長が早いか、ソフトバンクかライブドアか村上か日本橋金貸しか、それともマムシのライトウイングが早いかわからないが、一番最初にコンタクトをしてきた人物に全ての情報を提供することにしようと思う。

 ただ当サイトとしては、保守系言論機関であるフジサンケイグループを支援するのが筋であるとも考えているが、国益を第一に考え日々活動を続けるマムシのライトウイングにゆだねたほうが面白いかなとも考えている。いずれにしろ、そこは関係各位の賢明な判断に任せよう。

 なお、上記記事については、何人も自由にリンクを張ることを容認する。一部プロバイダにおいては、削除を続けるだろうが・・・。

 連絡先等については、捜査当局が一番詳しいと思う。なぜなら当サイト特別最高顧問は、日米捜査当局が最も頼りにする機関であるからだ。諸氏らの健闘を祈る。

【nikaidou.com】

ソフトバンク、地方新聞及びテレビ局買収に触手。 【2/15(火)7:30】
 まずは、当サイトを応援してくださるネットユーザーの皆様、ご協力いただける先輩諸氏にこの場を借りて御礼申し上げます。

 本日、当サイトの特別顧問や財界顧問などの顧問軍団、各省庁の上層部、日本を陰で支えるドンが都内某所で緊急会議を開く。便宜上、「顧問」という書き方をしたが、その氏名、場所、時間は極秘となっているのでこの記事を書いているアンカーマン=かつて二階堂豹介と名乗っていた私でさえも知らされていない。知らない間に当サイトの強力な味方が増えていたようだ。ある意味気味が悪いが、大事にしたのは当サイトの感知するところではない。産経グループの誰かが来るのかと尋ねたが、それすらも教えてもらえない。組織の秘密保持とはそういうものだと最高顧問に教えられる。極秘ながら、あえて会議の開催を記載したのは、今までに引き続き、今後もインチキ朝鮮人及び売国奴への監視を緩めないという宣戦布告だと思っていただきたい。どうやら、「たかがインターネットの一騒ぎ」とタカをくくっている人々がいるらしいが、どうやら敵に回す相手を間違えたようですな。

 議題は、1 朝鮮人勢力によるメディア買収劇の始末 2 外面だけイメージを保ちながら、その裏では暴力団と結託するなど、日本国益に反する新興企業群への対処方法及び今後の監視体制のすり合わせ 3 一昨日からの本コラムで問題提起している、ヤフーによるプロバイダ責任法無視の言論封殺問題 4 売国政治家、官僚などへの超法規的な対処方法の具体的検討 の4つだ。どのような結果が出るか期待したいが、恐縮ではあるが会議結果は当サイトでは記載しない。

 ところで、ソフトバンクグループによる言論封殺(詳しくは昨日以前の下の記事を参照)問題だが、これまたグループ内はありがたいことに口の軽い奴が多く、情報がバンバン上がってくる。その中でも特筆したいのが、ソフトバンクが地方新聞や地方のテレビ局などのメディア買収に触手を伸ばしていることだ。特に地方テレビ局は、地上デジタル化に伴う設備への投資額が多くなり、資本を受け入れやすいという。具体的な社名はまだ明かせないが、地方新聞ならびに地方局の株式を持っている地方局が狙われている。当サイトでは、ある理由で広島テレビなんかも怪しいのではと睨んでいる。各キー局の経営企画部門は、これらの動きを注意してみたほうがいい。当サイトでは、大手マスコミに対し「マスゴミ」という嫌味を用いて大手マスコミの怠慢や癒着を批判しているが、今回はそんなことを言っている場合ではない。以前から情報提供を行い、買収劇についても注意喚起したのに、まんまと寝首をかかれたフジサンケイグループの二の舞を他のマスコミにさせるわけには行かないのだ。

 そしてヤフー掲示板については、あれだけ注意喚起したにもかかわらず、いまだに、ヤフー内のどの掲示板に書き込んでも削除されるという「YAHOO八分」の状態が続いている。当サイトでは、孫による「日本のメディア買収再び」説と、ヤフーはライブドアと同じ六本木ヒルズであるということから、ソフトバンクグループは一連の買収事件に関連しているとみている。

 株式会社は公器であるという考え方がまったくない、自己利益のみを追求する集団とみなして対抗処置を取るつもりだ。さらに、当サイトは、サイト内の一連の記事について、引用、転載を自由とすることを改めて記載したい。転載文が文章の主体になっていても構わない。よって、どこの掲示板、サイトにリンク、転載などしていただいても、首相官邸にFAXしてもらっても一向に構わない。ただし、朝日新聞の捏造記事のように改変されると多大な誤解を招くので、文章の改変は禁止させていただく。

 当サイトが指摘しているヤフーによる言論封殺問題は、憲法に定める言論の自由を無視するという、日本国における背信行為をしているという点で、重大な国益の侵害である。当サイトがかねてから指摘してきた、朝鮮人、シナ人グループを主体とした売国奴どもがメディアを操るなどもってのほかだ。あまりに醜い場合は、外圧という名の内圧や、超法規的措置を含めた手段を当局に検討させる時期も来ているのかもしれない。今後の課題である。

 また、ヤフーは、以前にも言論操作、言論封殺を行っていることが判明した。教えていただいた 吉野健太郎氏 には感謝申し上げる。→ ヤフー&共同通信&民主党 組織ぐるみのプロパガンダ疑惑。

 (以下はヤフーによる言論封殺に対する励ましのおたよりの一部です。ありがとうございます。)  

・午前10:40 yahooでのリンク報告をしたものですが 速攻で削除されております。現在15:40。

・貴サイトの記事「当サイト予測的中によりYAHOO八分にされました。」のヤフーリンク切れ●●番の者です。URLを貼ると機械的に削除されるかもしれないので、試しに、 「タイトル=ここにも情報が・・・ 本文=二階堂ドットコム でグーグル検索して。」 と書いてみました。これで削除されたら、貴サイト名だけで機械的に削除しているか、Yahooジャパンの関係者が必死に検索して片っ端から削除してるんでしょうね。

・ いつも面白く拝見しております。 yahooの件、こういうことはしつこくやるにかぎりますので、微力ながらリンク貼ってみました。
リンク1 リンク2

・はじめまして。 二階堂ドットコムを毎日楽しみにしている者です。ヤフーリンク切れ●●番のリンク切れですが、私が貴HPを拝見しYAHOOに投稿したものです。yahoo掲示板には殆ど投稿しないのですが、興味半分もありやってみました。何はともあれ、不気味に見えてこない強い力を感じます。産経新聞は今の日本では貴重な右傾向の新聞という認識を持っていますが、今回の件で堀江一味にのっとられた場合、仮にその傾向が薄くなる、あるいは無くなると想定すると、怖いですね。右 中道 左 の存在あって初めてバランスが取れるとの考え方から見ますと。単純に金がどうのこうのという問題でも無いような感じがします。二階堂のメンバーの皆さん、頑張ってください。自分もできるところは応援していきたいと思っています。

 ところで、楽天野球団の時に出てきた石渡弁護士が、ライブドアと、見解の相違でもめているとのことだ。訴えるとか訴えないとかいうことになっているという。ライブドアも悪いのだろうが、石渡弁護士は、青山ツインタワーの牛島法律事務所に在籍していたこともあるので、まだなんともいえない。

【nikaidou.com】



当サイト予測的中によりYAHOO八分にされました。 【2/14(月)2:30】
 下の記事で「当サイトをヤフーの株掲示板にリンクしてみてください」と書いたところ、また、見事に全て削除と相成りました(笑)どうやら、当サイトで記載していることは事実だったようです。一連のニッポン放送乗っ取りの犯人グループ(とあえて称しますが)は相当焦っているのでしょう。大丈夫ですよ。証券取引等監視委員会には竹中の目のほかにも検察出向者の目もありますからね。

 ところでフジサンケイグループよ、なぜ寝首をかかれるまで気付かないのだ。当サイトでは、再三にわたって「産経新聞社会部記者、木村剛と癒着疑惑」や、「サンケイビジネスアイのドンキホーテ提灯記事で木村剛朝鮮人癒着疑惑」などを報じてきた。サンケイはそうやって忍び寄る影に気付くこともないおめでたい組織に成り下がったか。歴史のあるマスコミを、カネの論理だけで動かすような奴らに高いお土産つきで渡すのか?しっかりしろ!メディアリンクス(堀江)、振興銀行(木村)、駿河屋ホールディングス(村上)など、突けばいくらでもあるだろう。インサイダーは洗ったのか?証券とカネの動きは?ITのみならず各グループまで広まった朝鮮汚染、そして六本木コネクションの犯罪etc・・・ネタはいくらでもあるだろう。検察、警察、証券監視委員会、政府情報筋、金融、株式筋・・・経済部も政治部も文化部も総動員して自分の城を守り抜くのがマスコミ人ではないのか?

 フジサンケイグループの中には、「買収されたほうが今より良くなる」と考えているおめでたいバカがいるようだが、そういう奴に限って、自分が会社をダメにしている事実に気付かない。そして、買収後は真っ先にリストラされる。いずれにしろ、金銭目当ての乗っ取りだから最後には会社はもぬけの殻となるのだが。。。それにしても日本のマスコミはレベルが低く、株の話ばかりで背景を探ろうとしない。いかに日本の言論レベルが低いか、わかる一面だ。まさかマスコミ人にはいないと思うが、この買収劇を他人事と思っているようでは話にならない。しかも公安筋に聞くと、これらの動きに朝鮮総連が絡みはじめているというではないか。買収というところしか見えてないから本質がわからないんだ。裏を探れ裏を。どこに総連がいるのか、すぐわかる。カネがあって、保守系のサンケイグループ。狙われた理由はもはやいうまでもあるまい。

 話を表題に戻す。以下は昨日に続いて本日、ヤフーの株掲示板にて、皆さんが当サイトをリンクしてくれた記事の削除状況である。13日夕方までは確認できたものの、13日23時現在までに削除されている。全部は確認していないが相当数だ。念のため言っておくが、以下の皆さんの投稿には、名誉毀損や営業妨害罪に該当する発言はなかった。

ヤフーリンク切れ11 ヤフーリンク切れ12

ヤフーリンク切れ13 ヤフーリンク切れ14

ヤフーリンク切れ15 ヤフーリンク切れ16

ヤフーリンク切れ17 ヤフーリンク切れ18

ヤフーリンク切れ19 ヤフーリンク切れ20

 そうそう、まさかヤフーは、プロバイダ責任法を知らぬわけはないよな。一応条文を掲載してあげよう。

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律

第三条の2
  特定電気通信役務提供者は、特定電気通信による情報の送信を防止する措置を講じた場合において、当該措置により送信を防止された情報の発信者に生じた損害については、当該措置が当該情報の不特定の者に対する送信を防止するために必要な限度において行われたものである場合であって、次の各号のいずれかに該当するときは、賠償の責めに任じない。

一 当該特定電気通信役務提供者が当該特定電気通信による情報の流通によって他人の権利が不当に侵害されていると信じるに足りる相当の理由があったとき。

二 特定電気通信による情報の流通によって自己の権利を侵害されたとする者から、当該権利を侵害したとする情報 (以下「侵害情報」という。) 、侵害されたとする権利及び権利が侵害されたとする理由 (以下この号において「侵害情報等」という。) を示して当該特定電気通信役務提供者に対し侵害情報の送信を防止する措置 (以下この号において「送信防止措置」という。) を講ずるよう申出があった場合に、当該特定電気通信役務提供者が、当該侵害情報の発信者に対し当該侵害情報等を示して当該送信防止措置を講ずることに同意するかどうかを照会した場合において、当該発信者が当該照会を受けた日から七日を経過しても当該発信者から当該送信防止措置を講ずることに同意しない旨の申出がなかったとき。

  当サイトが掲載した一連のニッポン放送の記事に関して言えば、株式のインサイダー情報でも名誉毀損でもなく、取材内容を記したものだ。当サイトへのリンクに、プロバイダ法が定める「 他人の権利が不当に侵害されていると信じるに足りる相当の理由があった。 」という言い訳を使うのか?それは憲法との関係上、言論への制限の限定的適用を望んでいるプロバイダ法の趣旨に背くだろう。違うか?ヤフー利用規約は知らんが、ヤフーのほうが一方的に立場が有利だからなんともいえないわな。もし規約にあっても、プロバイダ責任法は特約除外できないだろう?質問しに行っていいか?
 それにしても、ヤフーの削除の早さには驚いた。ヤフーオークションを詐欺師の犯行場所として提供し、警察当局から咎められても非協力的で、最後には「幇助で逮捕しますよ」という脅しをされてようやく重い腰を上げるようなヤフーが、当サイトのリンクをヒステリックに削除、それも日曜の夜にしているというのは非常に面白い。今までヤフーにここまでされたインターネットサイトもないだろう。当サイトへの単なるリンクが、ヤフー及び第三者に対して違法有責行為を構成するとも思えない。それでも当サイトへのリンクは違法だと言い張るのならば、逆に証拠保全のために消さない選択肢もあるのにそれを取らない。まさに、一連の買収劇では、当サイトの記載が正しいという証明ではないか。

 まさかYAHOO八分になるとは思わなかったが、そんなことでネットを統制しているつもりになっているのなら、とてもおめでたい。というのも当サイトでは、この買収劇の記事は前回で終了するはずだったからだ。すでに当サイトでは、某高級官僚の贈収賄事件を調査している。しかし、「ヤフーがムキになって削除するのは、怪しい。続報を流し続けよう」と全会一致で決まった。さらに、各マスコミの有志及び金融証券筋に確認して裏取りを行っているので、時期が来れば、あるいは必要とする役人が来れば全部出しても構わないが、どう転ぶかわからない時期でもあるし、様子を見ているところだ。

 削除などすれば余計目立つと教えてやったのに何度言えばわかるんだバカ。新聞と違うんだよ?事実無根ならば、当サイトのような小さなサイトなど放置が一番。指摘後も派手に削除するというのは、買収関係者の偉い奴に、ネットを知らない、ましてやプロバイダ責任法なんて知るわけがないバカが、あまりに当サイトの記事が的確なために「消せ!消せ!」と騒いでいるとしか思えない。ほんと、おめでたい連中だな。

 まぁ、「法律なんてそもそも知ったことじゃない、インサイダーで金を稼いで何が悪い」という遵法精神の欠片もない集団だから言うだけ無駄かもしれないが。それとも、日本語じゃなくてハングルで言えば少しは通じるか?さて、誰が指示したか、だが、堀江社長はたぶんそこまでバカではないと思うので違うだろう。当サイトの予測では、騒いでいるのは孫正義ではないかと見ている。

 ご存知のように、孫は以前、テレビ朝日を買収しようとして大失敗した。まさか同じ轍を踏むわけには行かないので表には出ないが、メディアは自己顕示欲のためにもどうしても欲しいというところだろう。また、以前に孫の弟が「ヤフーBBの営業キャンペーン金をロンダリングして朝鮮学校に援助していた」ことが発覚した際、異常な速さでヤフー関係の削除がなされたことを鑑みると、今回の掲示板の発言削除の速さからしても、孫ではないか?と疑われても仕方がないだろう。ちなみに以下はそのときのまとめサイトだ。

朝鮮総連とYahoo!BB
http://f25.aaa.livedoor.jp/~zflag/007.html

 孫が噛んできたとすれば、どこで噛んできたか?という読みだが、村上が19%のニッポン放送株を集めた後の35%(ライブドアに売った分)を丸木と野村に集めてもらうための資金を出した、というところのような気がする。ただ、これは筋読みであって裏を取らせている最中だ。

 実は今まで言っていなかったが、当サイト関係者とソフトバンクの財務部長後藤氏はかつて同じ会社にいた知り合いである。日本テレコム買収を知っていたのもそのせいだ。当サイトがソフトバンク内でハッカー呼ばわりされている、と告げられた後、当サイト関係者とは全くコンタクトが取れなくなっているので相当嫌われていることだと思うが、今回の事態に関しては、プロバイダ責任法の観点からも、弁護士あるいは交渉人を連れて、孫とヤフーの井上も交えて「質問」をしてみたいものだ。

【nikaidou.com:二別】

梨元放送協会2月14日号オンエアーのお知らせ 【2/14(月)】
下の「REAL」「WMP」のどちらかをクリックしてお聞きください。

【梨元放送協会】

当サイトのリンクを異様な速さで削除させる圧力とは。 【2/13(日)3:30】
(昨日アップした記事に加えてあります) 

野村證券の一部の人間が当サイトを気にしているというが、気にしてどうする。気にしたところで何も変わらない。さすがに1600億以上の金が絡む話。以下の件もあり、身柄が危なそうなのでメインメンバーは様子を見ることにする。・・・ただ、身柄を押さえに来るのが暴力団筋なら逃げる必要もない。ただ、警察に圧力をかけて見せしめにガラを持っていくのだとすれば、向こうも相当本気だと思っていい。今から公安筋に相談しよう。

 ヨタ話はともかく、この一連のニッポン放送買収に絡み、当サイトは予言をしてさらに内幕を追っているわけだが、本日不可思議な出来事が発覚した。当サイトは、リファラ(どこからリンクされているか)解析にて、どこのページからリンクされているかを見ているが、ヤフーの株式掲示板をはじめとする各掲示板から、当サイトをリンクしたヤフーの掲示板のコメントが全て削除されていた。12日15時現在で確認できるだけでも以下の通りだ。全て「記事が見当たりません」となる。

ヤフーリンク切れ1

ヤフーリンク切れ2

ヤフーリンク切れ3

ヤフーリンク切れ4

ヤフーリンク切れ5

ヤフーリンク切れ6

ヤフーリンク切れ7

ヤフーリンク切れ8

ヤフーリンク切れ9

ヤフーリンク切れ10

 これは珍しい。初めてのことである。今まで様々なネタで各企業の株式掲示板からリンクされていたが、消されたのは初めてだ。いよいよ都合が悪くなった敵方によるネット統制でしょうか?フジテレビが平成教育委員会で収録済みの堀江社長を放映しないのと同じですかね?ヤフーというか、孫も一枚噛んでいますか?疑問はたくさんあるが、答えは一つ。

 「当サイトが気になってしょうがない。何とか隠し通したい」

 そうであろう。当サイトがガセ情報しかないのであれば放置すればよいのだ。放置せずにすべて消すというところが、奴らの焦りを象徴しているではないか。ヤフーの株掲示板のコメントが、名誉毀損、あるいは証券取引法違反なのであれば削除される理由はわかるが、単なる評論(当サイトにとってはネガティブなものまで削除されている。よほど見られたくないらしい)を記載し、当サイトをリンクしているだけでなぜ消されるんだ?それも一つや二つではない、全てを短時間に消されるというのはどういうことだ?面白いねぇ。依頼したのは堀江社長だとは思っていない。おそらく村上筋、あるいは野村筋であろう。それとも孫がカネ出しているのかね、後藤さん。

 おい、隠そうとするだけ無駄だぞ。大体、当サイトは衆参両議員や各省庁、もちろん司法筋も見ている。親日の情報機関もだ。隠し通せると考えるのなら甘すぎる。

 大量のカネが絡む案件なので油断はできないが、なにかますます面白くなってきた!こういうことをされると当サイトはますます盛り上がります。こうなったら仕手や金融、役人筋の協力者も総動員だ。政府の中枢にいる人間でも証拠が挙がれば容赦しない。全て公開とします。各協力者の皆さん、このインチキ劇に参加した気配のある人物をピックアップして情報提供願います。

【皆様にお願い】ヤフーの株式掲示板にて(特にフジテレビ、ニッポン放送、ライブドア、ソフトバンク)当サイトをリンクしてみてください。「こういう意見もある」という書き込みは構わないと思いますが、関係者の誹謗中傷、株価へのコメントはつけずにお願いします。それすらも全部削除されるということであれば・・・相当大きな力が働いているということになります。

【参考サイト】・・・当サイトがまとめきれない部分がわかります。各筋は問い合わせる前に以下サイトで予備知識と基本的な考え方を。

買ってはいけないライブドア http://members.at.infoseek.co.jp/J_Coffee/sonotoki9.html#nipponhousou5

株式取得に違法性? http://www.tez.com/blog/archives/000343.html

MSCB基礎知識 http://tez.com/blog/archives/000225.html

株式日記 http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu88.htm

(以下は上記の「株式日記」2月11日からのコメント引用)

株式の世界での戦争は実弾(金)を持っているほうが確実に勝つのですが、ライブドアの堀江社長が800億円のMSCBで調達した金が全てなら勝敗の目安はついてしまったようだ。金を貸したリーマン・ブラザーズも株の空売りで儲けて、MSCBをとんでもない安値で現渡しすればそれで貸し金は回収できる。問題は裏に隠れている本尊なのですが、本当に本尊はいるのか?

プロ野球のときのように、後から出てきた楽天やソフトバンクがライブドアの後を引き受けてテレビ業界を同じように乗っ取ろうと言うのか。プロ野球団なら誰が経営しようがかまわないでしょうが、マスメディアともなると国の基幹産業なだけに、怪しげなITヤクザに任せるわけにはいきません。しかしそのITヤクザに外資が絡んでいるとなると厄介な問題だ。

テレビのニュースなどを見るとリーマン・ブラザーズの名前はまったく出てこない。それだけ情報統制されているわけですが、ハゲタカ外資は日本の銀行のみならずテレビ局に対しても手を伸ばしてきたのだろうか。もっともテレビ業界はどの国も外人の持ち高制限がありますが、「なりすまし外人」に経営させれば問題はない。

ライブドアの堀江社長はいわゆる鉄砲玉であり、背後には乗っ取り屋や暴力団やハゲタカファンドが控えていて、今後どのように出てくるかわからない。二階堂ドットコムのサイトに書かれたことも私にはどこまで本当なのかわからないが、ヤクザや暴力団が出てきた時点で政治家やハゲタカファンドはいったん手を引くだろう。国民に総スカン食らったら意味は無いからだ。

イタリアのベルルスコーニ首相はテレビや出版などの企業グループのオーナーでありサッカーチームのオーナーでもあった。ベルルスコーニ首相は国民的人気を生かして首相にまでなった人物ですが、実際はマフィアのボスの大ボスだ。元首相のアンドレオッチもマフィアで裁判沙汰に巻き込まれていた。日本のITヤクザたちも同じでプロ野球チームのオーナーになったり、テレビや出版社を欲しがっている。要するに派手な業界が好きらしい。

自分達はやりたい放題の悪いことをしながら、テレビや新聞を買収して良いイメージを国民に植え付けて、イタリアの首相みたいにヤクザの親分が首相になる事も可能だ。日本でもヤクザにつながりのある政治家も沢山いるし、野中広務みたいにマスコミのドンになれば政界を動かすことも出来る。今回のフジテレビの買収騒動も必ずや政治家も絡んでいるはずだ。

ソフトバンクの孫正義にしろ楽天の三木谷浩史やライブドアの堀江貴文はITベンチャー企業というよりも株の売買の投資家に過ぎない。いろんな法螺話をしては株式で金を集めては投資をして転売して儲ける。IT革命と言いながら結局は儲けたのはマイクロソフトとインテルにみんな利益は持って行かれた。生き残ったITヤクザも一つ失敗すればおしまいだろう。彼らのお仲間も次のように言っている。

◆ 闇の声:05/02/11 10:06:21 ID:wNcEvymh 2ちゃんねる

ライブドアの狙いって言うのは、短期のキャピタルゲインと先が見えた
自分の商売の転換点を探る動きだろう
ネットビジネスは儲からないのに、あれだけの金を金融市場から調達したに見えているが
実際には様々な会社を経由して売り上げを大きく見せているに過ぎない
アメリカと比べて、日本は株式市場のチェック機能がいい加減だし、速度に付いていけない
架空計上すれすれを繰り返して、それを担保にして投資させているわけだが
その中味がないことに、投資家が不安を抱き始めた
ところが、前にも書いたけれども日本のテレビ関係はネットとの融合に極めて冷淡だ
と言うのも、番組を改めて買う場合放映回数について厳密に決めさせられる
最初に番組を作る時点で、この番組が見たいからスポンサ−のCMにもおつき合いするのが
日本的なあり方で、それが何度も再放映されるので有れば最初の放映時に見なくてもいいになる
だから、再放映に関してはスポンサ−の意向を考慮して慎重に設定する
とろこが、ネット上ではその著作権に関してのル−ルが日本ではまだ確立されていない
課金システムも不透明だ
それだけに、ネットでテレビコンテンツを流したりテレビやラジオと一体になっての
メディアシステムはまだ先のことだよ
JASRACでやっとカラオケの使用料が決まったほど日本は著作権に関して遅れている
フジが冷淡なのも、さんざん検討したがNHKに民放連が跳ね飛ばされた
それを経験上知っているからだ
ライブドアは、それに一石を投じたいのであろうがこういう問題になると
不思議とNHKと民放連は纏まる

◆ライブドアというのは、コンテンツを創り出す能力はあまり無いとされる
金で叩いて買うつもりだろうけれども、日本中のスポンサ−を敵に回すことは不可能だ
それに、スキャンダルだらけの会社であるから、結果的にカルト的な扱いをされて
最後にはソフトバンク同様投資会社としての扱いしか受けないと思う
ただ、ソフトバンクと違って社員の質が悪い
社長自体が反社会性を売り物にしているから、結果的にサロンへの出入りは出来ないだろうね
プロ野球機構に跳ね飛ばされたから、今度はメディアと言う事だったのだろうが
新聞社を敵に回して勝てると思った堀江がバカだ
結果的に、ファンド対日本のサロンの構図だけれども、その対決は
意外とあっさり終わるのではないか・・・自分が話を聞いた経営者達が一様に
堀江を追い出せ的な事を言っているからだ
言い換えれば、竹中的なペテン師的錬金術経済がどれだけ日本経済を悪くしているのか
経営者達は悟り始めている
そんなのに回す金が有れば、きちんとした物作り企業(起業)に回せばよい
郵貯の完全民営化を焦って進めようとする竹中同様、意外と早く堀江は
フライパンの猫になるかも知れないね

【nikaidou.com】

偶然か?榊原英資、リーマンのボードに 【2/12(土)10:30】
 某金融筋から教えていただいたのだが、リーマン・ブラザーズのアドバイザリー・ボードに2月3日、「ミスターYEN」こと榊原英資が就いたという。

 今回の件とは単なる偶然の一致か、はたまた、「政官界を抑えるために 取り込んだ」または「フジの件でこいつからクレームが来そうなので取り込んだ」 いろいろ想像できる。

【nikaidou.com:地検特捜部担当】

フジテレビへの提案 【2/11(金)21:30】
 フジテレビの悩める皆さん。どうしてライブドアの買収を報道しないんですか?そんなことでは勝てるわけがない。ここはひとつ、堀江社長と村上、そして六本木コネクションからさらには竹中平蔵まで、各人脈を慇懃無礼に褒め称え、インタビューし、各個人の日常を追いまくり、各自の関係を明らかにするという特番を組んだらどうですか。菱和ライフの西岡もつながりで出てくるでしょう。

 くだらないドラマなんて中止して、徹底的に洗いなさいよ。いくらなんでも情報収集能力が低すぎるぞ。フジテレビは本当に報道機関なのか?アホ社員が自分の手柄とか利益とかバックマージンとか、くだらないことばかり考えているからそうなるんだよ。1600億、資産を入れればそれ以上が無くなるかどうかの瀬戸際でしょう。決断しないと本当に負けてしまうぞ。もう少し知恵を使いなさい。

 特別番組の放送原稿は、堀江と同級生のアナウンサー、そして六本木関係に出入りするアナウンサーに読ませなさい。断れば共同テレビに出向です。もちろん踏み絵にするのですよ。たとえば、以下のようにです。

 「(前略)一連のニッポン放送の買収に関わった皆様をフジテレビが独自の視点でご紹介します。まずはM&Aコンサルティングの皆様をご紹介します。なんて優秀なんでしょう〜(テレ朝の「ビフォーアフター」風に)」

(経歴テロップ紹介)

 「まずはじめに、堀江社長に株を売り飛ばしたM&Aコンサルティングの村上世彰社長です。経歴は、1983年に東京大学法学部をご卒業あそばされ、通商産業省に入省。しかし、役人をやっていてもカネにならないということに気付き、乗っ取り屋・・・失礼、間違えました。おわびして訂正いたします。M&Aコンサルティング代表取締役です。M&Aに関わる業務については日本の第一人者。ただし、35%分の株式を集める際の資金元については不明です」

(アナウンサー笑顔忘れずに)

 「M&Aコンサルティングには、実際に株を集めた副社長の丸木強さんがいらっしゃいます。経歴は1982年東京大学法学部卒、野村証券株式会社に入社後は資本市場部の次長までご出世あそばされました、これまたプロフェッショナルです。一体どのようにニッポン放送株を集めたのでしょうか。やはり日本最大の証券マフィア野村證券・・・失礼しました。おわびして訂正いたします。野村證券のコネクションでしょうか。いずれにしろ優秀なお方です。」

 「M&Aコンサルティングと言えば、忘れてはいけない『暴力団類の対策』。やはりいろいろな悪い人たちから会社を守るために、元警察庁キャリアも名を連ねています。その名は滝沢建也さん。 1984年東京大学法学部卒、警察庁入庁。ボストンコンサルティングを経て、いつの間にかM&Aコンサルティングへ。ただし現場の経験がないので、トラブルは古株の連中を動かすしかなく、現役の現場警察官は面倒がっています。でもしかしそこは東大法学部卒のつながり。しっかり上層部は押さえています」

  ・・・どうでしょうね。まだまだアイディアはありますよ。もちろん、慇懃無礼でなくて淡々とでもかまいません。奴らはコネクションを暴露されるのを一番恐れています。
 まぁ、解決方法にはもう一つありますね。コストはかかりますが、多額のキャッシュアウトは必要ありません。社長のはんこ一つですぐに動くでしょうね。なにせ関係者だって天災はあるものですから。経費がかかりますが、今のままで全部取られるよりはマシでしょう。経費といったって、M&Aのときに買収先の会社の資産を担保にしてやるのと同じ方法で可能ですしねぇ。

【追加】M&Aコンサルにいる警察上がりの滝沢建也なる者の身元、所属経歴、交友関係を洗え。

【nikaidou.com:地検特捜部担当】

フジテレビ、ニッポン放送諦める 【2/11(金)10:30】
 北朝鮮との玉蹴りはどうやら勝ったようだ。「北朝鮮選手は持久力がある」なんて報道もあったが、当たり前だろう。北朝鮮は覚せい剤の製造元なんだから。打ってるに決まってるだろう。

 さて、表題の件だが、フジテレビはニッポン放送を斬り捨てるという決断に出たようだ。どうも、フジテレビは乗っ取りされていることに気付いていなかったらしいな。こっちでも知ってるくらいの話をなぜ知らぬ。危機管理ゼロなんだが日本の会社なんてこんなものかもしれない。幹部は深夜まで会議していたらしいが何の対策案も出なかったとか。当サイトに頼んでくれれば、少ないコストで一発大逆転、あら不思議株式が手元に・・・とできるのだが、自衛隊と一緒で出動命令(依頼)がないと出て行けない。こちらは常に村上の居場所を把握しているのだが、実に残念だ。以下、簡潔に情報を記すので頑張って突きどころを見つけなさい。たとえ54%取られた後でもなんとでもなるから。

 ・村上の株式集めには野村證券マフィアが思い切り関与している。M&Aコンサルの役員と野村の関係を洗え。

 ・大和証券がTOBでフジテレビを裏切った背景を調べろ

 ・鹿内の娘婿(不味会の主催:小指欠損しているらしい)と村上が同級生という噂がある。

 ・玉は村上が全て集めた。それをリーマン経由でライブドアに売っている。時間外取引云々言っているが、相対取引と同じだろうが。出来レースはともかく、なぜライブドアはMSCBなんて発行したのか、背景を探れ

 ・フジアナウンサーの千野の男がリーマンじゃなかったか?社内で関係者を知るものは徹底的に尋問せよ。アナウンサー連中は全員スパイだと思うくらいの調査網を張れ。

 ・連合軍の持分は54%らしいが、村上は全部売っていないのでまだ50%取られないかもしれない。村上が堀江を裏切る可能性について考察せよ

 ・野村證券が玉集めに関与しているが、1600億とも言われる利益剰余金をめぐるこの乗っ取りに政治家の名前が一切出てこない。やはり竹中−官邸(飯島)などのラインなのか。政治的な背景が必ずあるはず。野村マフィアを各方面からつついて情報収集せよ。

 ・本件に関与している人間のインサイダーを徹底的に洗うこと。別件でも構わない、ガラを持っていけば後は何とでもなる。

 ・・・ここまでヒントを与えればいいだろう。日枝さん、このたびはご愁傷様でした。

・ 参考記事(経済犯科帳)

・調査協力:ディスクロージャー株式会社

【nikaidou.com:地検特捜部担当】

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。