★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 524.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
海外マネーが米経済最大のかく乱要因 台頭する中国の動向注視 共同
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/524.html
投稿者 倉田佳典 日時 2005 年 3 月 14 日 20:33:41: eahs5MlcSyO0.

(回答先: Re: 日本の米国債売却を懸念 元通商代表が証言 (共同通信全文) 投稿者 倉田佳典 日時 2005 年 3 月 14 日 20:31:49)

03/12 17:32 米経済最大のかく乱要因 台頭する中国の動向注視

 【ワシントン12日共同】海外マネーによる米国債の大量保有が
、米経済最大のかく乱要因との見方が金融市場で強まっている。最
近のドル安基調を嫌った一部海外勢が、ユーロなど他の主要通貨に
投資先を振り向ける動きが出てきたためで、米政府当局者や市場関
係者が特に注目しているのが中国の動向だ。
 中国は人民元相場をドルに事実上固定するため、大量のドル買い
介入を実施。膨らむ外貨準備の運用先として米国債の購入を拡大し
、昨年十二月時点の保有額は日本に次ぐ千九百三十八億ドル(約二
十兆円)となった。
 米貿易赤字の四分の一を対中国分が占め、米経済に対する中国の
影響力が強まる中、ブッシュ政権は中国による米国債売却を恐れて
いるとの見方もある。バーシェフスキ元米通商代表が指摘した政権
内部の懸念が、現実味を帯びてきたわけだ。
 小泉純一郎首相が今月十日、外貨準備の運用先を「分散すること
が必要だ」と述べるとドルが売られ、日米の財務省が火消しに追わ
れた。
 米国の財政・経常収支の「双子の赤字」が過去最大規模に達し、
中国など海外資金への依存度合いが高まる中、国際金融市場の安定
性は一段と揺らいでいるといえる。
20050312 1732
[2005-03-12-17:32]
03/12 17:29 バーシェフスキ氏略歴

 シャリーン・バーシェフスキ氏 1950年8月11日、米イリ
ノイ州シカゴ生まれ。ウィスコンシン大卒。米法曹協会の国際法部
門副会長、米通商代表部(USTR)次席代表などを経て、97年
3月―2001年1月通商代表。現在は米ワシントンの法律事務所
の上級国際パートナー。代表在任中は、日米包括経済協議や半導体
、保険分野での交渉に強硬な姿勢で臨み、中国の世界貿易機関(W
TO)加盟実現にも道筋をつけた。(ワシントン共同)
20050312 1729
[2005-03-12-17:29]

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。