★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 762.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
06年3月末までにグループ一体再編の実現を=西武G経営改革委 (ロイター)
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/762.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 3 月 25 日 18:57:38: ogcGl0q1DMbpk

(回答先: 西武・コクド一体再生に反対、1株1000円以上でのTOB提案=村上ファンド (ロイター) 投稿者 愚民党 日時 2005 年 3 月 25 日 04:34:30)

06年3月末までにグループ一体再編の実現を=西武G経営改革委


 [東京 25日 ロイター] 西武グループ経営改革委員会(委員長・諸井虔太平洋セメント相談役)は経営改革に関する答申を発表した。報告では、コクドを吸収分割して、新コクドを西武鉄道に吸収、さらにプリンスホテルも西武鉄道に合併する再編を行い、西武鉄道には2000億円程度の増資を行う一体再生を目指すことを提言した。また、再編は2006年3月末までに実現することを答申した。 さらに新西武鉄道は、2008―09年に再上場を目指すなどとしている。


最終報告では、コクドを堤義明・前会長の資産管理会社と事業運営会社に分割し、事業運営会社となる新コクドを西武鉄道に吸収、合わせてプリンスホテルを西武鉄道に合併し、グループ事業の一体再生を行うことを提言した。この再編は、2006年3月末までに実現するとしている。

また、西武鉄道は、1)同業他社と比べて低い自己資本比率の向上、2)有利子負債の削減、3)新規投資―─を行うために、2000億円程度の増資を実施する。

この増資にあたって、経営改革委の川合弁護士は、「吸収分割の比率の決め方や、発行する株式の種類などにより、西武鉄道の一般株主の比率が大きく下がったり、希薄化しないような形を考えている」としている。

事業の再編については、国内ではキャッシュフロー赤字施設を中心に早期の売却・撤退を、海外事業では国内とのシナジー効果が認められないものは原則として売却・撤退を検討する。事業の約25%が対象になリ、総額で2000億円規模の資産売却を検討する。一方、増資資金などで今後3年間で1500億円規模のリニューアル投資を行う方針も打ち出した。

これらの資産売却と増資により、04年3月期に約1兆4000億円あったグループ有利子負債を、08年3月期までに4000億円削減し、約1兆円とする。収益力改善の試算では、08年3月期の営業利益は、04年度比380億円増の約540億円、経常利益は同210億円増の約290億円を見込んでいる。

http://news.goo.ne.jp/news/reuters/keizai/20050325/JAPAN-173111.html

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。