★阿修羅♪ 現在地 HOME > ホロコースト1 > 367.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ユダヤ人絶滅を命じた文書は発見されていない(4)
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/367.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2005 年 3 月 02 日 22:27:38: of0poCGGoydL.

(回答先: ユダヤ人絶滅を命じた文書は発見されていない(3) 投稿者 西岡昌紀 日時 2005 年 3 月 02 日 21:50:38)


 
 ・・・さらに重要な事は、戦後、連合軍が押収したドイツ政府の公文書の中に、
 どう読んでも、「ユダヤ人絶滅」とは両立しない命令や決定を明記した文書が、
 多数、発見されているという事実です。即ち、ただ「ユダヤ人絶滅」の命令文
 書がないだけではないのです。「絶滅」とは両立しない決定や命令が為されて
 いた証拠が、押収されたドイツ政府公文書の中に多数、存在しているのです。
  例えば、1942年8月21日のドイツ外務省の文書には、総統(ヒトラー)
 は、ユダヤ人を戦後、ソ連領内に強制移住させる事を決めている、という意味
 の記述があります。「絶滅」ではありません。強制移住なのです。それは、も
 ちろん、不当な差別政策ですが、その上、この文書には、アウシュウィッツを
 はじめとするポーランド領内の収容所は、そうした戦後のユダヤ人強制移住計
 画のための準備施設だという意味の記述まであるのです。これがどうして、
 「ユダヤ人絶滅」などという計画と両立するというのでしょう?
  他にも、マダガスカルとかロシアなどにユダヤ人を強制移住させる事を当時
 のドイツ政府が計画していたことを示す文書は幾つも発見されており、「定説」
 側も、ナチスドイツが、少なくともその初期においては、ユダヤ人を「絶滅」
 させるのではなく、マダガスカルなどに強制移住させる計画であったことは認
 めているのです。「定説」側は、それが或る時期から「絶滅」に変更されたと
 「説明」するのですが、そのような変更が為された証拠は提示されていません。
 それどころか、例えば、ドイツ外務省の高官フランツ・ラーデマッヒャー
 (Franz Rademacher)などは、42年の2月10日に、次の
 ような文書を発しているのです。
 「ソ連との戦争は、一方において、最終的解決(Endloesung)の
 ための別の土地を得る可能性を生み出している。その結果、(ヒトラー)総統
 は、ユダヤ人はマダガスカルにではなく、東方に移住させられるべきであると
 決定した。マダガスカルは、最早、最終的解決との関係に於いて考慮される必
 要はない」(訳・西岡 原文は以下の通り)
 Der Krieg gegen die Sowjetunion hat
 inzwischen die Moeglichkeit gegeben,
 andere Territorien fuer die Entloe−
 sung zur Verfuegung zu stellen.
 Demgemaess hat der Fuerer entschie−
 den dass die Jueden nicht nach Mad−
 agaskar, sondern nach dem Osten ab−
 geschoben werden sollen. Madagaskar
 braucht mithin nicht mehr fuer die
 Entloesung vorgesehen zu werden.
 (Nurenberg document NG−3933)
  繰り返して言いますが、このような強制移住計画が、差別に基ずいた不当な
 政策であったことは明白です。しかし、そうした道徳的判断とは別に、事実の
 問題として、これは、どう読んでも、ドイツのユダヤ人政策の目標が、言われ
 て来たような「絶滅」ではなく、(ロシア等への)強制移住だったことを示す
 文書ではないでしょうか?


 (西岡昌紀「アウシュウィッツ『ガス室』の真実・本当の悲劇は何だったのか?」
  日新報道・1997年 68〜70ページより)


  http://zenkoji.shinshu-u.ac.jp/mori/dohc/dohc9708.html

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト1掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。