★阿修羅♪ 現在地 HOME > ホロコースト1 > 486.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イルグン(イルグン・ツヴァイ・レウミ)はナチスドイツと協力
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/486.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 3 月 09 日 00:09:13: CjMHiEP28ibKM

(回答先: 戦時下のイルグン宣伝隊と「600万人」の数字 投稿者 はちまき伍長 日時 2005 年 3 月 08 日 22:05:50)

イルグン(イルグン・ツヴァイ・レウミ)はナチスドイツと協力関係だった。
------------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/nise-11.html
『偽イスラエル政治神話』
2章:二〇世紀の諸神話(その2)
1節:シオニストによる反ナチズム運動の神話(その2)
[中略]
[ロンメル戦車軍団と呼応する協力作戦を提案]

 シオニストとナチの政治的協力関係は、一九四一年にその絶頂期を迎えた。その当時、シオニストのもっとも過激な集団、“レヒ”(“イスラエル解放戦士団”)を率いていたアブラハム・シュテルンが死んで、その跡を継いだ三頭政治の一角をイツァク・シャミールが占めた。そのシャミールは、《道徳的観点から見て許し難い犯罪、すなわち、イギリスに敵対し、ナチス・ドイツのヒトラーとの同盟を唱導するという犯罪》(『ベン=グリオン/武装した予言者』)を犯していた。

 グエヴァのキブーツのメンバーで、著名な労働組合指導者、エリーゼル・ハレヴィ氏は、テル・アヴィヴの週刊紙『ホタム』(83・8・19)の掲載記事で、以上の犯罪の存在を証明する文書を暴露した。その文書には、イツァク・シャミール(当時はイェゼルニツキと名乗っていた)とアブラハム・シュテルンの署名が入っていた。届け先はアンカラのドイツの大使館であり、その時期にはヨーロッパで激戦が続き、ロンメル元帥が率いる戦車軍団がすでにエジプトに侵攻していた。文書の特筆すべき部分は、つぎのようである。

《われわれはあなた方と同じ考えだ。ではなぜ、お互いに協力し合わないのか?》

『ハアーレツ』紙は一九八三年一月三一日号で、「秘密」と記された手紙を紹介した。その手紙は、アンカラに派遣されていたヒトラーの使節、フランツ・フォン・パペンが、彼の上司宛てに出したもので、シュテルン集団のメンバーとの接触を物語っていた。添付のメモは、ダマスカスにいたナチの秘密情報部員、ヴェルナー・オットー・フォン・ヘンチッヒによるもので、シュテルンとシャミールの密使との合議が記されていた。特筆すべき部分は、つぎのようである。

《イスラエルの解放運動と、ヨーロッパの新しい秩序とが共同作戦を行うことは、イギリスを孤立させ撃破するために、あらゆる協力関係を結合して活用することの重要性を強調した第三帝国の総統、ヒトラーの演説の内容と一致する》

 これらの文書は、エルサレムのホロコースト記念館(ヤド・ヴァシェム)に収められており、分類番号はE234151ー8である。

 実際にシュテルン集団の司令官の一人だったイスラエル・エルダッド氏は、テル・アヴィヴの日刊紙『イディオット・アハロノート』の一九八三年二月四日号に掲載された記事の中で、彼らの運動体とナチス・ドイツの公式の代表との間での合議があったのは確かだと断言した。

 彼は、彼の仲間がイスラエル解放戦士団(シュテルン集団)を代表して、ドイツの考え方にもとづくヨーロッパの新しい秩序との利害の一致と、パレスチナのユダヤ人の熱望をナチに対して説明したことは確実だと、率直に認めた。文書の題名と主要な内容は、つぎのようである。

《パレスチナ民族解放戦士団(NMO、イルグン・ツェヴァイ・レウミ)のヨーロッパにおけるユダヤ人問題解決とNMOのドイツ側に立つ戦争への積極的参加の基本原則》

《ドイツの国家社会主義国家の指導者の演説から察すると、ユダヤ人問題の根本的な解決のためには、巨大な人口からなるヨーロッパのユダヤ人の移送(Judenreines Europa)が必要になってくる。

 このヨーロッパのユダヤ人の巨大な人口の移送は、ユダヤ人問題を解決するための基礎的な条件であるが、その条件を満たす方法は、この巨大な人口をパレスチナ、すなわち、歴史的な境界を持つユダヤ人国家に配置すること以外にない。

 ユダヤ人問題を決定的な手段で解決し、ユダヤ民族を解放することこそが、“イスラエル解放運動”(レヒ)とその軍事組織、パレスチナ解放戦士団(イルグン・ツヴァイ・レウミ)の、政治的活動と長年の戦いの目的である。

 NMOは、ドイツ内部のシオニストの活動に対するドイツ政府の好意的な立場と、シオニストの移民計画を熟知しており、つぎのように評価している。

(1)ドイツの考え方にもとづくヨーロッパの新しい秩序の建設と、レヒに体現されているパレスチナのユダヤ人の掛け値のない熱望との間には、共通の利害が存在し得る。

(2)新しいドイツと再生するヘブライ国家(Volkisch Nationalen Hebraertum)との間の協力は可能である。

(3)国家的かつ全体主義的で、ドイツと協定で結ばれる歴史的なユダヤ人国家が確立するならば、将来において、ドイツの中東での立場を維持し強化するために役立つ。

 ドイツ政府が、以上の民族的な熱望を承認するという条件の下で、“イスラエル解放運動”(レヒ)と、パレスチナ民族解放戦士団(NMO)は、ドイツ側に立つ戦争への参加を申し出る。

 イスラエル解放運動の協力は、ドイツ総統のヒトラー氏が最近の演説の中で、その重要性を強調したような、イギリスの孤立化と撃破に向けての、あらゆる交渉と同盟の強化の方向に添っている。

 その組織構造と世界観に基づいて、NMOは、ヨーロッパの全体主義運動と緊密に連携している》

(この文書の原本はドイツに保存されており、デヴィッド・イスラエリ著『一八八九年から一九四五年の間のドイツの政策の中でのパレスチナ問題』の付録として収録されている)

 この問題に関して十数本の記事を載せたイスラエルの報道によれば、ナチは一度たりとも、このシュテルン、シャミール氏とその仲間の提案を、真剣に検討していない。

 談合自体は、同盟軍の部隊が一九四二年六月、ナチの秘密情報部のダマスカスの事務所そのものの中で、アブラハム・シュテルンとイツァク・シャミールの密使、M・ナフタリ・ルーベンチックを逮捕したために、中断の憂き目を見た。集団の他のメンバーは、一九四一年一二月にイツァク・シャミールが“テロリズムと敵であるナチとの協力”を理由にイギリス当局に逮捕されるまで、接触の努力を続けていた。

 以上のような過去は、イツァク・シャミールが首相となり、現在もなお、最も獰猛にヨルダンの西側の占領継続を主張する有力な“反対勢力”の頭目であることを、いささかも妨げない。なぜなら、これが現実なのであって、シオニストの指導者たちは、互いに内部で競いはするものの、唯一の征服者、唯一の主人になるために、パレスチナのすべての現住のアラブ人を、テロリズム、土地徴用、退去命令で追い払うという人種主義の目的追求に関しては、まったく同じなのだからである。
 [後略]
 ------------------------------------------------------------

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト1掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。