★阿修羅♪ 現在地 HOME > ホロコースト1 > 601.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「ユダヤ系」クラブの歴史と「真相」に迫る・・・『アヤックスの戦争』S・クーパー著(白水社)
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/601.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2005 年 3 月 14 日 14:04:30: V/iHBd5bUIubc

オランダの名門フットボールクラブ「アヤックス」のお話です。(ちなみに、元浦和レッズの小野選手は、同じオランダのフットボールリーグの「フェイエノールト」所属です)

朝日新聞2005年3月14日読書欄より

佐山一郎 評

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
南アフリカ出身のユダヤ人の両親を持つ著者は、69年生まれ。
異色のフットボール・ジャーナリストとして知られる。
執筆のきっかけは、百周年を迎えつつあったオランダ最大のフットボール・クラブ、アヤックスが、戦前も今も「ユダヤ系」クラブであるという消えない噂から。
アヤックスはカリスマ、ヨハン・クライフを生んだアムステルダムの名門クラブとして名高い。

読後に得られる真相は、ユダヤ人富豪による資金提供と、戦前から続くアヤックス独特のユダヤ的雰囲気が、60年代後半に始まる黄金期をもたらしたという事実に尽きる。
ドイツ侵攻時、在住の14万人のユダヤ人のうちの10万人をオランダ人が見殺しにしたことにも著者はこだわり続ける。

サイモン・クーパーが記す。

「フットボール・クラブは一種の家族であり、自分自身の家族を持たない人に
 とってはとりわけだ。
 (略)血のつながりこそなかったが、その点はホロコースト以降のたいていのユダヤ人家族も同様だった。殺された祖父と同年輩の生存者が『お祖父ちゃん』になり、他の者が『叔父さん』になり、従兄弟をでっちあげて人生をもう一度やり直そうとする」

冗長な面もあるが、この著者ならではの発見に満ちている。

(白水社・柳下毅一郎訳・2415円)

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト1掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。