★阿修羅♪ 現在地 HOME > 地震・天文12 > 264.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ナゾ多い海底の活断層…今後土石流のおそれも(読売)
http://www.asyura2.com/0502/jisin12/msg/264.html
投稿者 ネオファイト 日時 2005 年 3 月 23 日 19:57:46: ihQQ4EJsQUa/w

(回答先: 福岡県西方沖地震 (東京新聞) 投稿者 愚民党 日時 2005 年 3 月 21 日 14:32:35)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050321ic24.htm
 福岡県西方沖地震で大多数の住民が避難した福岡市の玄界島。

 千田昇・大分大教授(変動地形学)と国土地理院の調査員のチームが21日、島内に入り、地形が変化した様子を調査した。

 島の玄関口である南部の港。防潮堤の外側に消波ブロックが積み上げられている。そこに付いた水位の跡をヘリから眺めて、千田教授は言った。

 「海底の地形に、隆起や沈降といった変化はなさそうだ。今回の断層調査は簡単ではない」

 地震を起こした断層は玄界島の東側を北西―南東方向に約30キロ延びている。

 海底の断層が過去、どれくらいの周期で地震を起こしてきたかを調べるには、音波を反射させる探査法が一般的。だが今回は、割れた面を境に水平方向にずれ合う「横ずれ断層」。海底に凹凸が出ないため、データ収集が難しいという。

 「島の集落も、このままでは危険だ」。

 島南部の急な斜面には住宅が密集、その上には住民の避難場所でもある小中学校が建つ。だが山頂付近は地震で強く揺さぶられ、至る所がえぐられたように山肌が露出した。

 「雨が降ったりすれば土石流が起こる危険がある」と千田教授は指摘する。

 一部のメンバーが山頂付近に登って確認したところ、木々で覆われた中にも大小の亀裂が隠れていたという。

 「島の地盤は軟弱。住宅の被害の大半も地滑りによるもので、今後を考えると、小さな亀裂も放置できない」と千田教授は対策の必要性を説いた。

 一方、瀬尾和大・東京工業大教授(地震工学)は、家屋の被害状況を視察し、倒壊した民家の多くの屋根が陥没している点に注目。倒壊が相次いだ理由について「台風で屋根が飛ばないよう、瓦を厚くして土で塗り固めているため、屋根が重く、地震ではあだになった」とみている。
(2005/3/21/23:50 読売新聞 無断転載禁止)

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 地震・天文12掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。