★阿修羅♪ 現在地 HOME > 昼休み5 > 740.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
1419 ロンドン動物園が、檻の中に人間(男女)を、入れて、「人間展示」を始めたと言う。ヘンリー・メイコウ
http://www.asyura2.com/0502/lunchbreak5/msg/740.html
投稿者 XL 日時 2005 年 9 月 04 日 16:21:55: 5Sn8OMNzpaIBE

ロンドン動物園が、檻の中に人間(男女)を、入れて、「人間展示」を始めたと言う。
そのことの意味を、ヘンリー・メイコウが論じる。


更新 平成17年09月01日23時37分

平成十七年(二〇〇五年)九月一日(木)
(第一千四百十九回)

○ヘンリー・メイコウのニューズレター、
 二〇〇五年八月二十七日。

  LONDON ZOO EXHIBIT IS ELITE PSY-OP
  (ロンドン動物園の【人間】展示は、エリートの心理作戦である。)

○英国、ロンドン動物園が、最近、人間を檻の中に入れて展示し、入場客に
 見物させて居る。

○「グレートブリテンは急速に警察国家に転化しつつある。
 それにともなって、檻の中に入れられた民衆は、自分自身を、動物として
 見なければならない。 民衆は私的秘密(プライバシィ)、尊厳、自由、
 その他の“人間としての”權利を主張すべきでない。」と、

○メイコウのこの見方は正しい。

○しかし、日本人は、米国崇拝の更に輪をかけた、重い英国崇拝病に取り憑
 かれて居る。

○「西洋文明の敵としての、ロンドンシティーに本部を置く、オカルト銀行家
 一味は、全体主義的警察国家を構築した。彼等は、民衆が、自分自身を動物
 であると考えるようにさせたい。動物であると言うことは、調教され、飼育
 され、そしてより分けられることである。」

○より分けるとは、英語で、Cullと言う。

○これは、病弱で劣等な家畜をより分けて殺処分し、強健な家畜の個体を残す
 ことを意味する。

○日本人が重篤な英国崇拝病者であるとすれば、
 当然のことながら、このような英国エリートの方向性と路線は、日本の
 「エリート」によって、すぐさま、受け入れられるであろう。

○その意味でも、メイコウのこの小論説は、今、日本民族有志に、紹介されな
 ければならないだろう。

○このロンドン動物園での「人間展示」は、英国エリートの心理戦争に他ならぬ、
 そしてこの心理戦争の目標は、民衆の自己評価を変えること、だと言う。

○この問題は更に検証を続けたい。

 (了)

●[注]

○日本のマスコミが、前出、ロンドン動物園の「人間展示」の件について論述
 したかどうかは十分調べて居ない。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み5掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。