★阿修羅♪ 現在地 HOME > 昼休み5 > 746.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
1141 ジューリ・リナの新刊 「欺瞞の建築者たち――フリーメーソンの秘密にされた歴史」(2004年十一月)
http://www.asyura2.com/0502/lunchbreak5/msg/746.html
投稿者 XL 日時 2005 年 9 月 04 日 19:55:20: 5Sn8OMNzpaIBE

ジューリ・リナの新刊大著
「欺瞞の建築者たち――フリーメーソンの秘密にされた歴史」(二〇〇四年十一月)到着(16.11.27)


更新 平成16年11月27日23時18分


太田龍の時事寸評
平成十六年(二〇〇四年)十一月二十七日(土)
(第一千百四十一回)

○Architects of Deception:
 The Concealed History of Freemasonry
 By JÜRI LINA

 二〇〇四年十一月、スエーデン、五百九十頁。

○ ジューリ・リナ著
  欺瞞の建築者たち――フリーメーソンの秘密にされた歴史――

○リナは、高級フリーメーソン結社員の実例として左記の七人を挙げる。

   ナポレオン
   レーニン
   トロッキー
   ヒットラー
   毛沢東
   F・D・ルーズベルト(米国大統領)
   トルーマン     (米国大統領)

○この顔触れがすべてフリーメーソンである、という説には、
 殆んどすべての日本人は、ただちに拒絶反應を起こすであろう。

○それは、日本人にこれまで与えられて来たフリーメーソンに関する情報が、
 フリーメーソンの二つの柱、

 (1)金権資本主義の英国フリーメーソン、
 (2)共産革命、プロレタリア革命、社会主義革命、共和主義反王制
    のフランスフリーメーソン、

○この二本柱のうち、(1)項のみ。

 (1)項だけがフリーメーソンであって、
 (2)項は、フリーメーソンとは無縁である、

○との、誤まれる先入見を植え付けられて来た。

○その結果である。

○フランスフリーメーソンには、
   ナポレオン
   レーニン
   トロッキー
   毛沢東
 が含まれる。

○のみならず、
   マルクス
   エンゲルス

○この二人も、フランスフリーメーソンである。

○ジューリ・リナの前出新刊大著の価値は、
 この二本柱の両方について詳細に論述して居るところにある。

○「ヒットラー=フリーメーソン」説についての叙述は、
 非常に複雑に入り組んで居るので、ここでは省略する。

○ジューリ・リナは、
 スターリンはフリーメーソン勢力と戦った、とする。

○しかし、この問題も、ナチス=ヒットラーとフリーメーソンの関係以上
 難しいので、ここでは省略する。

○H・G・ウェルズの「公然たる陰謀」についても論じられて居る。
 (三百四十頁〜三百四十一頁)

○「今日、フェビアン派の公然たる陰謀作戦は、フェビアン協会の会員であり、
 英国の首相でもあるトニー・ブレアによって、実行に移されつつある」
 (三百四十一頁)と。

○六百頁近い本書は、ジューリ・リナが、長い時間をかけて、ヨーロッパ
 各地を取材した上で書かれたもので、

○今日以降、フリーメーソンを語る上で、必読の基準の書と成るべきもの
 と成るであろうことは疑いない。

 (了)

【注】

○アナーキスト、アナーキズムについては、それは、
 フランス・フリーメーソン(グラントリアン)が、政治的愚者を利用する
 ために、でっち上げられた運動である(百三十六頁)、としてある。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み5掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。