★阿修羅♪ 現在地 HOME > 昼休み5 > 775.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
セックスボランティア 「だけど、やっぱりそれは愛があっての愛撫であり、挿入でありたい。」
http://www.asyura2.com/0502/lunchbreak5/msg/775.html
投稿者 ツッコミ早樅 日時 2005 年 9 月 19 日 15:11:12: 7jNxkf2B9mLn2

重度の障害のある方の場合、知的障害の方の場合、
女性の場合など様々な立場の障害者の方における「性」
についてを語っている。
ルポなので現実といえば現実なのだが、美談にするでもなく
偏見をもつでもなく、ありのままを書いている。
著者が女性だからか、人物描写も細かく、生々しさを
感じさせる文章である。
また、オランダなどの外国の実例もあげ、性の意識、
文化、福祉面などを日本と比較することもできる。

いきなり重い。
重度の障害者の人の言葉で「どうして殺してくれなかったのだ」
というのが痛いほど胸にささる。
そして、「障害者はあきらめなければならないことが多い」という
言葉にもうなづかされる。
しかし、それでもなお、「性」を求めようとする人たち、
「性」を理解し、与えようとする人たちの実態が書かれている。

障害者のカップルで、下半身は麻痺しているため快感は
ないのに、二人で愛しあうためにセックスをする二人の
ことが書かれていた。
二人にとってのセックスは性欲でも快楽でもなく互いを
愛しあうための形なのだと思う。

逆に知的障害者の方で、「愛しているからセックスをしない」
という女性がいた。
知的障害者だったために「カラダ目当てだけのセックス」
を今までされてきたからだという。
だから、セックスに対して怖く、本当に愛しているなら
セックスしなくてもつきあって欲しいというのだ。
だからつきあっているのに相手の男性は童貞のままらしい。

いろいろな愛のカタチ、セックスのパターンが見える。

自分の手で自慰ができない男性障害者の方に男性の介助者が
手で自慰をしてあげるというのは、驚いた。
そして、女性ボランティアの方がすることもあるらしい。
女性は「排泄行為と同じです」という。
なんだか、それは切なくないのか。
ただ、それは性欲だから「処理する」でいいのかもしれないけど。

逆に女性障害者に健常者のセックスボランティアの男性が
セックスをする場合は微妙らしい。
道具を使う場合はいいが、実際に男性のものを挿入する場合は
射精することがあるからだという。


ボランティアだから抵抗があるのか?
逆にビジネスと割り切った方がいいのか……。

障害者では一生、恋も結婚もできないかもしれないからと、
男性ホストを呼ぶ女性障害者。
障害者専用のデリヘル嬢にしてもらう男性。
健常者だって、誰でもセックスできるわけじゃないし、
一生処女や童貞君だっていると思うが……。
セックスするのにどんなやり方が正しいとか悪いとかは
ないと思うのだが、なんともやりきれない。

軽く語れることではないが、いろいろなことを考えさせられる
本であった。


身体の一部で、排泄をするにすぎない部分なのに
性器というのは特別だ。
好きでもない人の性器なんて見たくもないし、触りたくないが、
愛する人の性器のいとおしいこと。
そりゃあ、愛などなくてもこすれば気持ちよくなるだろうし
刺激すればイクだろう。
だけど、やっぱりそれは愛があっての愛撫であり、
挿入でありたい。

http://tsukiakarinomai.ameblo.jp/entry-a11c1588a2895678b7d7b2c3e0f4a2cc.html

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み5掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。