★阿修羅♪ 現在地 HOME > 名前登録待ち板3 > 1228.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イージス艦 記録装置搭載認める
http://www.asyura2.com/0502/nametoroku3/msg/1228.html
投稿者 old-salt 日時 2008 年 2 月 27 日 22:23:52: Md/7kgWXnQ3VM

イージス艦 記録装置搭載認める
2008年2月27日(水) 「しんぶん赤旗」
赤嶺議員、提出を要求
 防衛省の徳地秀士運用企画局長は二十六日の衆院安全保障委員会で、漁船「清徳丸」に衝突した海上自衛隊のイージス艦「あたご」に、航行情報を記録する装置を搭載していたことを認めました。日本共産党の赤嶺政賢議員の追及に対する答弁です。
 赤嶺氏は、海上衝突予防法では、相手を右舷側に見る船舶に回避義務があり、「『あたご』に回避義務があったことは明らかだ」と指摘。「基本的な事実関係、衝突原因を明らかにするのは、衝突を引き起こした防衛省の当然の責任だ」と強調しました。
 そのうえで、針路や速度などを記録する装置を「あたご」が搭載していなかったと報じられていることについて、その事実をただしました。
 徳地局長は「日付、時刻、位置、速力、船首方位等の航行情報を常時記録できる装置を装備している」と答弁しました。
 衝突当時、現場にいた漁民は、「あたご」の速度が十四―十五ノットあったと証言していますが、防衛省は十ノットと説明しています。
 防衛省の説明は同装置に基づくものかと赤嶺氏がただしたのに対し、徳地局長は「確認していない」と答弁。根拠のあいまいさが浮き彫りになりました。
 赤嶺氏は、機械的に記録された客観的な情報は「公開しても捜査に何の影響もない」と指摘し、こうした航行情報の提出を要求しました。
 石破茂防衛相は「捜査の厳正性は尊重しなければいけない」などと述べ、海上保安庁による捜査を理由に、事故の基本的な情報さえ公開を拒否。赤嶺氏は「国民に対する最低限の説明責任だ」と指摘し、航行情報の提出を重ねて求めました。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 名前登録待ち板3掲示板



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。