★阿修羅♪ 現在地 HOME > 日本の事件16 > 723.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
JR脱線事故『ブレーキ利き遅い』 (東京新聞)
http://www.asyura2.com/0502/nihon16/msg/723.html
投稿者 外野 日時 2005 年 5 月 08 日 09:52:05: XZP4hFjFHTtWY

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20050508/mng_____sya_____007.shtml

JR脱線事故『ブレーキ利き遅い』

 尼崎JR脱線事故で、快速電車が現場手前の伊丹駅でオーバーランした際にも、非常ブレーキが作動していたことが七日、分かった。事故直前の走行速度と同じく五両目のモニター制御装置に記録されていた。停車の際、車掌(42)は「(常用)ブレーキの利きが遅いと感じた」といい、兵庫県警尼崎東署捜査本部は、高見隆二郎運転士(23)=死亡=の操作が遅れたとの見方を強める一方、ブレーキ系統などに何らかのトラブルが生じていた可能性もあるとして、慎重に調べている。

 調べによると、快速電車には非常ブレーキ作動時、走行速度などが記録されるモニター制御装置が、一、四、五、七両目に設置されていた。

 このうち五両目のデータを解析した結果、事故直前以外に伊丹駅構内でも非常ブレーキが作動していたことが判明。事故直前の時速百八キロと同様、伊丹駅では同二十九キロが記録されていた。

 これまでの調べで、車掌は電車が同駅構内に入った際、「(車掌室で)ブレーキの利きが(いつもより)遅いと感じた」と説明。非常ブレーキは高見運転士が操作したとみられるが、車掌も車掌室のブレーキハンドルに手をかけた、という。

 JR西日本によると、電車は同駅を約四十メートルオーバーランし、約一分半遅れで出発。直線区間で加速し、十分減速できないまま現場のカーブ(制限速度七十キロ)に進入したとみられる。

 捜査本部は、伊丹駅とカーブの二つの減速ポイントで、高見運転士の常用ブレーキ操作などに共通した問題点がなかったか調べる。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 日本の事件16掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。