★阿修羅♪ 現在地 HOME > 政治・選挙・NHK9 > 1126.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
これだけ揚げ足を取られるようでは運動としても弱いのでは?
http://www.asyura2.com/0502/senkyo9/msg/1126.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2005 年 6 月 18 日 17:02:19: YdRawkln5F9XQ

(回答先: ワヤクチャさん 情報集約、ありがとうございます。 投稿者 ODA ウォッチャーズ 日時 2005 年 6 月 18 日 14:46:39)

ODA ウォッチャーズさん、レスありがとうございます。

高金素梅さんはちょっと運動のやり方に問題があり過ぎなのでは無いでしょうか?
これだけ揚げ足を取られてしまってはかえって相手を利するだけです。
靖国神社の性格から考えて台湾人であれ日本人であれ合祀から外して欲しいという要求は正当なものだと思いますが、その運動のやり方が杜撰過ぎるのですよ。
これでは私なんかはかえって運動に勝つ気があるのかと疑いたくもなるのです。
かえって右翼勢力を利するだけであると。
木村愛二さんやプチ塾女さんがその問題性を指摘する所の<「女性国際戦犯法廷」を主催したバウネット>と関わりがあるような所が問題ですね。

【抜粋】
台湾立法院議員である高金素梅氏ら一行は13日午後来日すると、すぐ支援団体が主催する集会が行われる教会へ向かった。支援団体は、カトリック正義と平和協議会で、教会は日本基督教団信濃町教会である。記憶力のいい読者の方はピーンと来たはずで、カトリック正義と平和協議会とは、朝日新聞の「安倍・中川NHK政治介入疑惑報道」の元凶である「女性国際戦犯法廷」を主催したバウネットの発起人なのである。つまり、キリスト教系極左団体であり、朝鮮総連と深い関わりがあることも指摘されている。昨日は日本基督教団信濃町教会で講演が行われた。未確認だが講師は、最近「靖国問題」を上梓した東大の高橋哲哉氏ではないかと思われる。


2005年06月14日
台湾先住民族、贋遺族靖国騒動の真実。
今日、靖国神社そばの路上で起きた騒ぎは、火の無いところに煙を立てる典型的なサンプルだ。メディアは背後関係に全く触れない報道をするので、結果的に支那と北朝鮮の工作活動に加担してしまう。台湾立法院議員である高金素梅氏ら一行は13日午後来日すると、すぐ支援団体が主催する集会が行われる教会へ向かった。支援団体は、カトリック正義と平和協議会で、教会は日本基督教団信濃町教会である。記憶力のいい読者の方はピーンと来たはずで、カトリック正義と平和協議会とは、朝日新聞の「安倍・中川NHK政治介入疑惑報道」の元凶である「女性国際戦犯法廷」を主催したバウネットの発起人なのである。つまり、キリスト教系極左団体であり、朝鮮総連と深い関わりがあることも指摘されている。昨日は日本基督教団信濃町教会で講演が行われた。未確認だが講師は、最近「靖国問題」を上梓した東大の高橋哲哉氏ではないかと思われる。

高金素梅氏は、外省人(戦後大陸から移った台湾人)の父を持つ元タレントの金素梅。議員に立候したときに選挙に有利な先住民族枠から出馬するため、わざわざ先住民族高砂族の母方の姓の文字を加えて改名した。つまり、彼女は選挙でも高砂族を利用したわけだ。支那統一派の彼女にとってパフォーマンスが必要であり、17日に判決が出る大阪靖国訴訟の原告団代表である。
原告団は高砂義勇兵遺族ということになっているが、原告団に名を連ねた本物の高砂義勇遺族のほとんどは、本人の承諾なしに原告団に加わっているような状態だ。この裁判自体が他の多くの靖国訴訟と同じ性格を持っている。高砂義勇兵に関してはこの高砂義勇伝というサイトを見ていただきい。

さて、この騒動、真っ先に日本で報じたのが朝日新聞の10日のこの記事だが、これは、何と、提携する人民日報の記事そのままのもので、「戦死者の位牌を同神社から除くよう日本側に求める考えを明らかにした。」などとトンでもないことを書いている。無知そのものと笑っている場合でなく、明らかな支那共産党の情報操作も行われている。高金素梅は、靖国神社の取り計らいですでに魂を台湾に持って帰る儀式を行っていたのだ。今回の来日の目的は、ただ一つ、裁判出廷も含めた政治パフォーマンスに過ぎない。この時点で朝日は北京の宣伝を行っている。来日自体が、国民党の一部と支那大陸への政治パフォーマンスなのだ。一行は今日の午後は箱根観光へ向かい、15日は名古屋万博、その後も京都、大阪観光がメインの日程で、申し訳程度に17日の裁判出廷があり、最後に大阪で在日の日韓友好団体の集会に参加することになっている。

台湾出発前には台湾でこのような報道がされている。
高金素梅来日 台聯支持者抗議

立法委員の高金素梅来日について、高砂義勇軍の遺族が日本に到着し、明日、靖国神社に赴き、日本政府に「高砂義勇軍」が神社の中から除名するように求めることについて、在日本の台湾支持者はこう抗議している。一行がただ日本に足を踏み入れるということだけしか思い付かなかった。このようなことが起きれば、高金素梅さんら一行に激烈な抗議行動が行われることが予想できる。
このような経緯の下で共同が配信したニュースを読んで欲しい。いかに事実関係の確認が疎かにされているかということが良く分かる。しかし、これがベースになってメディアから報道が振りまかれるのだ。まるで新華社か人民日報の報道だ。
靖国神社の訪問を断念 台湾先住民、右翼の妨害で

 小泉純一郎首相が靖国神社を参拝したのは違憲で精神的苦痛を受けたとして、国などに損害賠償を求めている台湾先住民ら約60人が14日、戦死した台湾先住民の合祀(ごうし)取り消しを求めるため、靖国神社を訪れようとしたが、右翼が神社の周囲を占拠したとして、訪問を断念した。
 原告側の支援者によると、台湾先住民らはバスで靖国神社に向かったが、警察側の要請を受けて、神社の約300メートル手前で引き返した。靖国神社側は、神社を訪れることを拒否していないとしている。
 この後、先住民らは弁護士会館前で記者会見し「先祖の霊はわたしたちの方法で祭る。日本人がするのは間違い」と話し、合祀を取り消すよう求めた。
(共同通信) - 6月14日13時7分更新
一方、台湾ではこのように報じられた。
高金素梅被軟禁在車内? 駐日副代表:日本要保護地

高金素梅の行動について、台湾の団結連盟の日本支部は反対意見を公表した。同時に声明を発表して、高金素梅に言行を慎むように求めている。
高金素梅は日本の親中左翼勢力と連携し、台湾のイメージを損なうために靖国神社問題を利用している。
彼女はすべての原住民など代表しておらず、まして台湾人をも代表していない。彼女を支えているのは台湾国内の一部の親中勢力だけだ。その一連の行動を見ても分るようにきわめて親中反台的だ。
本来、このような政治勢力のコマごときをいちいち相手にする気もないが、それが日本の戦没者慰霊施設を踏み荒らそうとするのであれば、これほどの日本への非礼はなく、台湾にとっては大きな恥である。本日まもなく日本に到着する高金素梅に対し、行動を厳重に慎むよう要求する。
さらにこの報道では、支那が日本政府に高金素梅氏の身の安全を守るように依頼したことを伝えている。台湾政府でなく支那であることが、この騒動の本質を何よりも物語っている。


中共が日本に高金素梅の日本での身の安全を要求

中国共産党は日本に高金素梅の日本での身の安全を保護するように求める。立法委員「高金素梅」は日本に到着後、靖国神社へ行き、日本に正義を求めるよう要求するつもりで、我が台湾駐日代表部は態度を表明していないのに対し、中国共産党の駐日本大使館のスポークスマンはすでに日本政府に「高金素梅」日本滞在時の身の安全を保障するように求めている。(以下略)
高金素梅氏ら一行と一緒に来日した台湾報道陣はほとんどが統一派、大陸派メディアであり、中立派、独立派が関心を示していないことも良く分かる。いずれにしても、工作活動はこのように色々な側面から仕掛けられて来ることに日本人は注意しなければならないのだが、頼れるメディアが少ないのが残念。産経の「北の宣伝機関幹部にビザ 対日工作を強化? 4人、17日に来日」という報道も注目だ。対日工作機関の学習組もすでに復活している。

※高砂義勇伝を、是非見ていただき、台湾人との連帯について考えていただきたい。フラッシュが素晴らしい完成度だ。
関連サイト:Weblog 「I Love ASIA」資料編
http://www.a-eda.net/blog/archives/2004/11/post_5.html
posted by Nishimura at 21:57 | Comment(44) | TrackBack(28) | |

http://nishimura-voice.seesaa.net/

>◆ この情報集約を参考にさせて頂き、考えたことを書いてみました。

>2005-06-18 14:47:43 Posted by kaisetsu
>言論の自由は、権力への牽制のために在る

権力を牽制する為には揚げ足を取られるような運動ではいけないと思います。

>テーマ:Peace!Peace!
http://kaisetsu.ameblo.jp/entry-2733046da416320ee51aeba122494fc2.html

>高金素梅さんについて、その行動の背景を探る、というスタンスが在るが、果たし>て、それは実りの在る行動だろうか。 

いえ、やはり真実は知るべきなのであって、「敵の敵は味方」論では、木村愛二さんが言う所の「ニセの友」と共闘して足をすくわれる事になると思います。

>既に、裁判にまで発展している段階で、それも民事で、第三者が、個人の行動を詮索>することは、第三者の裁判への不合理な干渉である。 

裁判の当事者がこれほどまでに馬脚を表してしまっているのだからどのようにして我々は助ける事ができるでしょうか?
ほとんど無理なのでは?

>むしろ、問題の核心の解明と対処法について、マスコミも貢献するべきだ。

問題の核心は靖国神社の体質でしょうが、高金素梅さんは、かえって問題をすりかえられてしまう活動をしてしまったのだと思います。

> 問題の核心は、「靖国が分祀を認めるのか」、「他宗教の個人を祀ることが許され>るのか」に在る。

そうなのですが、その為に高金素梅さんが取った行動は杜撰過ぎます。

>個人的理由で、台湾の歴史を研究するのは自由だが、自己の趣味と認識は、客観的整>合性と社会の認知を得たものではなく、国際的紛争に発展する可能性の在る事案に関>して、これを紛糾する方向に持って行こうとする発言は、真実性の検証を含めて、細>心の注意の上に注意が必要だ。 

高金素梅さんをどう弁護できますか?

>逆に、国際協調と平和を目指し、権力に迎合しない発言は、積極的に、声を大にして>勇気を持って行うべきである。

一般的にはそれは正しいです。
しかし、高金素梅さんはどうですか?

> 言論の自由は、権力への牽制のために在るからだ。

これも、一般的には正しい。
しかし、権力と対峙する時は揚げ足を取られないような細心の注意が必要だ。
これほど杜撰では権力を利する目的があるのでは?とかえって勘ぐってしまいます。
杜撰であると思う所を下記抜粋しております。
これに対する高金素梅さん側の反論はまだ私は見つけておりません。
だから、この事の真偽の確認がまず大事なのではありませんか?

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H15/1509/1509074lie.html

高金は台湾の親中反日グループ(大陸派)と親密で、
同派が画策する反日・台湾独立阻止運動のために靖国訴訟を起したという。

 原告団に名を連ねた者の多くが

(1)台湾居住でない

(2)原告になっていることを知らない

・・など詐欺行為に等しい提訴だと林氏は告発している。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK9掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。