★阿修羅♪ 現在地 HOME > 政治・選挙・NHK9 > 208.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
平和展:「聖戦」を検証、資料200点展示−−東本願寺(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/0502/senkyo9/msg/208.html
投稿者 下戸彩 日時 2005 年 4 月 13 日 17:13:48: yZ.kO/yAkn3xw

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kyoto/news/20050413ddlk26040397000c.html 


平和展:
「聖戦」を検証、資料200点展示−−東本願寺で17日まで /京都

 真宗大谷派の05年非戦・平和展「歴史をつなぐ」が、東本願寺(下京区)の参拝接待所ギャラリーで開かれている。明治以降、教団が国策に追従して宗祖親鸞の教えをゆがめ、侵略戦争を「聖戦」と呼んで多くの門徒や青年を出兵させた歴史の検証作業の一環で、今年で6回目。17日まで。

 1894(明治27)年の日清戦争に際し、法主(ほっす)が「一身を国家になげうち忠勤を尽くさねばならぬ」と僧侶や門徒に命じた「直命(じきめい)」や、1942(昭和17)年に寺院から供出された金属製仏具を前にした法要の写真パネルなど約200点を展示。代用仏具として使われた陶器製のしょく台や、「スパイに用心」と記された湯のみなどから当時の生活がうかがえる。また、戦場で兵士に教えを説いたり戦死者に読経するため教団が派遣した僧侶「開教使(かいきょうし)」が着た教衣(きょうえ)も。教衣は黒でなく軍服と同じカーキ色で、腰にベルトがあり行動しやすい形をしている。

 このほか、戦争の激流に抵抗した高木顕明師、竹中彰元師、河野法雲師の3僧侶の歩みを紹介。和歌山県新宮市の浄泉寺住職、高木師は、ロシアとの開戦論に対し非戦を訴えたが教団に理解されず、明治天皇暗殺計画の名目で社会主義者らが弾圧された大逆事件に連座。死刑判決を受け、獄中で自殺した。教団は師を永久追放処分とし、85年後の96年に名誉回復がなされた。

 無料で、午前9時〜午後4時。問い合わせは同派解放運動推進本部(075・371・9247)。

【鶴谷真】

毎日新聞 2005年4月13日

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK9掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。