★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争66 > 113.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ヒトラー、ローマ法王誘拐を命令していた【伊アッベニーレ紙→CNN】
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/113.html
投稿者 名無しB 日時 2005 年 1 月 16 日 21:24:05:0lJ1dbid3G/dc

http://www.cnn.co.jp/
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200501160010.html
-------------------------------------------------引用始め
ヒトラー、ローマ法王誘拐を命令していた

2005.01.16
Web posted at: 18:20 JST - CNN/REUTERS

バチカン──ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーが第二次世界大戦中、
当時のローマ法王ピウス12世の誘拐を計画していたことが明らかになった。
ナチス親衛隊(SS)に誘拐を命じたが、司令官が命令に従わなかったため、
未遂に終わったという。イタリアのカトリック系日刊紙アッベニーレが15日、
伝えた。ナチスによるローマ法王誘拐計画はこれまでも歴史家などから
指摘されていたが、具体的な内容がわかったのは初めてという。

アッベニーレ紙によると、ローマ法王の誘拐計画は「ラバト作戦」と名付けられ、
1943年の予定だったが、なんらかの理由でこの年には実行されなかった。
翌44年のローマ撤退直前に、ヒトラーはカール・ヴォルフSS司令官に、
ローマ法王の誘拐を直接命令した。

同紙によるとヒトラーは、法王がいずれナチスの世界支配の邪魔になると考え、
誘拐を計画。ヒトラーはキリスト教に代わる教義として、ナチズムを世界中に
広めるつもりだったという。ヒトラーから命令されたヴォルフ司令官は、
法王と密談のため一般市民に変装してバチカンに潜入。法王に誘拐計画を明かすと
同時に、自分が従うつもりのないことを約束し、十分注意するよう法王に
忠告したという。法王はヴォルフ司令官の誠意を確認するため、ナチスに
死刑を宣告されていたイタリアのレジスタンス指導者2人を釈放するよう要求。
ヴォルフ司令官はこれに応じ、2人の釈放を取り計らったという。

報道によると、ヴォルフ司令官は誘拐計画の一部始終を、ピウス12世の功績を
収集していた教会関係者に証言していた。バチカン内部では、ピウス12世を
聖人に列するための動きがあり、司令官の証言もその材料として集められたもの
という。

一方で、第2次世界大戦中の教皇庁はピウス12世のもと、ナチス寄りの姿勢をとり、
ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)にわざと目をつぶっていたと非難されることも多い。
戦後のバチカンは、これは各国のカトリック教徒をナチスの迫害から守るためで、
ピウス12世が水面下ではユダヤ人救済の活動を続けていたと反論しているが、
戦中のカトリック教会の行動は批判されることが多い。このため、ピウス12世を
聖人にしようとし続けるバチカンの動きには、各国のユダヤ人団体の非難が集中している。
現法王ヨハネ・パウロ2世は、ピウス12世を一貫して擁護しており、「偉大な法王」
と称賛したこともある。
-------------------------------------------------引用終り

 次へ  前へ

戦争66掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。