★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争66 > 224.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イラク・レジスタンス・レポート(日本語版) 2005/01/16 [イラク情勢ニュース] レジスタンス戦士とは何者か?
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/224.html
投稿者 white 日時 2005 年 1 月 18 日 22:00:16:QYBiAyr6jr5Ac

□イラク・レジスタンス・レポート(日本語版) 2005/01/16 [イラク情勢ニュース] レジスタンス戦士とは何者か?

 http://www.freeml.com/message/organizer-news@freeml.com/0000759;jsessionid=tekoy0a2a1

URUKNEWSイラク情勢ニュース        (転送・紹介歓迎)
□□□□□ □■  □□□□□ □■  □□□□□ □■ □
2005年1月18日火曜日  Tuesday,18January2005

[飛耳長目録 today'snewslist] 
☆イラク・レジスタンス・レポート 1月16日付
  ・イラク傀儡(かいらい)兵が大挙して脱走
  ・レジスタンスは、オサマ・ビン・ラディンの呼びかけを拒絶
☆レジスタンス戦士とは何者か?
    byJijiMansoor国際占領監視センター 

-------------------------------------------------------
☆★1月16日 日曜  
IraqiResistanceReportforeventsofSunday,16January2005
-------------------------------------------------------
http://www.albasrah.net/moqawama/english/0105/iraqiresistancereport_160105.htm

★カイム Al-Qaim

イラク傀儡(かいらい)兵が大挙して脱走
Iraqipuppettroopsresignenmasse

 カイムのイスラム・メモ通信員は、アメリカがカイム市に創設したイ
ラク傀儡軍の兵士が、16日大挙して軍隊から脱走し、絶対に傀儡
軍の隊列に戻らないと決意したと宣言したことを伝えてきた。この集
団離脱は、カイムの傀儡軍と米軍とのあいだに重大局面が発生した
あとのことである。

 イスラム・メモの通信員は、集団脱走の理由について、オマル・ム
ハンマド中尉に質問した。ムハンマド中尉は、アメリカ軍が彼らを招
集して「命令」を出したが、それはカイムのさまざまな地区をパトロー
ルする米軍に随行することを求めるものだったと回答した。

 「その意味は、彼らがわれわれを身代わりにしようとしているという
ことだ。だが、われわれはレジスタンスと戦って死ぬよりは、自殺す
ることを選ぶ。もし要求通りに、われわれが彼らと一緒に街路をパト
ロールすれば、毎日10人、15人の兵士を失うことになるだろう。な
ぜなら、今、アメリカ軍がそうなっているのだ。だから、われわれは軍
を離脱することを決めたのだ」。
 

★バグダッド Baghdad

イラク・レジスタンスは、オサマ・ビン・ラディンの呼びかけを拒絶
IraqiResistancerejectsUsamahbinLadincalltouniteunderhisman

 オサマ・ビン・ラディンが(レジスタンスは)ザルカウィのもとに結束
せよと呼びかけたことに対し、イラク・レジスタンスは拒絶した。

 イラク・レジスタンス司令部は声明を発表し、それは、バグダッド市
内のモスクで16日朝に配布された。米占領軍とのレジスタンス闘争
においては、イラク国民はザルカウィの指揮のもとに入れと呼びかけ
たオサマ・ビン・ラディンからの書簡に関するものである。

 イスラム・メモ通信員はイラク・レジスタンスの声明文のコピーを入
手した。それはイラク情勢に関してレジスタンスの見解を要約し、「イ
ラク・イスラム・レジスタンスのすべての部隊は、イラクのイスラム・レ
ジスタンス指導者として預言者ムハンマドを選び、神の平穏と祝福は
彼に与えられん、と満場一致で合意した」というものであった。

 声明文は、「預言者ムハンマドは、現在および未来の軍事作戦に
おいて、われらの模範であり、われわれはジハード(聖戦)の命令お
よび異教徒の十字軍との武力闘争を、彼の高貴な実践のなかから
獲得する。したがって、望む者は誰でも預言者ムハンマドの旗の下
に急いで参加させたまえ。神の平穏と祝福はムハンマドに与えられ
んことを」と宣言した。

 イスラム・メモ通信員は次のように書いてきた。ザルカウィのもとに
結束するようイラク・レジスタンスに呼びかけたオサマ・ビン・ラディン
の書簡は、さまざまなイラク・レジスタンスの組織から大きな反発を
受け、その書簡はファルージャ、モスル、他のイラクの諸都市でもほ
とんど同意を得ることがなかった。


イスラエルの工作員8人が殺された
EightZionistagentskilled

 バグダッド南部のジャディリヤにあるハンラ・ホテル近くで、16日、
イスラエルのスパイ機関モサドの工作員8人がレジスタンス戦士の
攻撃を受けて死亡した。

 この日正午、イラク・レジスタンス勢力は国際取引代理店バビル社
を攻撃した。ここ数日、レジスタンス側はバビル社がイスラエルの秘
密警察モサドの正体を隠すための機関であることをバグダッド市民
に知らせてきた。そのことは米軍と傀儡警察がバビル社に提供して
いる保護・警備の異例さから判断された。

 イスラム・メモの通信員は、レジスタンスは外国人の人質からこの
イスラエルの手先企業の正体について知らされたと伝えた。彼らは
レジスタンスに、この企業のユダヤ人工作員が偽名を使ってバグダ
ッドの土地と家屋を買収していると告げた。
 
-------------------------------------------------------
☆★レジスタンス戦士とは何者か?
  WhoAretheResistanceFighters?
  byJijiMansoorDecember25th,2004
-------------------------------------------------------
http://www.occupationwatch.org/article.php?id=8487

InternationalOccupationWatchCenter
InsideIraq:ReportsfromIndependentIraqiJournalists

 イラク・レジスタンスについて研究したいと思う社会科学者は、レジ
スタンスの思想的あるいは政治的立場を見極めようとするとき、誰し
もが困難で複雑な問題に直面する。理由は多くある。 例えば:

 ・統一された政治的、社会的なレジスタンスの顔が見えない。

 ・その分野の、あるいは政治的な指導者は、占領軍から正体を
  隠そうとする

 ・レジスタンスは、社会的あるいは政治的戦線を発展させる前に、
  占領軍に反対して武器をとった

 レジスタンスの研究を難しくしている別の複雑な問題は、おびただ
しいグループがメディアやインターネットで自分たちはレジスタンスの
一部だと主張しており、彼らの主張の正統性を判断するのが困難な
ことである。また、占領軍や地方行政当局から提供される情報はし
ばしば誤った方向に導くものであったり、信頼できないものだが、そ
れを指摘するほどの価値もない。

 レジスタンスの初期の頃、米軍と暫定イラク政府は、レジスタンス
戦士はサダム政権の残党だと言っていた。サダムが逮捕されたあ
と、米軍と政府はレンジスタンス戦士のことをテロリストだと言った。
ゲリラの作戦行動が激しくなってくると、米国とイラク暫定政府はこれ
らのグループに国境を越えてやって来た外国人テロリストというレッ
テルを貼った。米軍とイラク政府によるこうした特徴づけは、すべて、
米占領軍に対する真のイラク国民のレジスタンスが存在するという
見解を小さくみせ、歪曲し、正統性を失わせようとするものだった。

 バグダッド大学で国際法の教授をしているイマド・アル・ジョマイリ博
士は次のように説明した。

 「レジスタンスの思想的および政治的な立場について研究するため
には、フィールド調査が最良の方法だとは知っている。しかし、研究
者が米軍のスパイだということもありうると考えて、レジスタンスのメ
ンバーが情報提供を警戒しているという理由から、そのような調査は
難しくなってしまった。また、レジスタンスについての情報を得ようと
占領軍が追跡するだろうことを恐れて、地元の研究者も研究をすす
めることを怖がっている。」

 彼はこうも言った。「レジスタンスについて研究する最良の方法は、
さまざまな地域で殉教した例を無作為に拾いだして、それらの殉教
者が生まれた地域の社会的かつ思想的な環境を分析することであ
る。」

 「私は自分の研究成果から、イラク・レジスタンスには二つの軸、あ
るいは二つの主要な潮流があることに気づいた。レジスタンスは、イ
スラム教あるいはナショナリズムのどちらかによって動機づけられて
いるようにみえる。無作為に選んだ約30人の殉教者を例にとってみ
ると、われわれの研究では、ナショナリズムの流れはわずかに15%
しかなく、イスラム教の流れが全体の85%を占めていることが判っ
た。イスラム教を動機とする者のうち、80%はイラク人で、外国人戦
士はわずか5%しかいなかった。」

 イラク内外の多くの者が、米国はイラク占領の継続を正当化する
ために外国人戦士が大勢いると主張する必要を感じている、と考え
ている。しかし、アル・ジョマイリ博士の研究結果は、外国人戦士の
存在はレジスタンスの少数勢力にしかすぎないことを示した。この研
究は、イラク国民が米国=外国の祖国占領に積極的に反対してい
るという見解を裏付けるものである。

 シーア派政党であるイスラム革命最高評議会のジャマル・アル・ア
スアディは、「われわれは党内に独自の情報源を持っており、それに
よると外国人戦士は、サダム信奉者と同盟関係をもってテロ活動の
約40%にたずさわっている者と、イスラム運動と同盟関係を持って
テロ活動の約60%に関与する者とに分かれている。われわれがフ
ァルージャで経験したことは、この分析と一致している」という。

 彼はさらに、「われわれはイラク人であれ外国人であれ、モスク、寺
院、教会、警官、一般市民を標的にする戦士を真の国民的レジスタ
ンスとは認めない。なぜなら、彼らはイラク国民のあいだに分裂を生
みだそうとしているからだ」と付け加えた。

 スンニ派のイラク・イスラム党に所属するハニ・アル・ヒティは、「世
界のどこであれ、もし祖国が外国に侵略されたなら、みずからの祖
国を守る権利を誰もが持っている。しかし、イマド・アル・ジョマイリ博
士の分析と関わって、イラクで活動する外国人の数を誰も正確には
知っていない。国境はイラク侵略が始まって以降は広く開放されてい
た。判っていることは、多くのいかがわしい分子がイラクに入るのを
許され、今も内戦に導こうと策動しているということだ」と語った。

 三氏ともそろって、外国人戦士をイラクで活動するレジスタンスの
重要な構成要素とはみなしていない。彼らの個人的な分析から、イ
ラク・レジスタンス運動の性格について、研究されなければならない多
くの問題が残っていることを確認できる。統一された政治的社会的
戦線が存在しないことが、少数のテログループにレジスタンスの隊列
内で活動することを許しており、目指す最終目標を混乱させている。
このことが、イラクにおける戦闘はテロ組織に対するものだという考
えを米占領軍や暫定イラク政府が世界に流布しやすいようにさせて
きたのである。

 ※原註: 寄稿者およびインタビュー相手の名前は、いずれも
  ペンネームまたは仮名である。

-------------------------------------------------------
□□□□□ □■  □□□□□ □■  □□□□□ □■ □
※ URUKNEWS イラク情勢ニュース(webサイト) 
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/  
※ イラク・レジスタンス・レポート
    http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/Iraqi_resistance.html

★旧URLにリンクを貼っている方は、新URL(上)に改めてください。
-------------------------------------------------------


 次へ  前へ

戦争66掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。