★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争66 > 250.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
毒ガスが人生奪う 旧日本軍遺棄 日中の被害、政府追及へ結束 (東京新聞)
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/250.html
投稿者 彗星 日時 2005 年 1 月 19 日 07:59:41:HZN1pv7x5vK0M

核心
2005.01.19

毒ガスが人生奪う
旧日本軍遺棄 日中の被害、政府追及へ結束

 旧日本軍が終戦前後、国内と中国に捨てた毒ガス兵器の被害が両国で拡大している。漏出物質に触れたり、汚染水を飲んだりした市民が、深刻な神経障害ややけどに苦しむ。生活補償や医療支援に対する日本政府の腰は重く、二つの訴訟へ発展した。両国の被害者を支援する三弁護団は初めて、毒ガス兵器の製造工場があった広島県の島に集まり、連携して国の責任を追及する方針を確認した。 (社会部・鬼木洋一)

 瀬戸内海に浮かぶ周囲約四キロの大久野島。旧日本陸軍がここで製造した毒ガスが九州などで砲弾に詰められた。製造は終戦まで極秘裏に続いた。

 現在はリゾート地になっている島のホテルで十六、十七の両日、中国人被害者が原告となった訴訟を担当する弁護団と、まだ提訴していない日本人や中国人被害者の補償交渉を支援する弁護士ら約四十人が参加して合同勉強会が開かれた。

 弁護団の招きで講演した広島県竹原市の忠海病院元院長行武正刀(ゆくたけ・まさと)氏(70)の説明に、参加者たちは表情を曇らせた。行武氏は戦時中に毒ガス製造にかかわった元工員らの診察を長年、続けてきた。患者は重い慢性気管支炎や肺気腫などの後遺症に今も苦しむ。

 「日中の被害者は、毒ガスと分かって作業した戦時中の工員らの被害とは状況が異なる。日常生活の中で突然、毒ガスを浴びた中国人被害者の汚染量ははるかに大きいはずだ」

 内閣府によると、中国本土に残された毒ガス弾は約七十万本。日本政府による廃棄処理は遅々として進んでいない。

 二〇〇三年八月には黒竜江省チチハル市で、一人が死亡、四十三人が皮膚がただれるなどの重軽傷を負う事故が起きた。吉林省敦化市でも昨年七月、小川で遊んでいた子供二人が漏出した液体に触れて負傷した。

 国内でも〇三年、茨城県神栖町で汚染された井戸水を飲んだ少なくとも百三十五人が被害を受けていることが分かった。神奈川県寒川町でも遺棄された毒ガスが見つかった。

 各弁護団が共通して心配するのが、被害者たちの後遺症が、これからどう進行するかだ。

 チチハル市の事故で日本政府は、被害者への治療費などで中国政府に三億円を支払ったが、個人補償はしない立場。神栖町の井戸水汚染では、有機ヒ素を検出した住民に医療手帳を交付したが、失職などに対する補償は行われていない。

 参加した小野寺利孝弁護士は「被害者には若い世代も多く、後遺症が将来にわたるので一時金のようなものでは償いきれない」と指摘。水俣病などと同様、恒久的な対策の必要性を強調する。

■3歳長男に深刻後遺症 『将来が台無しにされた』

 「これから先、どうなるのか」。弁護団に補償交渉を託す茨城県神栖町の主婦青塚美幸さん(27)は、三歳四カ月になる長男の顔を心配そうにのぞき込んだ。

 家族四人は、有機ヒ素に汚染された井戸水を飲んで、次々と体調を崩した。原因は旧日本軍の毒ガスの可能性が高い。井戸水で溶いたミルクを飲んだ長男には、深刻な後遺症が残った。

 生後半年で医師から発達障害を指摘された。今も「ママ、パパ」「バイバイ」といった単語を口にするだけで、会話はできない。同い年の子どもは今春から幼稚園に通うようになるが、長男の入園は断念した。

 「面接に行ったら、長男がパニックを起こし、壁や床に頭を打ちつけ始めたんです。びっくりした幼稚園側から『息子さんがけがをしても責任は負えません』と言われました」

 チチハル市で毒ガス漏出事故に巻き込まれ、足などに重傷を負った十一歳の中国人少女親子が昨夏に来日、青塚さんは二人を自宅へ招いた。手紙やビデオレターをやりとりする交流が今も続く。

 「同じ苦しみを背負った親子の気持ちは分かる。台無しにされた子どもの将来について、日本政府に責任を取ってもらいたいのは同じです」

◆毒ガス兵器被害をめぐる主な動き

【1997年】

4月 化学兵器禁止条約が発効

【2000年】

9月 旧日本軍が中国で捨てた毒ガス兵器の発掘・回収作業を日本政府が開始

【2003年】

3月 茨城県神栖町の井戸水から毒ガス兵器の成分とみられる高濃度のヒ素が検出される

5月 1950−80年代に毒ガス兵器の被害を受けた中国人ら5人が、日本政府に8000万円の賠償を求めた訴訟の判決。東京地裁が請求を棄却(中国人側が控訴)

6月 環境省が神栖町の被害住民らに対する医療費補償の救済策を発表

8月 中国黒竜江省チチハル市の建設現場で毒ガス缶が見つかり1人死亡、40人以上が負傷

9月 遺棄毒ガス兵器で70−90年代に被害を受けた中国人ら13人が、日本政府に2億円の賠償を求めた訴訟の判決。東京地裁がほぼ請求通り1億9000万円の支払いを命じる(政府側が控訴)

10月 チチハル市の毒ガス漏出事故で、日本政府が中国政府に3億円を支払うことで合意

【2005年】

1月 神栖町の井戸水汚染問題で、環境省が同町の地中から高濃度の有機ヒ素を含むコンクリートの塊を発見

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kakushin/20050119/mng_____kakushin000.shtml

 次へ  前へ

戦争66掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。